【カナダ】イエローナイフ(Yellowknife)へ行く前にまず準備した防寒アイテム

カナダ イエローナイフと言えば、オーロラが有名ですよね。しかし、最低気温が-40℃の極寒の世界だということを忘れてはいけません。

いくらオーロラが綺麗でも寒すぎるのは耐えられませんよね。中には寒さに強いと言う方もいるとは思いますが、私は耐えられません(笑)

突然バンクーバー生活からイエローナイフへ引っ越すことになり急遽準備した防寒アイテムをまとめました。

これまで北海道のゲレンデを訪れたことはあってもイエローナイフのようなマイナス何十度のような世界に行ったことがないので何を持って行けばいいのかとても困りました。

ネットで検索してもイエローナイフに関しての情報が少なく、バンクーバー在住の人でイエローナイフを訪れたことがある人はほとんどいなくて情報が全くない状態でした。

寒いのが苦手な私には寒すぎるのは耐えられないと思い、防寒対策をしっかりしていかなくては!と必死に揃えました。

今後、イエローナイフを訪れるかもしれないと言う方やイエローナイフへオーロラ観光を検討中と言う方への参考になればと思います。

カナダ観光の前に知っておこう!カナダの首都はどこ?10州と3区域

-40℃以上対応のダウンジャケット

-40℃の気温に対応するジャケットは意外に見つかりません。-20~30℃までは取り扱いが多いのですが、さすがに-40℃以下となると需要もそうあるわけではないですしね(笑)

-40℃対応のジャケットを見つけるのに苦労しました。そんなカナダで防寒ジャケットと言えば「カナダグース」

バンクーバーで暮らす知人がカナダグースのダウンベストを愛用してるそうですが、ベストでもバンクーバーでは冬でも汗ばむそうです。それくらい本当に暖かいそうです。

やはりカナダの寒さに対応できるだけあってさすが!と思いますが、カナダグースのプライスもさすが!「じゃあ買おう!」と簡単に購入できるプライスでもありません。

カナダではセカンドハンドとしてネットで購入している方も多いようです。中古なので価格は半額以下。どうしても欲しい!と言う方はぜひチェックしてみてください。

防寒であればブランドは気にしない。と言う方には、私もよく愛用しているカナダブランド「Mountain Wearhouse」

デザイン、機能性にも優れているアウトドアブランドで、それなのにお手頃価格で購入できるため年間を通して数回しか利用しないと言う方にも嬉しいブランドです。

他にも「North Face」「Arc’teryx」も人気ですが、Mountain Wearhouseは圧倒的な価格でカナダでは利用する人が多く在庫がすぐになくなります。見つけたら迷わず購入がおすすめ!

防寒インナー/ニット

マイナスの世界を訪れるには、ジャケットも重要ですがインナーも重要ですよね。ユニクロの厚手ヒートテックや薄手で軽量のライトダウンジャケットをインナーにして重ね着。

アウトドアショップで販売されているフリースも何枚か持参しておくといいかもしれません。ジャケットでも紹介した「Mountain Wearhouse」のフリースは私も冬に愛用していますがとっても暖かくおすすめです。

サイズ感やカラーバリエが豊富なMountain Wearhouseのキッズサイズのフリースを愛用しています。キッズのフリースはパーカースタイルなので耳も隠すことができます。

女性はキッズ用の一番大きいサイズでもピッタリです!

そして、ニット。ニットはなんだかんだやっぱり暖かい!!ニットのトップスとレギンスもあればかなり防寒の助けになります!

しかし、意外な落とし穴も!カナダでは室内と室外の気温の差が激しくあまり着過ぎてしまうと室内で汗ばんでそのまま外に出てしまうと体調を崩し易くなるので要注意です。

かといって重ね着なしでは寒すぎるなどインナーの調節が大変難しいですが、汗をかいたらすぐに着替えるなどの対策が必要です。

防寒グッズ

イエローナイフの冬は、想像しているよりも寒く屋外では眉毛やまつ毛が凍ってしまうことも。耳が隠れる帽子や耳当て、手袋、など細かい防寒グッズの準備も必須です。

-40℃対応のスノーブーツ

カナダで人気のスノーブーツは、カナダブランドである「SOREL」のブーツが一番良いという評価。ネットでもカナダに住む人々もSOREL押しです。

他にも「UGG」も人気ですが、-40℃以上対応となると断トツでSORELがおすすめです!

スーノーブーツのサイズ選びは、普段の靴のサイズよりワンサイズ大きめを選びます。厚手の靴下や靴下の重ね履きなどするとワンサイズ大きめでちょうどよくなります。

厚手のウールソックス

寒い場所ではとにかく足の指先が冷たくなるとのことだったので厚手のウールソックスもいくつか持参。

ブーツの中敷き

防寒グッズを探しているお店でたまたま見つけたのが、ブーツの中敷き。なんだか見た目が暖かそうです。

ホッカイロ

日本の優れ商品ホッカイロ!お腹や背中に貼る用とポケットなどにに入れて持ち歩く用の両方があれば安心ですよね!

まとめ

イエローナイフを訪れる際に絶対にこれだは必要な防寒アイテムを紹介しました。

●-40℃対応のジャケット

●防寒インナー/ニット

●防寒グッズ

●-40℃対応のスノーブーツ

●厚手のウールソックス

●ブーツの中敷き

●ホッカイロ

まずは-40℃の気温に対応しているジャケットとブーツは必須です!!

カナダでロードトリップ!バンクーバーからオーロラの世界イエローナイフ(Yellowknife)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする