海外旅行一人旅は「準備が旅を制す!」旅行準備ガイドその③持ち物の準備編

これから初めての海外旅行へ一人旅される方へ。

旅行準備を何から始めればいいのか分からない方へ。

旅行準備ガイドがあればそれに沿って行動するだけでいい!

第2回目の「旅行先の情報収集」編に続き、第3回目「持ち物準備」編です。

旅行準備ガイドその②

海外旅行一人旅は「準備が旅を制す!」旅行準備ガイドその②旅行先の情報収集

スポンサーリンク

持ち物の準備

旅行準備で一番簡単!不安でそわそわしたりすることなく落ち着いて出来るのが荷物の準備!

旅行が楽しみ過ぎて旅行が決まった瞬間「何を着ていく?」などを考えたりします。そして、一か月も前からスーツケースを開いて荷物の準備しています(笑)

ですが、荷物の準備が好きなわけではないので準備方法は至ってシンプルです。

海外旅行へ一人旅する時に重要なのはいかに「シンプルに!」

「シンプルに!」は海外一人旅だけでなく海外旅行や普段の生活にも当てはまるのではないでしょうか。

経験上、シンプル過ぎには注意が必要かもしれませんが…

実際に初めての海外旅行では、7日間の旅行に手提げバッグ一つで行き荷物がシンプル過ぎて(少な過ぎて)現地の空港でまさかの入国拒否されたという経験があります(笑)

詳しくはこちら

初めての海外旅行で予想もしなかったあり得ない体験!旅行前の準備って大切!!

荷物の準備も重要だという事に気付かされた経験でした。

普段の生活でも現金を使わないのでクレジットカードと携帯しか持ち歩いていません。外出に必要なければどちらか一つと言う場合もあります。

「女性としてどうなの?」

と思いますよね(笑)しかし、使わないかもしれない沢山の荷物を手で持って歩くのがあまり好きではなく必要最低限が好きなのかもしれません。

海外旅行も同じです。

荷物が少ない方が何をするにも楽です。海外一人旅にもなると荷物が重すぎても移動が大変です。ホテルの部屋で出したり直したり荷物の扱いも面倒です。

旅行前に荷造りして、現地のホテルで荷物を広げてまた帰りに荷造り。荷物が多いとこの一連作業って大変ですよね?旅行先での事も考えて荷物の準備をします。

持ち物の準備のポイントは3つ

① 荷物の準備は「シンプルに!」

②「使うかも?」は持って行かない!

③ 足らなければ現地で購入出来る!

ポイント3つを意識して持ち物の準備をすると荷物が少なくなります!

バッグの決め方

バッグ選びは特に「こうでなければいけない!」と言う決まりはないのでお好みで選びましょう!

バッグを決める目安としては、

●旅行日数

●旅行先

●旅行内容(移動が多い)

●現地で沢山購入するかどうか

まずは、スーツケースで行くのか?バックパックで行くのか?を決めましょう。旅行日数や旅行内容によっても変わってきます。

また、旅行先の治安面や移動が多い旅行、現地で購入したい物が沢山ある!など様々なことを考慮し持って行くバッグを決めましょう!

バッグの大きさによって機内に持ち込む事が出来るバッグであれば、荷物を預ける必要がないので空港での作業時間を省くことが出来ます。

一度だけ旅行帰りにそのまま仕事に出勤したことがありました。仕事の休みと旅行日程の関係で日数がギリギリだったので「荷物を預けていたら出勤できない!」と言う事でバッグパック選びました。

機内に持ち込む事が出来る大きさだったので、空港で入国した後の荷物を待つ時間が省けたので出勤に間に合いました!

バッグ選びに迷ったら!

初めての海外旅行!便利で長く使えるスーツケースのおすすめ!

海外旅行へバッグパックで行く時の理由と持ち物

持ち歩きバッグ

持って行くバッグを決める時に旅行中の「持ち歩きバッグ」「機内に持ち込むバッグ」も決ておきます。荷物の量によって後で変更する事もあるので取りあえずで結構です。

持ち歩きバッグの決め手!

●安全性

●機能性

●小さい

●デザイン(お好みで!)

海外旅行では、日本でバッグを持ち歩く感覚とは異なります。海外旅行で一番気になる「治安面の不安」に合わせたバッグ選びが必要です。

初めて訪れる場所では、旅行中に持ち歩くバッグは常に意識が出来るように「安全性」「機能性」「小さい」に優れたバッグがおすすめです。

とは言っても、常に警戒していると旅行を楽しめませんよね?(笑)

小さいバッグを選ぶことが持ち歩きバッグを選ぶときのポイントです!また、抱きかかえることが出来るようなボディバッグがおすすめです。

海外旅行のバッグの中身

海外旅行の機内持ち込みバッグの中身!荷物を少なくして旅行準備をシンプル…

海外旅行での持ち歩きバッグの中身は?パスポートは持ち歩く?

持ち物について

何度もお伝えしていますが荷物の準備は「シンプルに!」

「使うかも?」「必要かも?」と一瞬でも悩む持ち物は持っていく必要はありません!

絶対に!忘れてはいけないのは、

●パスポート

●航空券

●現金やクレジットカード

最悪これだけあれば海外旅行へ行くことが出来ます。それ以外の持ち物は、万が一旅行先で「あ!持ってくるの忘れた!」という状況でも現地で購入出来ます。何とかなります(笑)

あくまでも「それぐらいの気持ちで準備するとシンプルになる」と言う事なので自由に持ち物の準備をして下さいね!

持って行く持ち物は全て「家にあるもの」でOKです!わざわざ購入する必要もありません。必要な持ち物で持ち合わせていなかったら購入する必要がありますが(笑)

海外旅行だからと言って普段の生活で使っているものと何の違いもありません!!

持ち物にお金をかけるのであれば現地で使う予算に回した方が、またいつ海外旅行に行けるか分かりません。せっかくの海外旅行!ケチることなく旅行を楽しみたいですよね!

そして、旅行中の服装の準備は「現地で着る服装の組み合わせ」を日数分考えて準備しておきます。旅行中は歩き回り疲れるので睡眠が重要です。パジャマ持参は必須です!

パジャマではなくてもゆったりした快適に眠れる衣類を持参しておきましょう!

海外旅行の持ち物リスト

海外旅行の準備に役立つ持ち物リスト一覧

海外旅行の持ち物で正直いらないもの

スポンサーリンク

荷造りの手順

① 持ち物リストの作成

② スーツケース広げる

③ 必要な物を取りあえずスーツケースに山積みにしていく

④ 荷造り

⑤ 当日まで使う荷物を入れて荷造り完成

まずは、「持ち物リスト」を作成します。リストを作成するときは、リストを二種類作成します。一つには旅行当日まで使わない物、もう一つには旅行に持って行くが当日まで使う物

持ち物リスト

●タオル
●下着×6
●靴下×3
衣類


当日入れる物

●携帯
●携帯の充電
●ヘアドライヤー
●化粧品
●化粧水

持ち物リストを作成したら、スーツケースを開いて持ち物リストに挙げた物を取りあえずスーツケースに置いていきます。この時は、まだ荷造りはしません!

持って行く持ち物を家の中からスーツケースに集めていく感じです。スーツケースに入れたら持ち物リストから消していきます(●衣類のように)

旅行へ持って行く持ち物の中には当日まで使うものもあるはずです。持って行くのを忘れない為に当日チェック出来るようリストを作成しておきます。

旅行当日、残りの荷物を入れて荷造りが終了です!

その他の準備

●飛行機に乗る準備

●英語や現地の言語

●体調管理

飛行機に乗る準備

飛行機に乗る準備も大切です。まずは、持ち物の準備の際に刃物類やスプレー缶、液体物などの「機内持ち込禁止の持ち物について調べておきましょう!

そして、長時間のフライトでも快適に過ごせる準備もしておきます。機内は非常に乾燥します。乾燥対策や機内で退屈に感じない為のアイテムなどを準備しておきます。

飛行機内での過ごし方!

長時間のフライトでも快適に過ごすために出来ること

海外旅行の機内持ち込みバッグの中身!

英語や現地の言語

旅行中困らないように現地の言語の準備をしておきましょう!言語が難しいようであれば使えそうな簡単な単語をメモしておきます。

「現地の言語が難し過ぎる!」という時は、英語は世界共通なのでほとんどの国で英語が通じます。取りあえず英語の準備をしておくと役立ちます。

旅行で頻繁に使う「旅行英語フレーズ集(カンペ)」を作成しておくととても助かります。

英語が話せなくても準備次第でそうにでもなる!

海外旅行で役立つ旅行英語フレーズまとめ

海外旅行で英語が全く話せなかったのに旅行英語を覚えたら英語力が劇的に変化?!

体調管理

旅行前の体調管理はとても重要です!せっかく頑張って準備をしても体調を崩しては旅行が台無し!旅行当日まで体調を万全にし、軽いエクササイズで体力作りもしておきましょう!

普段エクササイズをしないと言う方でも、今からでも遅くありません!海外旅行を楽しむためには体力が必要です!!楽しい旅にする為にも敢えて階段を利用したり、毎日歩くなど少しずつからでも始めましょう!

まとめ

持ち物の準備だけでもやる事がいっぱいですね(笑)「あれもこれも分からなくなってしまう…」と言う方は、全体の準備する事リストを作成して一つずつ消化していくと準備しやすいのでお試し下さい!

▼合わせて読みたい関連記事

海外旅行一人旅は「準備が旅を制す!」旅行準備ガイドその④自宅から空港・機内編

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする