海外旅行でややこしいチップの渡し方!相場やレシートの確認まで!

海外旅行でややこしいと感じることの一つ「チップの渡し方」や「チップの相場」ではありませんか?ただでさえややこしいのに%での上乗せ金額なので更にややこしくさせている海外旅行でのチップ問題。

「素晴らしいサービスがある日本にはチップ制がないなんて信じられない!」と感じたことがある方もいるのではないでしょうか?

残念ながら「日本にはチップ制がないから分からない」は海外では通用しません。

海外旅行へ行く前にやるべきことは沢山ありますが、チップに関しても知っているのと知らないのとでは旅行の楽しみ方にも影響してきます。

旅行前に知っておきたいチップに関してまとめました。

スポンサーリンク

なぜチップを払うのか?

そもそも「チップ」とは、一体何なのか?

チップとは、「サービスに対する対価として払うお金」のことです。

一部のサービス業ではチップを給料に含めている為、チップを見越して時給や月給の基本給が元々低い業種もあります。その為、時給や月給が低くても相当額のチップ収入で生計を立てている労働者もいます。

日本ではあまり馴染みのないチップ制。海外旅行先によっては、チップ制がある国または、日本のようにチップ制がない国があり、チップの相場は10%~20%

相場はそれぞれ国によって異なり、レストランやホテルなどの各種サービスによっても異なるのでチップ制がある国への海外旅行は、チップの相場を調べて知っておく必要があります。

【チップが必要なサービス】

●ホテル

●レストラン/バー

●タクシーなどの送迎サービス

●美容サロン

●ツアーガイド

日本でもチップを払う方がいます。

学生時代にアルバイトしていた居酒屋や他のサービス業でお客様からチップを頂きました。その当時は驚き店長に相談すると「それはあなたにくれたのだから貰っておいて」と言う言葉でした。

嬉しいような気もしましたが、驚きと戸惑いでいっぱいだったのを覚えています。日本では、チップ制がなくもらい慣れていないからです。

それでもチップのおかげで「もっと頑張ろう!」という気になりました。だから、海外旅行でチップを払う時はケチることなく少し多めに払う事を意識しています。

多めと言っても少額内での話ですが(笑)

スポンサーリンク

チップの相場

チップの相場は国によって異なりますが、一般的な相場はこちらです。

それぞれの国の細かいチップの相場は、ガイドブックやインターネットで旅行先の基本情報を調べると紹介されています。

【一般的なチップの相場】

●ホテル:10~15%

●レストラン/バー:10~20%

●タクシーなどの送迎サービス:10~15%

●美容サロン:10~15%

●ツアーガイド:10~15%

「%ってさらにややこしくない?!」

と感じる方もいるのではないでしょうか?国によっては、12%や18%と表示されている場合も。計算がややこしくなってきますよね(笑)

しかし、安心してください!

実はチップは、

1円単位まできっちり計算して払う必要はありません!!

大体でOKです!テキトーです(笑)

適当と言ってもチップを少な目にするとか払わないではありません!

例えば

ハワイのレストランで$50分の食事をしたとします。

アメリカのレストランのサービスに対するチップの目安は、15%~20%

$50に15%のチップを追加すると$57.50

ですが、現金で支払う場合に50セントがなかったら切りすてて$57や切り上げて$58で払う事も可能です。

サービスがあまりよくないと感じたら$55$56でもいいですし、反対にサービスがとても良かった!と感じた時はもちろん$60やそれ以上支払っても構いません。

このように細かい金額まで計算して払う必要はなく、相場の%を基に大体で払えば大丈夫です!

しかし、ハイクラスのホテルやレストランではサービスも一流です。チップを気持ち多めの相場20%くらいがおすすめです。

チップの渡し方

現金の場合は、

サービス別チップの相場を基にトータル料金の10%~20%を計算し、支払時にチップも一緒に支払います。

チップも含めトータル料金がきっちりある場合は問題ありませんね。

大きなお金しか持ち合わせがなくお釣りが必要な場合は、二通りの方法があります。

まずは、取りあえずチップを含めない料金だけを先に支払いお釣りを受け取ります。受け取ったお釣りからチップを支払う方法。

もう一つの方法は、チップを含めたトータル金額をこちらが払う金額から差し引いたお釣りの金額を伝えて支払う方法

説明が下手ですいません!二つ目が分かりにくいですよね(笑)

例えば、

レストランで$35の食事をしたとします。

$35にチップを15%合わせるとトータル金額は$40.25

しかし、細かいお金が無く$100冊の大きなお金しかなかった場合に、細かい25セントは計算がややこしくなるので省いてしまいましょう!

チップを含めたトータル金額が$40ですね。

$100支払ってトータル金額の$40を引くとお釣りが$60です。

支払う時に「$60をお釣りで下さい」

とスタッフに伝えて支払う事が出来るということです。

この時1ドルや2ドルがあれば、もちろん25セントを省かないでトータル金額を$41や$42に上乗せして支払ってOKです!

細かい数字は切り捨て、切り上げで考えて計算するとややこしくなくなり、払いやすくなるコツです。切り捨てるか切り上げるかは、受けたサービスで決めると良いでしょう!

あなたが分かりやすく払いやすい方法を選びましょう!

クレジットカードやプリペイドカードの場合は、

カードで払うという事を伝え、スタッフがテーブルまでカードマシーンを持って来てくれます。カードマシーンには、Tip(チップ)の項目があり「%」か「$」を選んで進みます。

「%」を選んだ場合は、

15%
18%
20%
Other

の様に選べる場合と、自分で%を入力するタイプがあります。「Other」は、表示された数字以外、ここでは15%、18%、20%以外の数字を自分で入力することが出来ます。

「$」を選んだ場合は、

支払うチップの金額を直接入力します。

しかし、カードマシーンの機能は国やお店によって異るので遠慮せずにスタッフに聞きましょう!

カードマシーンで支払いの場合は「%」を選んだ方が、計算する必要はないので簡単です。また、カードで料金を支払いチップは別に現金で支払う事も出来ます。

そして、

支払う前に必ずレシートを確認!!

サービスによってはチップが既に料金に含まれているお店やサービスがあります。また、オーダーミスやレジの打ち間違いなどもあるので支払う前にレシートを必ず確認しましょう!!

ややこしい計算はうんざり!アプリを活用!

チップの計算が苦手!!

と言う方には、スマートフォンでチップを計算してくれる便利なアプリケーションがあります。海外旅行へ行く前にダウンロードして便利なアプリを活用し、ややこしいチップの計算からおさらばしましょう!!

まとめ

海外旅行でややこしいチップに関する事いろいろ。チップの説明を聞いてもややこしいですよね!ポイントは細かい位までの計算は要らない!と言う事です。また、スマートフォンのチップ計算機を活用し面倒なことはアプリに任せて海外旅行を楽しみましょう!!

▼合わせて読みたい関連記事

海外旅行一人旅へ実際にしている旅行準備を一挙公開!初めての方でもマネするだけいい旅行準備ガイドその①航空券、ホテルの確保編

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする