海外旅行の服装(女性編)!場所別・スタイル別ファッションで選べば間違いなし!

海外旅行へ行く前に気になるのが、「服装」ではありませんか?「海外旅行の行き先は決まったけど、何を着ていったらいいの?」「どんな格好で行くの?」と悩んでしまいますよね?

まずは、現地の天候を調べて暑いのか?寒いのか?を調べることが重要です。それから、何を着ていく、持っていくかを決めるとスムーズです。

ファションには、ある程度決まったスタイルがあり、また旅行先によってもスタイルはだいたい決まっています。

行き先やファッションスタイルに当てはめれば、何を着ていく、何を持っていくかは簡単に決まります。

海外旅行の服装を決める時の参考になるように場所別、スタイル別ファッションをまとめてみました。

スポンサーリンク

海外旅行の服装「場所別ファッション」

海外旅行への服装の基本は、「その土地に溶け込む事!!」です。日本人は、残念ながら騙しや擦りなど世界でも狙われやすいのでいかに日本人っぽさを出さないようにするかが重要です。

リゾート

気候が良いリゾート地へは、リゾートにあった服装がおすすめです。日本では、灼熱の夏なのに肌の露出があまり好まれていませんが、海外では一部の国を除き暑い気候なら涼しい服装で過ごせます。

海外では、「水着に短パン」や「水着にワンピース」と過ごし易い服装でビーチだけではなく街中でもショッピングを楽しんでいます。

着る服を何枚も持っていく必要がないので、荷物も最低限に抑えることが出来ます。また、リゾートに合うような服を持っていない。。。という方は、現地でリゾートにピッタリの洋服がたくさん販売されているので、日本からは持っていかず現地で購入が出来ます。

肌の露出はちょっと。。。と抵抗がある方は、「Tシャツに短パン」や「Tシャツにスカート or ワンピース」と肌の露出を控えることも出来ます。

リゾートだからといっても現地の室内は冷房が効きすぎている場所もあるので、上から羽織れる洋服を1枚持っていると便利です。

また、日差しが強いので帽子やサングラスは必須です!

都会

ファションショーやコレクションが開催される都市「ミラノ」「パリ」「ニューヨーク」「ロンドン」などは、ファッションが最先端で世界中からもファッション好きが集まっているため、おしゃれを楽しんでいる人々が多い旅行先です。

だからといって、必ずしもおしゃれな格好で行かないといけないという事ではありません。あくまで参考ですので、その街に溶け込むためにも意識をして服装を決めましょう。

ファッションなんて分からない。。。という方でも大丈夫です!海外のファッション好きの人々は、色の使い方や小物の使い方がとても上手です。普段の服装に色を加えてみたり、小物を一つ足してみるだけもスタイルが簡単に変わります。

簡単に取り得ることが出来る「帽子」は、普段のスタイルに合わせるだけでいつものスタイルと感じがガラッと変わるのでおすすめです。

シンプルな「Tシャツにパンツ」だけのスタイルに帽子を合わせるだけでも見違える使えるアイテムです。

そして「デニムシャツ」は、パジャマのようなスウェットパンツを組み合わせてもおしゃれにまとまる大変便利で使えるアイテムです。

そして、「ショートブーツ」は意外にどんなスタイルにも合わせてることが出来る簡単ファッションアイテムです。普段のスタイルに合わせるだけで、スタイリッシュになります。

たくさん歩く旅行先で疲れないようにヒールが低めのブーツがおすすめです。

開発途上国/新興国/中進国

開発途上国(かいはつとじょうこく)とは、経済発展や開発の水準が先進国に比べて低く、経済成長の途上にある国を指す。発展途上国(はってんとじょうこく)、または単に途上国(とじょうこく)とも言われる。一般的には、経済協力開発機構(OECD)の開発援助委員会(DAC)が作成する「援助受取国・地域リスト」(DACリスト)第I部に記載されている国や地域が該当する。

ウィキペディア

開発途上国や中進国への旅行は、治安に不安な国もあるので極力目立ったりその環境に浮くような服装は控えるがおすすめです。

旅行を安全に楽しむためにも、その土地に馴染んだ服装をし高価な物は一切身に付けないようにしたいです。

また、デニムにTシャツ、コットン地のらくらくパンツにTシャツなどのラフな服装は世界共通なので旅行先の環境に馴染みやすい服装です。

インド旅行にどんな格好で行く?インド旅行の服装

スポンサーリンク

海外旅行の服装「スタイル別ファッション」

アウトドア

アウトドアスタイルは、海外旅行で一番便利なスタイルです。アウトドアのアイテムは全て、機能が素晴らしくまた軽量なため海外旅行でも大活躍です。

また、長持ちもするので長い目で見ればコスパで使い易くおすすめです。私は、海外旅行へ持っていく洋服や小物などのグッズ類もアウトドアのお店で購入します。

10年以上使っているアイテムもあり、機能性も良いので気に行っています。また、海外ではアウトドア好きが多く大変人気なので、アウトドアスタイルの人も多くいます。

そのため、海外旅行のどの行き先でも現地に馴染みやすいファッションスタイルなので、困ったときはアウトドアスタイルがおすすめです。

アウトドアジャケットは、防水なので突然の雨でも心配いりません。そして、防寒にもなります。折りたたんで小さい袋に入れることも出来るので、荷物にもなりません。また、色の種類も豊富です。

全身アウトドアファッションにしなくても、普段はき慣れているボトムスやレギンスに合わせても良いですし、デニムにも相性ピッタリです!

ユニクロのダウンジャケットは、海外旅行先でも使えるたいへん便利なアイテムです!

アウトドアサンダルは、そこがゴムで厚みあるので沢山歩いても疲れにくいです。また、サンダルなのに靴下を合わせて履くことが出来るので便利な使えるアイテムです。

ブーツは少し値段が高めですが、機能性がよく防寒力も高いため海外旅行におすすめです。たくさん歩いても疲れにくく、どんなファッショにも合わせることが出来ます。

カジュアル

カジュアルとは、着心地が良い着崩したスタイルの事です。海外旅行では、飛行機に長時間乗ることもあり、自分が好きなカジュアルな服装です。

レギンスにパーカーやデニムにTシャツ、そしてスニーカーを合わせたラフな服装です。

スニーカーやブーツ、サンダルをお好みで合わせて!

スタイリッシュ

スタイリッシュは、流行を取り入れたり上品でセンスの良さが出ているスタイルです。

フェミニン

フェミニンは、女性らしいスタイルの事です。

スポンサーリンク

海外旅行で役立つ便利なファッションアイテム

デニムシャツ

デニムシャツは、海外旅行で使える便利なアイテムです。そして、着回しが利くのでこの1枚でスタイリッシュにもなります。

らくらくパンツ

ウェストがゴムタイプのパンツは、海外旅行で役立つアイテムです。日中は短パンやスカートで過ごせたが、日が暮れて肌寒くなってもらくらくパンツを重ねて着したり、パジャマにしたり何かと便利で使えます。

ユニクロのライトダウン

ユニクロのライトダウンは、今では海外旅行で欠かせないアイテムとなりました。ベストタイプ、ショート丈、ロング丈と、どのタイプも折りたたんで小さい袋に入れる事が出来ます。

価格もお手頃なのでまだお持ちではない方には、ぜひおすすめです。

レギンス/レギンスパンツ

レギンス、レギパンも急に寒くなった時に重ね着が出来る便利アイテムです。早起きして、ヨガを楽しむのもいいかもしれません!

まとめ

海外旅行の服装は、いかに現地に溶け込むかが重要です。旅行先に合わせた服装や、ファッションスタイルに当てはめて決めるとスムーズです。何度も同じ旅行先に行って慣れてきたら、普段の自分のスタイルで服装を楽しめます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする