海外旅行で便利!必ずやっておきたいiPhoneの設定方法と海外で使えるフリーWi-Fi の接続方法

「海外旅行にWi-Fiルーターを持っていくべき?」と悩んでいませんか?

海外では、Wi-fi環境が整っている国が多くメインエリアでは、ほとんど何処でもWi-Fiが繋がり無料で使えます。

私は、海外旅行へは極力荷物を減らし、予算もとことん抑えたいので荷物になりお金もかかるWi-Fiルーターは持っていきません。

旅行先で無料で使えるWi-Fiをいつも使っています。

「海外でどうやってWi-Fi に繋げるの?」と思っている方に、海外でのWi-Fi の設定方法を紹介します。

海外旅行でぜひ、参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

携帯やWi-Fi について知っておく

海外で日本から持って行った携帯を使用すると、とんでもない金額が後から請求されかねません。また、海外で携帯を使用しなくても、メールや画像などの受信をするだけでも高額請求になる場合があります。

それらを防止するには、まず飛行機に乗る前に携帯(スマートフォン)の設定で「機内モード」にします。そして、旅行先でも日本に到着するまでは機内モードにしたままで旅行をします。

日本の空港に到着し、飛行機が到着してから機内モードを解除します。そうする事で、海外では受信が出来ないので高額請求にならないように防止します。

旅行中に受信したメールなどは、日本に到着してから機内モードを解除したと同時に一気に受信します。

海外では、「フリーWi-Fi」が使えるところが多くあります。Wi-Fi を接続すればインタネットが使えるので、もちろん「LINE」やメールの確認も出来ますし、LINEでの通話も可能です。

また、「マクドナルド」や「スターバックス」、他にもカフェやショッピングモール、メインエリアなどでも Wi-Fi 環境が整っています。

滞在中のホテルでもパスワードを入力すると、Wi-Fi が無料で使用できます。

ただし、フリーWi-Fi はセキュリティーが保証されていないので、そのことを把握したうえで利用しましょう。

滞在中に携帯を機内モードのままに、Wifiの設定を「オン」にします。そうする事で、機内モードのままフリーWi-Fi が使用できます。

海外旅行先で「Wi-Fi」 の設定方法(iphone)

iphone の「設定」から「機内モード」を「オン」にします。オンにすると、他の機能が「オフ」になります。

この時点では、Wi-Fi 機能も「オフ」になっています。海外でフリーWi-Fi を使用するには、このWi-Fi の設定のみを「オフ」から「オン」にします。

Wi-Fi の設定を「オン」にすると、「ネットワークを選択…」の下にいくつかのアルファベットと数字が組み合わさった「ID」が並んでいます。

ロックキーが表示されているものは、パスワード入力が必要です。

2段目と6段目のように、フリーWi-Fi の ID は ロック記号がないものです。

ロック記号が表示されていない ID を選択すると、Wi-Fi に繋がります。(ロック記号がないIDでも繋がらないものもあります)

また海外のカフェでは、IDとパスワード聞けば教えてくれるお店もあるので、ロック表示があっても教えてもらったパスワードを入力すれば無料でWi-Fi を使用できます。

(機内モードにすると、  左上に飛行機のマークが表示されます。)

海外旅行でWi-Fi のパスワードを聞くときに使える英語フレーズ

Do you have Wi-Fi?

(Wi-Fi はありますか?)

Which one is your ID?

(IDはどれですか?)

Can I get the password?

(パスワードは何ですか?)

海外でもLINE(ライン)が使える?!

フリーWi-fi の設定が完了したらインターネットが使えるようになるので、普段、日本で使用しているLINE(ライン)が海外(中国は除く)でも使えます!海外から日本にいる友人や家族にメールや通話が無料で出来ます。

もちろん日本からも海外にいるあなたへ、メールや通話が出来ます。海外での近況報告や写真なども送って、海外旅行の楽しさを共有できます。

海外旅行でもLINE(ライン)が無料で使い放題!

まとめ

海外でのフリーWi-fi の設定方法を紹介しました。設定方法は慣れてしまえば難しくないので、ぜひフリーWi-fi を活用して旅行を楽しんで下さい!

合わせて読みたい

海外旅行持ち物一覧、旅行準備で困った時にこれだけはチェック!
旅行で便利な長く使えるスーツケースのおすすめ!
海外旅行初心者でも大丈夫!空港での手続きと流れ
海外旅行へ初めてでも安心!楽しい! おすすめの国8選
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする