カナダ旅行に必要な持ち物・必需品リスト 

海外旅行準備は好きですか?

それとも嫌いですか?

旅行準備も旅の一部として

「楽しめる方」

「面倒だな…」

と思う方など様々ですよね。

しかし、旅行前の準備は

「旅行を左右する」

とても大事なこと。

今回はカナダ旅行の準備です。

カナダ旅行には何が必要なのか

持ち物リストをまとめました。

【カナダ旅行】海外旅行バンクーバーへ初上陸の前に知っ🉐情報!

カナダ政府による入国規制の緩和

*追記:2021/07/20

8月9日~(アメリカ市民・アメリカ永住権保持者)

9月7日~(日本を含むインド以外のその他の国)

2度のワクチン接種完了者は、

カナダへの渡航が許可されカナダ入国後

ウイルス検査と隔離が免除されます。

引き続き渡航72時間前の陰性検査証明

は必須です。

カナダ入国前にワクチンの情報を

ArriveCAN に登録しておくこと。

今後も新しい情報が更新されるので

最新の情報を渡航前に必ずチェックが

必要です。

カナダ政府による新たな渡航制限措置

*追記:2021/02/26

国外からカナダに渡航する場合は

到着する空港にてPCR検査を受けます。

検査の結果が出るまでの3日間(3泊)

は政府指定のホテルに滞在(隔離)

しなくてはいけません。

ホテル滞在費用(約CA2,000ドル以上)

自己負担

さらに14日間の自己隔離が求められ

その間は監視が行われます。

実際にアメリカからカナダへ入国した友人は

14日間の自己隔離の間に確認の電話が

2度かかってきたそうです。

陸路でアメリカからカナダへ入国する際は

到着の72時間以内にアメリカで行われた

COVID-19テストの結果が陰性である証明を提出

しなくてはいけません。

空路での入国と同様に14日間の隔離が行われ

その後もう一度PCR検査を受けなればいけません。

カナダ旅行の「必需品」

パスポート

海外旅行でどこに行くにも必要なのは

有効なパスポート。

これだけは絶対に忘れることが

出来ません!

旅行に行く前は

パスポートの有効期限も必ずチェック

しておきましょう。

初めての海外旅行!必ず必要なパスポートの取り方

「パスポートってどうやって取るの?」と悩んでいませんか?私も初めてパスポートを作るときは…

ビザ

行かれる旅行先によって

ビザが必要ない国もあります。

カナダは日本のパスポート保持者

であれば「観光ビザ」はいりませんが

2016年からアメリカのESTAの

ようにeTA(電子渡航認証)が必要

になりました。

カナダ渡航前にオンラインでの申請が

必須で7カナダドルかかります。

有効期限は5年もしくは

パスポートの有効期限までです。

すでに「学生ビザ」

「ワーキングホリデイビザ」

「移民カード」

がある方は「eTA」は必要ありません。

海外旅行ビザが必要な国とビザの申請いろいろ

海外旅行に行くには、ビザが必須の国があります。旅行の手配を自分でする場合は、このビザの申請が必要…

往復航空券

カナダへの渡航は(カナダ永住権保有者以外)

帰りの航空券がないと出発の際に

日本の空港で搭乗を断られる場合

があります。

以前に帰りの航空券なしで渡航し

そのまま帰国させれたという事例があったり

不法滞在者を防ぐ為などの理由があるそうです。

カナダ旅行では往復航空券が必須です。

海外旅行に格安で行きたい方におすすめ!格安航空券、ホテルの取り方

海外旅行といえば、「料金が高い」と思って諦めてしまった経験はありませ…

海外旅行保険

カナダは他の国に比べると安全

ではありますが近年、

窃盗などの犯罪で日本人の

被害も聞きます。

必ず必要!

と言うわけではありませんが、

万が一の時の為に海外旅行保険

への加入をおすすめします。

特に冬にカナダを訪れる方は

大雪の為、フライトがキャンセル

になることもあります。

冬にカナダに行かれる方は

海外旅行保険に加入して

おいた方が安心です。

自分で必要だと思う項目だけを

選ぶことができる海外旅行保険が

オンラインで加入できます。

日本の空港内でも保険会社の

デスクがあるので「加入を忘れた」

と言う方でも出発直前に加入する

ことができます。

「海外旅行保険は必要?!」

と最後まで悩まれる方にも嬉しい!

わざわざ海外旅行保険に加入

しなくてもいい便利な

海外旅行傷害保険付帯

のクレジットカードもあります。

海外旅行保険に入らない人がいるとは知りませんでした

海外旅行に行く時に、皆さんは海外旅行保険に入りますか?入りませんか?または、入った方がいいのかわからない…

日本円・カナダドル

カナダでも両替できる場所が

沢山あります。

バンクーバーへの旅行は

ダウンタウンの

ウェストペンダ―通り(W Pender St)

にある両替所「VBCE」がおすすめです。

カナダではアメリカドルを取り扱っている

お店が多く以前訪れたアメリカ旅行で

残ったアメリカドルをカナダで

使い切ってしまうこともできます。

C$1=約77円(2020年5月現在)
C$1=約85円
(2018年7月現在)

C$1=約86.65円(2021年7月現在)

【硬貨】

  • 5セント
  • 10セント
  • 25セント
  • 1ドル
  • 2ドル
【紙幣】

  • 5ドル
  • 10ドル
  • 20ドル
  • 50ドル
  • 100ドル

カナダでは1セントの使用が

2013年に廃止されました。

現金で支払う場合はセントを

切り上げ、切り捨て

しての支払いとなります。

ややこし過ぎるカナダ硬貨の使い方コツ!

バンクーバーに旅行に来られた方やバンクーバー生活がスタートした方からよく聞く「硬貨がよくわからない・・・(泣)」と言う…

旅行で残ったカナダドルや

アメリカドルの硬貨

日本円に戻すことが出来ません

カナダから日本へ帰国する際、

空港内の免税店やレストランで

硬貨を全部払いきり残りの金額を

クレジットカードで支払う

硬貨が残らず全て使い切る

ことができます。

クレジットカード

カナダではどこでもカードが

使えてとても便利な国です。

もちろん現金も使えます。

カナダでクレジットカードを

使用する際は、ほとんどのお店

やホテルではサインではなく

暗証番号が必要です。

クレジットカードの暗証番号を

知らないとそのカードは

使用できないのでカナダ旅行の

前に暗証番号の確認をしておきましょう。

アメリカンエクスプレスや

JCBカードの取り扱いがないお店も

あるので世界中どこでも使える

VISAMasterカードがおすすめです。

【海外旅行で人気のおすすめクレジットカード】

【エポスカード】が人気でおすすめの理由

① 会費が永年無料

② 海外旅行傷害保険自動付帯「旅行へ持って行くだけ!」

③ 旅行前日でも即日発行

④ 新規加入で2000ポイント(2000円相当)がもらえる!

⑤ アプリで利用状況を簡単管理

これだけメリットが揃っていれば人気な事にも納得ですよね!年会費無料なのに海外旅行傷害保険付帯!更に2000ポイントがもらえるなんて迷う利用がありませんね!

世界中で使えるVISAカードで海外旅行でも安心!

お申し込みはこちらから▷

\即日発行で2000ポイントをゲット!!/

スマートフォン・ポケットWi-Fi・モバイルバッテリー

カナダでは、ほとんどの場所で

Wi-Fiが繋がる環境です。

観光中、道に迷っても

スマートフォンでマップが

見れるように Wi-Fi の設定を

済ませておきましょう。

日本から飛行機に乗ったら携帯を

「機内モード」に切り替えます。

カナダに到着しても滞在中は

機内モードのまま

にしておいてください。

機内モードにしていない場合、

日本から送信される画像や着信

などの受信料が高額になる

恐れがあります。

現地では必ず「機内モード」

にしておき Wi-Fi 以外は

使用しないようにしましょう。

必要であれば海外旅行滞在中に

使えて便利な携帯Wi-Fiルーター

を日本からレンタルして持参しましょう。

日本に到着後、飛行機から降りたら

機内モードをオフにして大丈夫です。

機内モードの使用は海外旅行

どの国でも同じです。

携帯の充電器も忘れないように!

観光中に携帯のバッテリーが

なくなっても充電ができる

モバイルバッテリー

の持参もおすすめです。

海外旅行で便利!海外で使えるフリーWi-Fi の接続方法

「海外旅行にWi-Fiルーターを持っていくべき?」と悩んでいませんか?海外では、Wi-fi環境が整っている国が多くメインエリアでは…

サングラス

カナダ旅行にサングラスは

必須アイテムです。

夏は日差しが強くサングラス

と日焼け止めはセットで

必ず持っていきましょう。

もちろんカナダでも購入できます。

サングラスは低価格でデザインが

豊富に販売されています!

日焼け止め

サングラスとセットで絶対必要

なのが「日焼け止め」です。

普段、日焼け止めを使用しない方

もカナダ滞在中は使用されること

をおすすめします。

日本から持ってくるのを忘れた時は

購入して下さい!ひどい時は

火傷する場合もあります。

WholeFoods ではナチュラル成分の

商品も販売されています。

スポンサーリンク

カナダ旅行に必要な持ち物リスト(衣類編)

下着

下着は日数分必要ですが

荷物を徹底的に減らしたい方

は何枚か持参して毎日洗濯

すればすぐ乾きます。

現地で日本では販売されていない

ようなデザインの下着を購入し

そのまま着用してもいいのでは!

日数分の衣類

現地で着る衣類も何枚かにして

着まわすことで荷物を大幅に

減らすことができます!

ハイキングなどアウトドアアクティビティ

を予定されている方は速乾性の

高い衣類をおすすめします。

カナダの冬は非常に寒いです。

特に冬、カナダ東部に行かれる方や

オーロラで有名なイエローナイフに

行かれる方は、防寒対策が必須です。

バンクーバーからイエローナイフへ引っ越し!まず準備したもの

ブリティッシュコロンビア州(BC)があるバンクーバーからノースウエストテリトリー(NWT)のイエローナイフへ突然引っ越しする… 記事を読む

カナダ バンクーバー旅行の服装!バンクーバーファッション

カナダ バンクーバー旅行での服装は?と悩んでいませんか?旅行される季節によりますが、バンクーバーの気候は日本とは異なり…

羽織物

カナダの朝晩は夏でも肌寒く

感じることがあります。

風が冷たく日向は暑いのに

日陰に入ると肌寒く感じることも。

夏・冬共に

昼と夜や室内と室外の温暖さが激しい

ので上から羽織れる衣類を余分に

持参されることをおすすめします。

カナダの気候はアップダウンが激しく

不安定なため、

風邪をひきやすい環境です。

事前にしっかり準備をしておきましょう!

冬のカナダ旅行は、防寒対策をしっかり!!

バンクーバー更に冷え込む12月~2月の天気とおすすめの服装

バンクーバーの12月は、クリスマス前から1年でも最も長いホリデーシーズンに入ります。気温は11月から更に下がり始め…

バンクーバーベストシーズン6月~8月の天気とおすすめの服装

バンクーバーのベストシーズン7月、8月!実は、2カ月ととても短いバンクーバーの夏ですが6月から少しずつ夏日和が感じ…

スニーカー

カナダ観光は歩くことが

多くなります。

自然が多くハイキングなど

アウトドアアクティビティが

多くなるかもしれないので

歩いても疲れにくいスニーカー

がおすすめです。

冬の寒い時期のカナダ旅行は

防寒ブーツが必須です。

サンダル

スニーカーやメインの靴とは別に

「サンダル」を持参しておくと

便利です。

ホテルで使用したり

歩きすぎて足が疲れた時などに

履き替えることができます。

Tシャツ

Tシャツを何枚か余分に持参して

おくと何かあった時にとっても便利です。

意外と気候が寒かったりパジャマに

使用したりなど結構使えます。

帰りに購入した割れ物を包むことも

できるため意外に便利です。

帽子

カナダは日本と違い湿気がなく

涼しいように感じますが

日差しがとても暑いです。

日焼け止めを塗らずにうっかり

外出してしまうと皮膚が軽い

火傷を起こしてしまうことも。

肌が強い方でもカナダでは

日焼け止めを塗り忘れると日焼けで

湿疹が出てしまうほどです。

夏の暑い時期には日除けの帽子、

冬の時期には防寒の帽子は必須です。

靴下

日数分必要ですが人により

夏は必要ない場合もありますよね。

必要であればカナダでも購入できます。

カナダ旅行に必要な持ち物リスト(グッズ編)

ポケットWi-Fi

カナダでは無料で使えるフリーWi-Fi

が充実しています。

しかし「フリーWi-Fiは不安…」

と言う方には

ポケットWi-Fiレンタルがおすすめです。

カナダ旅行中の外出先でもセキュリティ

を気にせずに何処でも安心して使えます。

旅行前に手配して持参しておきましょう!

海外旅行で安心!便利!おすすめの海外ポケットWi-Fiレンタル

最近では「海外旅行中でもネットを使いたい!」と言う方がほとんどではないでしょうか?ネットが今ほど普及していない随分以前の海外旅行では…

カメラ

スマートフォンにもカメラ機能が

付いているのでもっと良い写真を

撮りたいという方はお持ちください。

コンセントプラグ/変圧器

カナダは日本と同じAタイプのプラグ

ですが、電圧が違います

1週間ほどの短期滞在であれば

とくに持っていく必要はありません。

しかし、留学やワーキングホリデイ

など長期で行かれる方は変圧器が

必要になることも。

数年は問題なく使用できていたのに突然、

使えなくなるということがあるからです。

原因は、電圧の違い。

日本からお気に入りや高額のヘアドライヤー

やビューティー機器をお持ちの場合は

変圧器が必要です。

iphoneの充電器は

世界共通なので使用に問題はありません。

ガイドブック

旅をスムーズにするにはガイドブックが

あると便利ですが、最近は

スマートフォンで全て済ませる

ことができますよね!

個人的にはガイドブックを見るのが

好きなので、携帯とガイドブックの

旅行方から情報を得ています

必要な方は持参ください。

旅行で役立つガイドブックの見方から使い方

「海外旅行に行こう!」と計画を始める前や、海外旅行行きが決まったらガイドブックを参考にされる方も多いのではないで…

お土産リスト

旅をスムーズにする為に

お土産リスを事前に作成して

おくと買い物が楽です。

お土産を買う時間がない時は

リストがあると大変便利です。

海外旅行カナダ・バンクーバーでお土産が買えるおすすめのお店

海外旅行で一番大変なのが、お土産選びですよね。誰に?何を?何処で?など考えなくてはいけない事ばかりです。そんな方に、カナダ・バンクーバーでお土産買えるおすすめ…

海外旅行で困らないお土産の見つけ方!おすすめのお土産アイデア

海外旅行で一番頭を悩ませるのが「お土産」ではありませんか?「何を買おう?」「何処で買おう?」など、何回も訪れている場所なら…

日用品

シャンプー・リンスや洗顔料、

歯磨き類などです。

こまごまとしているので

「準備が面倒」

「荷物を減らしたい」

という方は現地で購入するのが楽!

ほとんどのホテルには完備されているので

事前に確認しておきましょう。

海外旅行でシャンプーやコンディショナーはどうする?

海外旅行の準備でシャンプーやコンディショナーを持っていくか迷いませんか?泊まるホテルに付いているのか?ホテルに付いて…

薬類

普段服用している薬や

必ず必要な薬だけ持って行きましょう。

海外旅行の持ち物で正直いらないもの

海外旅行に行く時は、荷物が多いですか?それとも少ないですか?荷造りをしながら「これっているのかなぁ?」と持っていこうかどうしようか迷って…

カナダ旅行に必要な持ち物(女性編)

コスメティック

普段から使用している化粧水

やメイク用品。

日焼け止めは必ず使用される

ことをおすすめします。

日焼け後の乾燥に保湿ができる

スキンケア用品をお持ちください。

日本と違い乾燥します。

ヘアアイロン/ヘアドライヤー

ほとんどのホテルにドライヤー

が完備されていますが

必要であれば持参しましょう。

海外旅行にへアドライヤーを持ち物リストに入れる?

海外旅行の準備で「ヘアドライヤー」を持っていこうかどうか迷いませんか?また、ヘアドライヤーは何処に行くにも必須アイテム!という方…

レギンス

旅行先の室内は冷えることが

あるので冷え性の方は1枚ある

だけで非常に助かります。

重ね履きをして寒さ対策に!

夜、ホテルで寒くて眠れない時

や機内の中で寒さ対策にも!

ホッカイロ

「ホッカイロ?!」

と驚かれる方もいらっしゃる

かもしれませんが冷え性の方や

突然生理が来てしまったときなど

に便利です。

生理用品も準備しておきましょう。

現地のダイソーでも購入できます。

カナダ旅行であると便利なアイテム

昔懐かしシューズ袋

小学校時代に使っていた給食袋や

シューズ袋スタイルのバッグが

海外旅行でも大活躍!

旅行先でハイキングやビーチ、

ショッピングにも使えるバッグ。

軽量で小さく折りたたみができ

持ち運びも便利です。

水着

暑い夏のカナダ旅行は水着を

下着代わりに使用すると汗を

かいてもすぐに乾き着心地が

よくおすすめです。

ウォーターボトル

夏は日差しがきつく乾燥します。

ウォーターボトルを持ち歩くと

いつでも水分補給できて便利です。

海外旅行で持ち歩くのは水筒派?それともペットボトル派?

海外旅行で飲料水はどうしていますか?水筒を持って行く派やペットボトル派に分かれますが、荷物にならないように現地で買って捨てることが…

エコバッグ

カナダではお店によって

ショッピングバッグが有料です。

必要な方はエコバッグをお持ちください。

ジップ袋

ジップ袋は海外旅行でも

大変活躍するアイテムです。

観光途中で濡れたものを入れたり

余ったお菓子などを入れたり

日本円とカナダドルを入れ分けたり

色々活用でき大変便利です。

海外旅行でジップロックを上手に活用!機内持ち込み液体用

楽しい海外旅行行きが決まったけど、その前にしなくてはいけないことがいくつもありまよね?その中でも厄介なのが荷物の準備です。荷物の準備も…

カナダ・バンクーバーへの旅行

カナダ西海岸ブリティッシュコロンビア州

に位置する「バンクーバー」は

カナダ国内でも雨が多い都市で

知られています。

別名「レインクーバー」と呼ばれるほど。

お隣のアルバータ州も

バンクーバーと同様、

雨が多い場所です。

バンクーバーで販売されている傘は

壊れやすく数回使用しただけで

使えなくなることも。

特に雨が多いと予想される時期(10月~3月)

の旅行は日本から折りたたみ傘を

持参してもいいかもしれません。

レインクーバーと呼ばれるほど雨が

多いバンクーバーではありますが

現地に住む人々はどれだけ雨が降って

いようと傘を使いません(笑)

雨の日はずぶ濡れの人を沢山見かけます。

旅行中、ホテルから出かける前に外を

歩いている人を見て天気(雨の日)の

確認をしてもあまり参考にはなりません

のでお気を付けください!

外に出てみると雨が結構降っている

ということもあります(笑)

バンクーバー在住の人々は傘を

使用せずレインコートや防水の

アウトドアジャケットを着用しています。

「傘を持参するのは荷物になる」

と言う方は防水ジャケットや

レインコートをお持ちください。

海外旅行カナダ バンクーバー国際空港への入国とアクセス方法

海外旅行で、現地の空港で英語が必要だったり、空港からのアクセス方法が複雑など、現地に到着して一番最初に何かと緊張しま…

カナダ バンクーバー旅行の楽しみ方おすすめ観光スポット12選

カナダ西海岸にあるバンクーバーは、年間を通して他の都市に比べて気温の温暖さが少なくカナダ国内では過ごし易い都市です。バンクーバー…

まとめ

カナダは海外旅行に必要な必須アイテム

を除けば国内旅行の荷物とそんなに

変わりはありません。

準備が面倒であまり好きではない方でも

この記事を参考に準備がスムースに

なればと思います。

準備をしっかりして、楽しい旅を!

▼合わせて読みたい関連記事

◆ 海外旅行カナダへ格安個人旅行!おすすめ個人手配のやり方、行くまでの流れ

◆ 一人旅で海外へ!初心者も女性も安心して行けるおすすめの国カナダ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする