海外生活でうれしいこと~生活スタイル・文化の違い~

海外生活では、生活スタイルや文化が違いストレスを感じることもありますよね?また、ストレスばかりではなくうれしい!楽しい!ことも沢山あります。

今回は、海外生活でうれしいことをまとめました。

スポンサーリンク

時間に余裕がある

日本では、公共交通機関が時刻通りですが海外では遅れたり、早く行ってしまったりすることは当たり前です。

また、15分前行動などはないので常にオンタイムか少し遅れるのは当たり前。日本の時間に追われる生活ではなく、大げさに言ってしまえば海外では時間はあるようでないようなもの!

時間に余裕があります。

時間に追われていた日本での生活から海外生活初めの頃は、慣れるまでイラッとする事もありますが、慣れてしまえばゆったりとした生活が出来ます。

また、仕事は仕事!遊びは遊び!と仕事と自分の時間の区別をはっきりしている為、プライベートも充実しています。

お店も早く閉まる為、家族や友人と過ごす時間が多く、また自分の時間も沢山あります。時間に余裕があり、気持ちも落ち着きます。

返品が出来る

ほとんどのお店では、買った物を返品する事が出来ます。

お店によって返品が出来る期間などのルールが異なりますが、基本的にレシートがあれば返品が可能です。だから、気軽に買い物が出来ます。

お店のスタッフも「取りあえず買って後から返品出来るよ!」と言うほどです。お店のレジで長い列になっている半分は、返品の為に並んでいる人々の時もあります。

また、購入した洋服のタグを外さずに一度使用しただけで返品される方もいるくらいです。すごいですよね!!

だから、レジでは「最終セールになっているものは返品出来ません」と伝えています。

「すみません」ではなく「ありがとう!」

日本人は「すみません」が口癖と言われているくらいよく使います。人に助けられた時もすみませんと言いますが、海外では「ありがとう!」と言います。

褒めてもらった時も「ありがとう!」

海外生活初めの頃は、すみませんと言う事が癖になっていてよく使ってしまっていましたが、「どうして謝るの?」と言われました。

海外では、「すみません」ではなく「ありがとう!」なんだと分かってからは、ありがとうと言えるようになりました。

「ありがとう!」の方が、ポジティブな感じがしてお互いに気分が良いです!

個人(人権)を尊重

海外では、自分で責任を持って「自分のやりたいこと」をやり、そのことを応援してくれます。

また、年齢や女性、LGBTQ(セクシャルマイノリティ(性的少数者))の人権を尊重され、「人は皆、平等」としている国もあります。

お互いにもっとよく知り、理解するためのイベントも開催されています。

「プライド・パレード!」人権を大切にするカナダ

特に驚いたのは、生まれたての赤ちゃんにも人権があるという事です。

バンクーバー生活で驚きの事実!日本とは全く違うカナダの人権について

食べきれなかったら持ち帰る

海外で外食した時に食べきれなかった食べ物は、入れ物をもらい持ち帰ることが出来ます。残った食べ物は、次の日のランチにしたりお昼を作る手間も省けます。

日本では、食品品質などの問題なのか残った食べ物を持ち帰るという事はあまりないですよね。海外では、普通なのでお店側も入れ物を持ち帰り用の入れ物がどのお店にもあります。

健康志向

健康に対する意識が高く、毎日の食べ物から気をつけオーガニック食材を選んで食べたり、ヨガや適度なエクササイズをしている方が多くいます。

「時間がなくてエクササイズが出来ない」ではなく、仕事前の朝早くから運動をして出勤するくらい意識が高いです。

また、食べ物だけでなくナチュラル原料の商品を意識して使用したり、お店も多くあります。

ジムが充実

海外では、マンションの一室を何人かでシェアをして暮らす国もあります。マンションには、ジムやプールが完備されているビルもあり、いつでも気軽に運動が出来ます。

また、コミュニティーセンターやジムが沢山あり、公園にもエクササイズが出来るトレーニングマシーンがあり無料で運動が出来ます。

海外旅行へ気軽に行ける

日本から海外旅行へ行っていた遠くの国へも海外生活では、隣接国へ気軽に海外旅行が出来ます。住んでいる国によっては、隣接する国へ車で行くことが出来たり日帰り旅行も可能です!

バンクーバーから日帰りで十分楽しめる!アメリカ・シアトル旅行の見どころ7選

まとめ

生活スタイルや文化が異なる海外生活では、困ることもありストレスを感じる時もありますが日本に無いようなまた違ったうれしいことが沢山あります!

▼合わせて読みたい関連記事

海外生活で困ること~生活スタイル・文化の違い~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする