カナダ バンクーバー旅行のベストシーズン!世界中の観光客に人気の魅力

カナダと言えば、雪が降って寒いイメージではありませんか?

そしてカナダ旅行に興味はあるけど、「雪が降って寒いの?」「寒くないベストシーズンはいつ?」と旅行を決める前に思いますよね?

カナダ バンクーバーは、カナダの西部に位置し冬には雪がほとんど積もることがなく最も過ごし易い都市です。

カナダ国内では、年間を通しての気温差が少ないバンクーバーのベストシーズンを紹介します。

スポンサーリンク

カナダ バンクーバーのベストシーズン

バンクーバーの夏と言える夏は、7月と8月です。

たったの2カ月?!と驚きますよね?

私は、バンクーバーに移住して約6年が経ちますがあっという間に一瞬で過ぎていくバンクーバーの夏には毎年驚いています。

毎年の気候にもよりますが、4月から徐々に暖かい日が始まる年や6月頃からやっと暖かくなる年もあります。

そして、9月まで暑い日が続く年や9月に入って急に寒くなる年などこの6年でも毎年異なります。去年は、8月末くらいから寒くなり始めたので夏がとても短く感じました。

ですから、バンクーバーのベストシーズンは、6月~8月です。

ベストシーズンには、このバンクーバーの夏を過ごす為だけに世界中から観光客が訪れます。また、毎年訪れる方からバンクーバーの夏が気に入って移住する人々もいるくらいです。

そして、日本では夏休みに海外旅行へ!となりますが、バンクーバーに住む人々は夏をバンクーバーで過ごします。

夏にバンクーバーから海外旅行へ行くと言うと、「どうしてこんな素晴らしい夏をバンクーバーで過ごさないの?!」と言われるほどです。

また、トロントやモントリオールの東部に住む人々もベストシーズンをバンクーバーで過ごしたり、移り住む人々もいます。

バンクーバーのベストシーズンの魅力

1.バンクーバーの気候

「ディープコーブ」

それほど素晴らしいバンクーバーのベストシーズンですが、一体何がそんなに素晴らしいの?!と思いますよね?

実は、バンクーバーは「レインクーバー」と言われるほど年間を通して雨が多い都市です。唯一晴れの日が多いのが、ベストシーズンの時期です。そして、この時期の晴れの日は雲の一つない青空広がります。

ベストシーズンの平均気温は15~28℃ですが、30℃超す日が何日か続く年もあります。しかし、日本の夏のような嫌な湿気がなくたいへん過ごし易いです。

何よりも「蚊」に刺されることがほとんどありません!キャンプやハイキングなどで山に行くと刺されることもありますが、日本と比べるとほとんど刺されません。

2.日照時間が長い

「夜9時半頃のイングリッシュベイ」

そして、バンクーバーではサマータイムが適応されています。

サマータイム、とは1年のうち夏を中心とする時期に太陽が出ている時間帯を有効に利用する目的で、標準時を1時間進める制度またはその進められた時刻のこと。(ウィキペディア)

バンクーバーの夏は、朝5時半頃に太陽が昇り始め1番長い時期には夜の10時前くらいに太陽が沈みます。日照時間がとても長いので、仕事終わりにそのままビーチへ直行!や、ハイキングに行くことも出来るので1日を有効に使えます。

また、毎年開催される花火イベントでは日没が遅いため、花火が打ちあがるのが夜の10時過ぎと遅めです。

3.イベントが盛りだくさん!

各国のイベント

カナダは、世界中からの移民の国です。バンクーバーにも様々な国からの移民者が、多く住んでいます。夏には、各国のイベントがたくさん開催されます。

  • イタリア
  • インド
  • ギリシャ
  • 台湾
  • ブラジル      など。。。

イタリアン・デー「Little Itary」

カナダ・デー(7月1日)

夏のビッグイベントがカナダの建国記念日「カナダ・デー」です。この日は、カナダ中が国旗カラーの赤と白に染まり各地で盛り上がります。パレードが行われ、各種イベントも開催されます。

スポンサーリンク

ホンダ・セレブレーション・オブ・ライト

毎年7月、8月(水曜日と土曜日)の3日間で開催される花火フェスティバルです。3か国でミュージックと花火のシンクロなどを競い合います。日本の花火が1位に選ばれたこともあります。

バンクーバーで有名な観光地「イングリッシュベイ」の水上から花火が打ち上げられ、360℃の景色から花火を見ることが出来ます。

花火を水上の船から楽しむ事が出来る「ディナークルーズツアー」もあります。イングリッシュベイでは、イベントが開催されフードトラックのグルメも楽しめます。

プライドパレード

8月の第一日曜日は、プライド・パレードが毎年開催されます。プライド・パレードとは、「LBTGQ(同性愛者)、国籍、人種、文化にこだわらず、多様性を受け入れお互いに助け合う」と言う意味の込められたパレードです。

カナダでは日本に比べ、人は平等であるべきという人権についての活動に力を注いでいる国です。カナダ政府は、先住民との歴史的問題があった過去から、政府が過去の過ちを認め謝罪しました。今も先住民の抱える問題は沢山ありますが、カナダ政府は問題解決に取り組んでいます。

カナダのジャスティン首相も参加されるイベントです!!

パウエル祭

プライドパレードと同じ週末に開催されるパウエル祭は、日系カナダ人の夏まつりです。ステージでは、日本の太鼓や様々な催しが披露されます。また、日本のお祭りのようにお店も出展されます。

各種イベント

ノーマイカーデイ

道路が歩行者天国になり、ストリートに露店がたくさん並びます。

ミュージックフェスティバル(6・7月)

ジャズやラテン、ワールドミュージック、フォークなどの野外ライブイベントです。

フリームービー(7・8月)

観光地スタンレーパーク内の屋外で、無料映画が上映されます。

4.レストランやカフェのテラス

何と言ってもバンクーバーの夏の魅力は、レストランやカフェのテラス席で楽しむビールや食事です!ほとんどのお店が夏になるとテラス席を設け、テラス席は太陽を楽しむ沢山の人々で大賑わいです。ベストシーズンの食事は、迷わずテラス席へ!

5.ハイキングで自然を満喫

バンクーバーには沢山のハイキングコースがあります。湿気がないので登りやすいです。バンクーバーでは犬と一緒にハイキングされる方が多く、ハイキングが苦手な方でも楽しめます。

【人気のハイキングスポット】

  • ディープ・コーブ
  • リンキャニオン
  • キャピラノ・サスペンション・ブリッジ
  • グラウスマウンテン
  • シーモアマウンテン
  • ボーエンアイランド  など。。。

まとめ

カナダ バンクーバー旅行のベストシーズンと魅力を紹介しました。短期旅行から、バンクーバーの夏は短いので夏だけの長期滞在もおすすめです。世界中の観光客やカナダの人々に愛されるバンクーバーのベストシーズンに、ぜひバンクーバー旅行をたのしんでみてはいかがでしょうか!

▼合わせて読みたい関連記事

カナダ バンクーバー旅行の費用

カナダ旅行に必要な持ち物リスト 

海外旅行カナダ バンクーバー国際空港への入国とアクセス方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする