カナダ旅行に必要な持ち物・必需品リスト 

海外旅行に行く準備は好きですか、嫌いですか?準備も海外旅行の一部と楽しめる方や、面倒だなと思う方と色々ですが、準備はとても大切です。カナダには何が必要か、持ち物リストをご紹介します。

スポンサーリンク

カナダ旅行の必需品

パスポート

海外旅行でどこに行くにも必要なのは、有効なパスポート。これだけは絶対に忘れることが出来ません。旅行に行く前は、パスポートの有効期限を必ずチェックしておきましょう。

初めての海外旅行!必ず必要なパスポートの取り方

ビザ

行かれる旅行先によって、ビザが必要ない国もあります。

カナダは、日本のパスポート保持者であれば「観光ビザ」はいりませんが、2016年から新しくアメリカのESTAのようにeTA(電子渡航認証)が必要になりました。

カナダに渡航前に、オンラインでの申請が必須で7カナダドルかかります。

有効期限は5年、もしくはパスポートの有効期限までです。

すでに「学生ビザ」「ワーキングホリデイビザ」や「移民カード」がある方は、このeTAは必要ありません。

海外旅行ビザが必要な国とビザの申請いろいろ

往復航空券

カナダへの旅行は、カナダに移民されていて移民カードがある方以外の方で、帰りの航空券がないと出発の際に日本の空港で搭乗を断られる場合があります。

以前に帰りの航空券なしで渡航しそのまま返されたという事例があったり、不法滞在者を防ぐ為などの理由があるそうです。カナダ旅行では、往復航空券が必須です。

海外旅行に格安で行きたい方におすすめ!格安航空券、ホテルの取り方

海外旅行保険

カナダは他の国に比べると安全ではありますが、近年窃盗などの犯罪で日本人の被害も聞きます。必ず必要!と言うわけではありませんが、もしもの時の為に海外旅行保険の加入をおすすめします。

冬にカナダに行かれる方は、大雪の為フライトがキャンセルになることもあるので、冬にカナダに行かれる方は必須です。

自分で欲しい項目だけを選べる海外旅行保険が、オンラインで加入できます。日本の空港内でも、保険会社のデスクが空港内にあるので忘れた方でも出発直前に加入も出来ます。

海外旅行保険に入らない人がいるとは知りませんでした

また、海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードもあります!

日本円・カナダドル

カナダにも両替できる場所が沢山あり、ダウンタウンのウェストペンダ―通り(W Pender St)にある「VBCE」がおすすめです。

日本の空港内でも両替が出来ます。カナダでは、アメリカドルも取り扱っているお店が多いので、前回の旅行などで使用したアメリカドルの残りをカナダで使い切ってしまう事も出来ます。 ⇒カナダ バンクーバー旅行のお金情報と準備

C$1=約85円(2018年7月現在)

【硬貨】

  • 5セント
  • 10セント
  • 25セント
  • 1ドル
  • 2ドル
【紙幣】

  • 5ドル
  • 10ドル
  • 20ドル
  • 50ドル
  • 100ドル

カナダでは1セントの使用が、2013年に廃止されました。現金で支払いの際に、このセントの切り上げ、切り捨てをしての支払いになります。

旅行で残ったカナダドルやアメリカドルの硬貨は、日本円に戻すことが出来ません。カナダからの帰りの空港内の免税店などで、硬貨を全部払い残りの金額をクレジットカードで支払うと硬貨が残りません。

クレジットカード

カナダは、カード利用者が多い国です。もちろん現金も使えます。カナダでクレジットカードを使用する際は、ほとんどのお店やホテルではサインではなく暗証番号が必要です。

クレジットカードの暗証番号を知らないとそのカードは使用できませんので、カナダへの旅行前に暗証番号の確認をしておきましょう。

また、アメリカンエクスプレスや JCBカードの取り扱いがないお店もあるので、世界中どこでも使えるVISAMasterカードがおすすめです。

海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードは、年会費無料【エポスカード】!!


スマートフォン

カナダでは、比較的どこでもWifiが繋がります。観光で迷っても、スマートフォンでマップが見れるようにしましょう。マップではどの電車やバスに乗ればいいかの案内も出るので、海外旅行ではとっても便利です。

日本から飛行機の機内に乗ったら、携帯を「機内モード」に切り替えます。カナダに着いても滞在中は、機内モードのままにしておいてください。

機内モードにしていないと、日本から送信される画像などの受信料が高額になる恐れがありますので、現地では必ず機内モードにしておき、Wifi 以外は使用しない事です。

日本に到着して飛行機から降りたら、機内モードをオフにして大丈夫です。機内モードの使用は、海外旅行どの国でも同じです。あと、携帯の充電器も忘れないように!

海外旅行で便利!海外で使えるフリーWi-Fi の接続方法

サングラス
カナダ旅行にサングラスは、必須アイテムです。夏は日差しがきつく、サングラスと日焼け止めはセットで必ず持っていきましょう。忘れてもカナダで購入出来ます。サングラスは安くて可愛い物がたくさん販売されています!

日焼け止め
サングラスと共に絶対必要なのが、日焼け止めです。普段使用しない男性も必ず使用されることをおすすめします。太陽の下にいると、痛く感じる時があるほどです。
日本から持ってくるのを忘れた時は購入して下さい!WholeFoods では、ナチュラル成分の商品も販売されています。

スポンサーリンク

カナダ旅行に必要な持ち物リスト(衣類編)

下着
日数分ですが、荷物を徹底的に減らしたい方は何枚かにして、毎日洗濯してもいいと思います。また現地で、日本では販売されていないようなデザインのものを買って直ぐに使用できます。

日数分の洋服
こちらも何枚かにして、着まわすと荷物が減ります。ハイキングに行かれる方などは乾燥性の高い衣類をおすすめします。
カナダの冬は、たいへん寒いです。特に冬、カナダ東部に行かれる方やオーロラで有名なイエローナイフに行かれる方は、防寒対策が必須です。

余分に羽織れる物
カナダは、夏でも朝や夜に肌寒く感じることがあります。また、風が冷たかったり、日向は暑いのに日陰に入ると肌寒く感じるので、なにか上から羽織れる物を余分に持って行かれる事をおすすめします。また、昼と夜の温暖さが激しいです。カナダの気候は、暑かったり寒かったりと風邪をひきやすい環境です。

スニーカー
カナダ観光は歩くことが多くなります。また、自然が多いのでハイキングなどに参加されるかもしれないので、歩いても疲れにくいスニーカーをおすすめします。冬の寒い時だと、ブーツは必須です。

サンダル
スニーカーやメインの靴とは別に、サンダルを持って行きましょう。ホテルで使用したり、歩きすぎて足が疲れた時などに履くと便利です。また、夏に行く時はビーチで使えます。

Tシャツ
何枚かTシャツを余分に持っていっておくと、何かあった時にとっても便利です。意外と気候が寒かったり、パジャマに使用したりなど、結構使えます。帰りの割れ物を包んだりするのにも大変便利です。

帽子
カナダは、日本と違い湿気がなく涼しいように感じますが、紫外線は日本の紫外線の7倍です。日焼け止めを塗らないで外にいると、火傷します。日焼けに強い私でも、カナダで日焼け止めを塗り忘れると、湿疹が出てきます。だから、夏の暑い時期には日除けの帽子を、そして冬の時期には防寒の帽子は必須です。

靴下
日数分必要ですが、夏は必要ない場合もあるので、必要であればカナダでも購入出来ます。

スポンサーリンク

カナダ旅行に必要な持ち物リスト(グッズ編)

カメラ
最近では、スマートフォンにもカメラ機能が付いているのでもっと良い写真を撮りたいという方はお持ちください。

コンセントプラグ/変圧器
カナダは、日本と同じAタイプのプラグなので、とくに持っていく必要はありません。学生やワーキングホリデイなど長期で行かれる方は、プラグは同じでも電圧が違うので何年かは問題なく使用できていたが、突然使えなくなるという事があります。
原因は、電圧の違いです。日本からお気に入りや高額のドライヤーやビューティー機器をお持ちの場合は、変圧器が必要です。
iphoneの充電器は、世界共通なので使用に問題はありません。

ガイドブック
旅をスムーズにするには、ガイドブックがあると大変便利です。最近はスマートフォンにも情報などを入力できるので便利です。

お土産リスト
こちらも、旅をスムーズにする為にお土産リスを事前に作成しておくと買い物が楽です。お土産を買う時間がない時は、リストがあると大変便利です。

日用品
シャンプー、リンスや洗顔料や歯磨き類などです。準備が面倒や荷物を減らしたい方は現地でも購入出来ます。ほとんどのホテルには完備されています。

薬類

普段飲んでいる薬や、必ず必要な薬だけ持って行きましょう。

海外旅行に身軽で行きたい派?持っていく荷物で正直いらないもの

スポンサーリンク

カナダ旅行に必要な持ち物(女性編)

コスメティック

普段から使用している化粧水やメイク用品。旅行先ではメイクする必要はありませんが、日焼け止めは必ず使用されることをおすすめします。日焼け後の乾燥に保湿の出来る化粧品をお持ちください。日本と違い大変乾燥します。

ヘアアイロン/ヘアドライヤー

ほとんどのホテルにドライヤーが完備されていますが、必要であれば持参しましょう。

海外旅行にへアドライヤーを持ち物リストに入れる?

レギンス

旅行先の室内では意外に冷えることがあるので、冷え性の方には1枚あるだけで非常に便利なアイテムです。スカートの中に履いたり寒さ対策になります。夜ホテルで寒くて眠れない時や飛行機の中で寒い時にも使えます。

ホッカイロ

こちらも、冷え性の方や突然生理が来てしまったときなどに便利です。また、生理用品も準備しておきましょう。現地のダイソーでも購入出来ます。

カナダ旅行に持っていると便利なアイテム

昔懐かしシューズ袋

小学校で使っていたシューズ袋タイプのバッグが、海外旅行で大変便利で使えます。旅行先でハイキングやビーチ、ショッピングにも使えるバッグです。軽量で小さく折りたためるので、持ち運びにも便利です。

水着
夏の暑い時期に行く場合は、水着を下着代わりに使用すると汗をかいてもすぐに乾くのでとっても着心地が良いのでおすすめです。

ウォーターボトル
夏は日差しがきつく乾燥します。ボトルにホテルで水を入れてもらい、観光に持ち歩くと水分をいつでも補給できて便利です。

エコバッグ
カナダではお店によって、ショッピングバッグにチャージされます。5セント程度ですが、それでもチャージされるのは嫌と言う方は日本からエコバッグをお持ちください。帰りのお土産入れにも使えて便利です。

ジップロック
ジップロックは、海外旅行でも大変活躍するアイテムです。観光途中で濡れたものを入れたり、余ったお菓子などを入れたり、または日本円とカナダドルを入れ分けたり色々活用でき大変便利です。⇒海外旅行でジップロックを上手に活用!機内持ち込み液体用

まとめ

カナダは海外旅行に必要な必須アイテムを除けば、国内旅行の荷物とそんなに変わりはありません。準備が面倒であまり好きではない方も、この記事を参考に準備がスムースになればと思います。準備をしっかりして、楽しい旅を!

▼合わせて読みたい関連記事

◆ 海外旅行カナダへ格安個人旅行!おすすめ個人手配のやり方、行くまでの流れ

◆ 海外旅行カナダ バンクーバー国際空港への入国とアクセス方法

◆ カナダ バンクーバー旅行の楽しみ方おすすめ観光スポット12選

◆ 一人旅で海外へ!初心者も女性も安心して行けるおすすめの国カナダ

◆ カナダ旅行 冬のバンクーバーを満喫!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする