カナダ バンクーバー旅行でネットを使う方法 フリー(無料)Wi-Fiが使える!

海外旅行へ行く時に、悩んでしまうのが携帯やネット事情ではありませんか?「海外でインターネットは使えるの?」や「Wi-Fiのルーターが必要?」と悩みますよね?

カナダ バンクーバー旅行をお考えの皆さんへ、バンクーバーではWi-Fi環境が充実しているのでこのよな心配は要りません。

カナダ バンクーバーでフリーWi-Fiの使い方を紹介します。

スポンサーリンク

カナダ バンクーバー滞在中にネットを使う

交通アクセスを調べる(地図)

お店を調べる

日本の家族や友人と電話やメール

滞在中には、道に迷った!?などのハプニングもあります。また、どのお店が美味しいの?など知りたいことがすぐに調べることが出来る便利なネット社会になった今では、バンクーバーでもネットが使えるのは便利ですよね?

そして、バンクーバー滞在中でもLINE(ライン)を使用し、無料で日本の家族や友人と会話やメールのやり取りが出来ます。

海外旅行でもLINE(ライン)が無料で使い放題!

フリーWi-Fiが使える場所

バンクーバー市内では、ほとんどの場所でフリーWi-Fiに繋げることが出来ます。ショッピングモール内やレストラン、カフェなど、旅行中に困ることはほとんどありません。

カフェ

  • スターバックス
  • ティム・ホートンズ
  • ブレンズ コーヒー
  • ウェーブス コーヒー
  • マクドナルド
  • その他カフェ

チェーン展開している有名なカフェでは、何処でもフリーWi-Fiがあり簡単に繋げることが出来ます。また、バンクーバーにある個人経営のカフェでもフリーWi-Fiが使えます。

お店のスタッフに Wi-Fi のIDパスワードを聞くと教えてくれます。カフェによっては、パスワードの書かれた小さい紙を渡されます。

” Do you have Wi-Fi?”   (Wi-Fiはありますか?)

” Which one is your ID?” (IDはどれですか?)

” Can I get the password?” (パスワード教えて下さい)

ショッピングモール

  • パシフィックセンター
  • ノードストローム
  • パークロイヤル
  • リッチモンドセンター
  • メトロポリス

バンクーバー国際空港

ホテル

フリーWi-Fiヘ繋げる方法(iphone)

まずは、バンクーバー滞在中は携帯の設定を「機内モード」のままにしておく必要があります。なぜなら、海外で日本の携帯を使用しなくてもメールや画像などの受信をするだけで高額請求になる場合があるからです。

それらを防止するには、バンクーバー滞在中そして日本に到着するまでは「機内モード」にしておきます。日本に帰国し、飛行機が到着してから機内モードを解除します。

旅行中に受信したメールなどは、日本に到着してから機内モードを解除したと同時に一気に受信します。

機内モードの設定のまま、Wi-Fiの設定を「オン」にします。

Wi-Fi の設定を「オン」にすると、「ネットワークを選択…」の下にいくつかのアルファベットと数字が組み合わさった「ID」が並んでいます。

ロックキーが表示されているものは、パスワード入力が必要です。

2段目と6段目のように、「フリーWi-Fi」 の ID は ロック記号がないものです。

ロック記号が表示されていない ID を選択すると、Wi-Fi に繋がります。(ロック記号がないIDでも繋がらないものもあります)

カフェで教えて貰った IDの場合は、そのIDを選択しパスワードを入力します。

フリーWi-Fiの注意点!

フリーWi-Fiは、ネットが無料で使えて嬉しいですが、フリーWi-Fi はセキュリティーが保証されていません

個人情報などがどこで悪質な人に盗まれるか分からない為、100%信用しきるのは危険です。そのことを把握したうえで利用し、調べたいことだけを調べて長時間むやみに使いまくるなどは控えましょう。

私は、約6年間カナダ バンクーバーに住みいつもフリーWi-Fiを使っていますが、今のところ問題はありません。

しかし、心配な方は日本からポケットWi-Fiルーターをレンタルし、海外旅行へ持っていくことが出来るので、セキュリティー面で心配はありません。

まとめ

カナダ バンクーバー旅行でフリーWi-Fiを上手に活用し、観光を楽しんで下さい!セキュリティが不安な方は、日本からポケットWi-Fiをレンタルし持参しましょう。

▼合わせて読みたい関連記事

カナダ バンクーバー旅行の費用

カナダ バンクーバー旅行のベストシーズン!世界中の観光客に人気の魅力

カナダ旅行に必要な持ち物リスト

海外旅行カナダ バンクーバー国際空港への入国とアクセス方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする