インド旅行にどんな格好で行く?インド旅行の服装

海外旅行インド行きが決まったけど「どんな格好で行ったらいいの?」と悩んでいませんか?インドと聞くと、とっても暑いイメージですが常に暑いというわけではありません。

3月に「デリー」11月に「コルカタ」を訪れたことがありますが、暑すぎずちょうど良い気候でした。インドの気候は暑いのに、宗教などが関係し肌の露出が多い服装は出来ません。

海外からの観光客は、露出した服装の方もいます。しかし、インド観光で寺院などを訪れる時は、肌の露出が禁止されています。

寺院では肌を隠すショールのような布の貸し出しを行っています。男性も短パンでは入館出来ないので短パン着用の男性は、貸し出されている布を腰から巻き肌を隠す必要があります。

正直、インド旅行で寺院を観光するまでは「肌の露出」に関する事は全く知りませんでした。

インドの中でも観光で人気の場所「デリー」「アグラ」「ジャイプール」などの、北部インド旅行と「コルカタ」西インド旅行の服装をまとめました。

スポンサーリンク

インド旅行の服装

3月~5月 暑季

この時期のインドは、夏。3月下旬からどんどん気温が上がり、4月、5月は40℃、最近では50℃近くまで上がることがあります。

50℃なんて経験がないのでどんなものなのでしょうか?想像するだけで息苦しさを感じそうですが、出来れば体験したくはないですよね(笑)

3月にデリーを訪れた時の気候は、暑すぎず快適でした。しかし、日中の日差しはとても強く肌がじりじりと焼ける感じが分かるほどです。

日差しが強いので首にタオルを巻きつけたり日除けに長袖のシャツを羽織っていました。

インドで販売されているインド服は、素材がコットンや麻入りのコットンが使用されていて通気性がよく長袖でもそんなに暑くありません。

日本から持参して着ていたTシャツが暑かったので、友人の母親が長袖のインド服を着ていたので「暑くないの?」聞くと「涼しいよ」と言われたのでインドワンピースを購入し早速着用!

長袖ですが、暑くありません!

袖部分を折り曲げるとより涼しくなります。ワンピースの横にスリットが入っていて風通しが良くとても快適!

インドではワンピースを購入するとレギンスがセットで付いてきます!レギンスの色の種類がとても多く、インドの女性はワンピースの色に合わせて選んでいるようです。

デニムを履いていたので荷物にならないようワンピースにデニムを合わせてましたが、デニムとの相性も○!

友人のお母さんは、ワンピースに合わせてきれいなエメラルドグリーン色のレギンスを合わせていてとっても素敵でした!

インド旅行でおすすめ気候が良い3月の旅 デリー(ニューデリー)2泊2日

足元は、靴下も履いて履くことが出来るアウトドアサンダルでした。アウトドア用のサンダルは、底が厚くゴムでできているので旅行で沢山歩いても疲れにくいのでおすすめです!

少し冷えを感じた時も靴下を履いて着用できるので大変便利です。インドは砂ほこりなども舞っているので意外と足もとが汚れます。

そんな時にも靴下を履いて汚れ対策が出来ます。暑くなったらまた靴下を脱げば快適です!

インド旅行へ履いて行く靴はどれにする?海外旅行何処へ行くにも便利な靴を紹介

インドでは、このようならくらく薄手パンツが格安で販売されてます。男性用もあるので、とても快適で涼しくておすすめです!

こちらも長袖ですが、中に水着のトップスだけ着用していたので暑い日中でも快適でした。実は水着は、暑い気候の国を旅行する時に使える1枚なんです!

水着は、濡れてもすぐに乾くので汗をかいても嫌な感じがせず快適で女性におすすめです!

こちらもインドで購入したノースリーブのワンピースです。インド滞在中は、ワンピースにセットだったレギンスを合わせて着用していました。

寺院を訪れた時や日差しが強過ぎて肌がじりじりと痛い時は、上からシャツを羽織り調節をしていました。

男性は、Tシャツに短パンでも大丈夫ですが出来れば「ひざ下くらいの長めのパンツ」がおすすめです。先ほど紹介した、らくらくパンツは薄手で通気性が良いので快適です!

男性もコットンに麻素材が入った夏でも涼しい快適シャツがインドで購入できます。

寺院に短パンで訪れてしまうと、このような布の着用が必須です。腰から巻き付けて肌を隠さないと入館できません。

女性も肌の露出が多い服装で行くと、貸し出しされている布で露出を隠すよう義務付けられています。貸し出しは使いまわしなので「誰かが使用したのはちょっと…」と感じる方は、ショールや何か上から羽織れる物、足が隠れる長さのボトムスで参拝されることをおすすめします。

寺院への観光は、土足厳禁です。靴の上から履ける紙の靴カバーを配布している所もありますが、靴を脱がなければいけない場合は地面が非常に暑くなっているので靴下の着用がおすすめです。靴下を履いていても暑くて歩けない日もあるので事前に準備を!

6月~9月 雨季

モンス―ンによる雨季の時期に入ります。大雨が一時的にザッと降り、止むといった天候です。日本の梅雨のように雨がずっと降り続くわけではありません。

3月~5月の暑季と同じような気候なので、服装も同じ大丈夫です。雨が降ると少し涼しくなるので上から羽織れるものを1枚余分にあると便利です。

暑いインドなので、ホテル内の空調温度が女性には低くて寒過ぎる場合があります。冷え性の私はユニクロのダウンジャケットを持参していたので助かりました。

男性は大丈夫だと思いますが、女性は何か羽織れる物が必要かもしれません。

10月~2月 乾季

乾季でも気温は10℃以下~20℃を上回る時があります。日本の春や秋などの服装と同じです。暑季と雨季と同じような服装で、中にもう一枚増やしたり上から羽織れる服を余分にあると急に寒くなっても対応できます。

ユニクロのダウンジャケットは、折りたたんで小さな袋に入れる事が出来るのでとっても便利です。男性には暑すぎるかもしれないので女性におすすめです。

11月のコルカタ旅行では、半袖、短パンでOkです!女性も半袖が過ごし易いと思いますが、室内は冷房が効き過ぎています。冷え性の方は、羽織れる衣類の持参がおすすめです。

涼しいインド服と楽々パンツでインド旅行が快適に!!

スポンサーリンク

インド旅行であると便利なアイテム

帽子

日差しが非常にきついので日よけの帽子は必須です!キャップ、ストローハットなど帽子なら何でも構いません。

ストール

インドで寺院などに観光する場合、頭を隠せるショールや薄手の羽織物を持っていきましょう。

シャツ

インドでは肌の露出が多い服装がNGの場所が多いので何か羽織れる一枚を持っていっておくと大変便利です。日差しが強過ぎる時にもシャツを首に巻いたりしていました。結構使える一枚です!!

らくらくパンツ

ウェストがゴムになっている、通気性の良いらくらくパンツです。ロング丈でも暑いインドで快適に過ごせるのでおすすめです!インドでも格安で購入出来ます。

寒くても中にレギンスを履くことも出来るので、たいへん便利です。パジャマとしても使えます!

靴下

インド旅行の観光で寺院などを訪れると、中に入るのに土足禁止の場所が多くあります。地面が太陽に照らされてかなり暑くなっています。裸足だと地面が暑くて歩けません!そんな時に靴下を用意しておくとたいへん便利です。

ビーチサンダル

高級ホテルなどは心配いりませんが、インドのホテルにはスリッパがない所が多いです。

格安のホテルなどは、シャワーとトイレが一緒になっているのでシャワーを浴びるとトイレが水浸しになりまします。そこでビーチサンダルが必要になります。

日本から持参しても良いですしインドでも格安で購入出来ます。家の中でビーチサンダルをはくことはインドでは当たり前のようです(笑)

友人の家に遊びに行く時、泊まりだったのですがまず家に行く前に私のビーチサンダルを購入してくれました。何の説明もなかったので「なぜ、ビーチサンダル?」と思い、友人に聞きました。

「シャワーの時に必要だから」と言うだけで詳しい説明は、その時にはなく。しかし、シャワーを浴びた時にはっきりしました!(笑)家の中のスリッパ代わりにも買ってもらったビーチサンダルでした。

水着

先ほどもお伝えしましたが、汗をたくさんかく暑い国に行く時におすすめなのが水着です。汗をかいても快適で直ぐに乾きます。持ち運びも便利で荷物もかさ張りません。

女性必見!海外旅行に持っていく持ち物、便利グッズおすすめ

まとめ

インド旅行の服装を紹介しました。暑いのに肌の露出を控えないといけないのは、ややこしいですが肌を隠せる服を何か一枚持っていれば、心配ありません!

今回の記事が参考になるとうれしいです。他にもインド旅行に行くまでの流れを紹介した記事もありますので、参考にしてみて下さい。準備をしっかりして、楽しい旅行になりますように!

▼合わせて読みたい関連記事

海外旅行でインドへ!準備と行くまでの流れまとめ

インド旅行に必要な持ち物リスト

インド旅行2週間!インドの奥地シッキム州ガントク、第2の都市コルカタの旅

インド旅行でお寺へ参拝する時のマナーとは?

■ インド旅行のお土産アーユルヴェーダ、ナチュラル・インドコスメ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする