カナダ・バンクーバーの新型コロナウイルス(COVID-19)感染状況3月16日現在:海外旅行

本日、カナダのジャスティン・トゥルド―首相が新型コロナウイルス(COVID-19)に関しての新たな発表がありました。

トゥルド―首相は先日、ファーストレディーであるソフィー夫人が新型コロナウイルスの感染が確認され自宅隔離中の為、自宅からの発表でした。

カナダ政府は、カナダ国民とカナダ永住権保有者、そしてアメリカ国民以外の入国を禁止する声明を発表されました。

カナダ国外にいるカナダ国民やカナダ永住権保有者は、10日以内にカナダへ帰国するよう伝えられ、10日以内に帰国できない国民に関しては健康保険の対象から外れるという事です。

更に、カナダ国外に滞在中で発熱、咳などの症状があるカナダ国民、カナダ永住権保有者に関しても14日間は国外で滞在するよう伝えられました。

4,500人以上の感染者が確認されている隣の国である、アメリカ国民の入国は許可されることに関して記者から疑問の声が上がり納得のいく説明を問われていました。

カナダ政府の発表を受け、カナダではこれまで既にパニックが起こり始めていたのですが更に食品の買い溜めが予想されます。

実際に一部のスーパーマーケットでは品薄状態。ジャガイモや玉ねぎ、卵、肉類がごっそり棚からなくなっているお店もあるようです。

covid-19canada.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする