冬のバンクーバー旅行を満喫!夏だけじゃなく冬も悪くない!!

冬シーズンの海外旅行、やっぱり気候が良いリゾートへ行きたい!や暑い国へ行きたい!と思いますよね?しかし、あえて冬のクリスマスシーズンを狙っての海外旅行も悪くありません!

海外では冬のクリスマスシーズンは、一年を通しても一番長いホリデイとなり盛り上がります。そんなクリスマスシーズン、冬のカナダ バンクーバー旅行を紹介します。

スポンサーリンク

バンクーバーの基本情報

カナダの西部に位置し、カナダにある10の州のうちの1つBC州(ブリティッシュコロンビア州)にバンクーバーがあります。先住民の時代から現在に至るまで、北米でも人口密度の高い地域です。

海外旅行カナダへ格安個人旅行!おすすめ個人手配のやり方、行くまでの流れ

カナダ旅行に必要な持ち物リスト

時差

日本とバンクーバーの時差は、夏は16時間、冬は17時間で日本より半日以上遅いです。夏はサマータイムを使用しており、3月の中頃~11月の初めまで夏と冬で1時間違います。

夏は朝6時前に日が昇り、長い時で夜の10時前に日が沈むので1日がとっても長く感じます。夜の9時を越えてもまだ明るいので、気が付けばこんな時間?!と驚くときもあります!

サマータイムデイライト・セービング・タイム 日光節約時間)とは、1年のうち夏を中心とする時期に太陽が出ている時間帯を有効に利用する目的で、標準時を1時間進める制度

(ウィキペディア)

バンクーバーの冬の気候

バンクーバーの気温は、寒すぎず暑すぎない気温なのでカナダの他の場所に比べると過ごし易い方です。冬は稀にマイナス(-4~ー2℃)になる時もありますが、平均気温は0℃~4℃です。

そして、バンクーバーは「レインクーバー」と呼ばれるほど、年間を通して雨が非常に多いところです。

雨が多いと言っても、日本のようなザーザーと沢山降る雨はほとんどなく、小雨や霧雨が多く1日中降っているという事も滅多にありません。

朝降っていたら昼過ぎにぱったりと上がったり、夕方から夜にかけて降るといった感じです。だから、バンクーバーに住む人々は雨が降っていても傘を差しません。

まれに土砂降りの時間帯があっても傘を差さないので、女性やビジネスマンがずぶ濡れになっていますが、誰も気にしていません。

そのためか、バンクーバーでは風を引いている人が多いように思います。それでも、傘を差しません。

バンクーバー冷え込む12月~2月の天気と服装おすすめ

バンクーバーの通貨

C$1=約85円(2018年7月現在)

【硬貨】

  • 5セント
  • 10セント
  • 25セント
  • 1ドル
  • 2ドル
【紙幣】

  • 5ドル
  • 10ドル
  • 20ドル
  • 50ドル
  • 100ドル

カナダでは1セントの使用が、2013年に廃止されました。現金で支払いの際に、このセントの切り上げ、切り捨てをしての支払いになります。

カナダ バンクーバー旅行のお金情報と準備

バンクーバーの税金

カナダでは州によって税率が異なります。バンクーバーは、BC州の税率7%とバンクーバーの税率の5%と合計12%の税金が加算されます。

しかし、食品や処方箋、書籍や子供服などは5%のみと物やサービスによって細かく分けられています。お酒にかかる税金は高額で、15%もかかります。

カナダ・バンクーバー物価事情!

バンクーバーのチップ事情

カナダにはチップ制度があります。世界でも1位のサービスを誇る日本では、チップ制度がないので払い方が分かりにくいと思いますが、あくまで気持ちなので良いサービスと感じたらより支払い、良いサービスと感じなければ少額で良いと思います。

レストランやバー:10~15%タクシー:10~15%ホテル:1ドル~2ドル(荷物を運んだり、ベッドメイキングなどのサービス)

バンクーバーのお酒とたばこ事情

カナダでの、飲酒は19歳からで、お酒に関してかなり厳しいルールがあります。公共の場では、お酒を飲むことが出来ません

そして、カナダでは未成年にアルコールを販売する側にも厳しい罰則があるためアルコールを購入する際は、年齢を証明する身分証明書の提示が必要です。お店によっては、2枚の身分証明書の提示を求められます。

日本人は比較的、若く見られがちなので30歳や40歳を超えていても、身分証明書の提示を求められます。

たばこを吸える場所も本当に少ないです。店内で吸える場所は、どこにもありません。レストランでも吸えません。

屋外で吸えますが、禁止されている場所も多いのでたばこを吸われる際は充分気をつけましょう。バンクーバー国際空港内も、たばこを吸える場所は何処にもありません。

カナダ バンクーバー旅行の注意点!楽しい旅にするために

スポンサーリンク

冬のバンクーバー

クリスマスマーケット

【開催期間】 11/21~12/24

【開催場所】 1055カナダプレイス(ウォーターフロント駅)

【営業時間】 11:30~21:30(12/24 11:30~18:00)

【入場料】 

●大人・・・・・・$12(オンライン$10)

●65歳以上・・・$11(オンライン$9)

●7歳~12歳・・$5

冬のバンクーバーでクリスマスマーケットを楽しむ!

バンクーバーで毎年開催されている「クリスマスマーケット」です。毎年、ダウンタウンにあるクイーンエリザベス・シアターで開催されていたのですが、2018年の今年は聖火台がある「カナダプレイス」に場所を移動し規模が大きくなりました。

ショッピングやグルメなど、クリスマスを感じることが出来ます。

クリスマスマーケットに行くと必ず試したいのが、「ホットワイン」です。ムルドワイン(Mulled Wine)と呼ばれ、ワインと様々な香辛料を温めて作られたワインです。

聖火台を中心にマーケットがあり、夜はライトがとてもきれいです。また、マーケットからはノースバンクーバーが一望出来、ノーズバンクーバーをバックに素敵な写真も撮ることが出来ます。もちろん大きなクリスマスツリーもあります!

マーケット内では、クリマスツリーの飾りが驚くほどたくさんの種類が販売されています。ただ見て回るだけでも見ごたえがあるので楽しめます。

オーロラ・ウィンター・フェスティバル

【開催時間】 11/23~12/30

【開催場所】 consord pacific place(コンコード・パシフィック・プレイス)811 Carrall St.(チャイナタウン駅)

【営業時間】 16:00~22:00

【入場料】

●大人・・・・・・・$19.99(税抜)

●65歳以上・・・・$14.99(税抜)

●4歳~12歳・・・$14.99(税抜)

●3歳以下・・・・・無料

●家族(5人)・・・$59.99(税抜)

12月のバンクーバーでオーロラ・ウィンター・フェスティバル

今年から新しく開催されている「オーロラ・ウィンター・フェスティバル」です。イルミネーションやいくつかのアトラクション、ライブミュージックもあり、エリア別に楽しめます。

クリマスツリーを見ながらアイススケートも楽しむ事が出来ます。スケート靴代$7で滑り放題です!

スキー/スノーボード

バンクーバー市内から公共のバスでスキー場「Grouse Mountain」(グラウスマウンテン)に行く事が出来ます。冬になると、今すぐ滑れるような格好のスノーボーダーがそのままバスに乗っているのを見かけます。

また、「Cypress Mountain」(サイプレスマウンテン)へは、バスが出ているので車をレンタルする必要がありません。

そして、世界中から人々が訪れる「Whistler」(ウィスラー)へは、バスや車で約2時間で行くことが出来ます。

スポンサーリンク

他にも魅力がたっぷり!

フリースケートリンク

バンクーバーのダウンタウンにあるロブソンスクエア―では、毎年冬になると「フリースケートリンク」が出来ます。スケート靴代$4払うだけで滑り放題です!

ボクシング・デー

毎年12月26日は、一年で最大のセール日「ボクシング・デー」です。お店によっては先行でセールになっているお店もあります。この日は朝7時や8時から開店するお店もあり、開店前から開店待ちをする人々の列が出来ています。

ファッション好き必見!バンクーバーでセンスの良いおすすめショップ18選

カウントダウン・ニューイヤー花火

12月31日カナダプレイスでは、カウントダウン・ニューイヤーの花火が上がります。クリスマス当日は、お店などが休みで締まっているためデッドタウンのようになりますが、クリマスが終わるとまたいつもの雰囲気に戻ります。カウントダウンまでは、様々なイベントが開催されます。

公園で散歩

ちょっと時間が余ったら公園に散歩に行ってみてはいかがでしょうか?朝晩は特に冷え込むので公園の池が凍っているもあります。

バンクーバーの公園には、様々な野生の動物を見ることが出来るので歩いて散歩するのにおすすめです。朝早く行くと道が凍っているので滑らないように気をつけて下さい!

まとめ

冬のバンクーバーの魅力を紹介しました。温かい国への旅行も良いですが、あえて冬のバンクーバーで魅力たっぷりのクリスマスシーズンを楽しんでみてはいかがでしょうか!

合わせて読みたい

◆ 初めてのカナダ バンクーバー観光!お土産!情報!まとめ

◆ バンクーバーで雨の日に何する?!楽しめること4選

◆ バンクーバーで雨の日に役立つ買ってよかったもの6選

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする