カナダ・バンクーバーの新型コロナウイルス(COVID-19)感染状況3月14日現在:海外旅行

世界中で広がる新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、カナダでは3月14日(2020年)現在の感染者数は、250人確認されています。バンクーバーがあるブリティッシュコロンビア州(BC州)では、73人。

これまで感染者の多くはカナダ東部のオンタリオ州で確認されていましたが他の州での感染者が増え、バンクーバーがあるブリティッシュコロンビア州(BC州)での感染者も一気に増えカナダ発の死亡者はバンクーバーで確認されました。

先日、カナダでは250人以上の規模のイベントの自粛が発表されました。その後、カナダ首相ジャスティン・トゥルド―の妻、ファーストレディーのソフィーの感染が確認され、トゥルド―首相も検査結果待ちです。

カナダ国内ではパニックになり始めており、日本同様トイレットペーパーや消毒液、保存食材の買い占めが起こり始めています。

一部の医療クリニックでは、風邪やインフルエンザ、コロナウイルスに関係なく熱や咳などの症状がある方の予約の変更を促しています。

また、カナダ国外から帰国した方や、帰国者と接触した方、症状がある人と接触した方も予約変更の対象となっています。

お店などは顧客に対してスタッフの手洗い、うがい、清掃、消毒を徹底しているなどのコロナウイルスに関する内容のメールを一斉に配信しているようです。

なかには「皆パニックなり過ぎてクレイジーだ!」と言う方など、コロナウイルスに関して様々な思いがあるようです。

カナダの感染者数と全世界の感染者数を見ることが出来るサイトが作られました。

covid-19canada.com

日常からマスクをする習慣がないカナダでは、日本ほどマスクが販売されていないのでマスクを確保するのが難しいと思われます。

石鹸で手洗い、うがいや消毒などを徹底しコロナウイルスに関する症状がある方は他の人との接触を制限して「811」に連絡するようにとのことです。(在バンクーバー日本総領事館)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする