海外生活へ日本から炊飯器やヘアドライヤーなどの電化製品を持って行くには変圧器も一緒に?!

海外生活でも日本食が食べたい!作りたい!

そこで、日本人としてやっぱり重要なのが「ご飯」ですよね?ご飯を炊くのは炊飯器、もしくは食にこだわり土鍋を海外で使用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

土鍋は、ただ海外へ持って行くだけですが炊飯器は何かと頭を悩ませます。それは、日本と海外の電圧の違い。日本から炊飯器を持って行くのなら「変圧器も必要?!」と悩みますよね?

炊飯器対応の変圧器は安くもないので悩みます。しかも重い… 他にもヘアドライヤーやヘアアイロン、シェーバーなど日本製の電化製品類の海外でも使用。

日本から電化製品を持参する時は、変圧器も必要なのでしょうか?

スポンサーリンク

海外へ日本から炊飯器を持って行く

やっぱり日本製の炊飯器は別格!!

お米の炊き方や炊き具合の違いが分かるのって日本人だけ?ではないのかと思うほどお米に対しての思いが強いように思います。

皆さん、「炊きたてのお米、好きですよね?」嫌いな方はいませんよね(笑)

あんなに美味しく炊ける炊飯器で炊かれたお米を食べ慣れていたら、海外生活でストレスに感じてしまうのも無理はありません。

「海外生活でも日本製の炊飯器でお米を炊けたら…」

と思いますよね。だったら日本から持って行きましょう!

海外生活で日本製の炊飯器が欲しいと思いながら先延ばしにしていましたが、ついに私も日本製の炊飯器でデビュー!

先延ばしにしていた理由はやっぱり、変圧器問題。調べればいいのですが様々な答えがあり「よく分からない…」と、どうしていいのか分かりませんでした。

というのも海外生活を始めた最初の頃にヘアドライヤーを日本から持参していました。半年くらいで帰国予定だったので海外での使用に何の問題もありませんでした。

日本の電圧は100Vですが、海外では120V~220Vと国によって異なります。

日本から持参したヘアドライヤーは日本製で100V、海外対応していない製品でした。その頃は電圧の違いなど知らなかったので普通に使用していました。

海外生活が長くなり1年半くらい経った頃、ヘアドライヤーからいきなり焦げ臭いにおいがし使えなくなりました。

「あれ?たった1年半で壊れる?!」

と思っていたら、その時のルームメイトが「電圧があってないからじゃない?」と教えてくれました。その時に初めて電圧の事を知りました。

海外旅行でも毎回ヘアドライヤーを持参して使っていましたが長くても1週間ほどだったので故障したことはありませんでした。

気に入っていたヘアドライヤーだったのでショックでしたが、このおかげで日本と海外の電圧の違いを知ることが出来ました。遅いですよね(笑)それから現地でヘアドライヤーを購入しました。

そしていよいよ炊飯器を日本から海外へ!

色々調べてみると「炊飯器と変圧器が必要」と言う意見と、「炊飯器だけしか持って行かなかった」と言う意見に分かれていました。

変圧器を一緒に持参した方のほとんどは、割と高額な炊飯器を購入した方でした。反対に割安の炊飯器を購入した方は変圧器は持って行かなかったと言う意見の様でした。

「ん~…」

「一体どっち?」

と、悩みましたがプロの意見も聞いてみようと思い、とりあえず日本の家電量販店へ行き炊飯器と変圧器に関して聞いてみたところ、ほとんどの家電量販店では炊飯器に対応した変圧器は取り扱っていないという事でした。

変圧器の取り扱いがないとは少し驚きはしましたが需要がないのでしょうか。取りあえず保留にし、更に色々調べて見ることに。

色々悩んだ結果、炊飯器を家電量販店で購入し変圧器はネットで購入しました。変圧器を別で購入しなくてもすでに海外の電圧に対応した炊飯器もネット販売されています。

色々と悩みましたが、一度ヘアドライヤーが壊れてしまった経験をしているので変圧器の購入を決めました。1度購入しておけば今後も使えるのでいいかな?と。

変圧器は思った以上に重いのと、お値段がそれなりにするという事に驚きました!

▼日章工業 変圧器 海外 普及型AC110V~127V→AC100V 1500W NDFシリーズ

これで安心!念願の海外生活でも日本製の炊飯器でご飯が炊ける!やっぱり違います!!美味しいし、お米はつやつや、次の日も固くなることなく美味しくいただけます!

日本から飛行機で海外へ炊飯器を持ち込む際は、預ける荷物に入れても機内に持ち込んでもどちらでもOKです!購入後、箱のまま機内に持ち込んでいる方も見かけます。

ヘアドライヤー、ヘアアイロン、シェア―バー

ヘアドライヤーはご説明した通り、電圧を無視して使用していたら1年半で壊れました。

しかし、電圧が違っても1週間や2週間など短期の海外旅行では壊れることなく、また問題なく使用が出来ます。

ヘアケア電化製品やシェーバーは、炊飯器対応の変圧器ではなくもう少しお手頃で販売されています。

また、海外で販売されているこれらの製品は悪くはなく良い製品もあります。日本で販売されている日本製品より割安だったりするので現地での購入で十分だと思います。

まとめ

慣れない場所での海外生活で想像以上に食のストレスを取り払ってくれる日本製の炊飯器は必須と言っても良いくらい。迷っている方はぜひ、海外生活で日本製の炊飯器のご利用をおすすめします!!

▼合わせて読みたい関連記事

日本へ一時帰国中に簡単免税でお特にお買い物!やり方は?レシートは?

海外生活Costco(コスコ)で必ず購入するおすすめのリピート商品

海外生活でも日本の商品頼り!海外でもやっぱり使ってしまう長年手放す事の出来ない愛用品

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする