海外旅行に対するその思い込みそろそろやめてみませんか?もっと気楽に!

「海外旅行」を想像してください。良い思い出のある方は「楽しい!」「綺麗な海」「ショッピング・グルメ」「世界遺産」などを想像されるでしょう。

またその逆で「こわい」「不安」「英語ができない」「ご飯が美味しくない」などネガティブなことを想像される方も。

海外旅行経験者もそうでない方も「海外旅行」に対するイメージは様々ですよね。どちらがいいとかわるとかではありません。海外旅行だけではなく人は何に対しても様々な想像を抱くものです。

経験した側からの意見、未経験側からの意見やそれが好きな側からの意見、嫌いな側からの意見でイメージも全く異なります。

しかし、これまでの想像が何かのきっかけで一転した経験はありませんか?

「あれ?想像してたのと違う?」

「イメージしてたのと真逆だった!」

など。あまりにも想像と違い過ぎて自分でも驚いた!!なんてことありますよね。「海外旅行」に対するイメージは実は「そうかもしれない」し「そうでないかもしれない」ということ。

その思い込みが邪魔をして「行きたいのに行けない」や「必要以上に怖がってしまっている」方も多いのではないでしょうか?その「海外旅行」の思い込みそろそやめてみませんか?

スポンサーリンク

英語が話せない…

「海外旅行に興味はあけど英語が話せない…」と思い込んではいませんか?

英語が話せなくても海外旅行へ行けます!行ってもいいんです!!実際に初めての海外旅行へ私は英語を話せないのに行きました(笑)そして空港で拘束されるという最悪の事態でも英語をはなせないまま。

詳しくはこちらの記事で紹介しています☟

初めての海外旅行で予想もしなかったあり得ない体験!

今では笑い話になりますが、英語を話せないのに海外旅行に行く人もいますし行ってもいいんです!

「英語を話せない人は海外旅行に行くべきではない」

「英語を話せないから海外旅行へは行けない」

なんて思い込みはもうやめてみませんか?私の家族や友人、母校の先生や周りの人は今でもそう思いこんでいるようです。

実際に母校を訪れた際、現役の学生に「海外に行きたいけど英語がはなせないから行けません」と言われ「誰にそれを言ってるの?」ですよね(笑)

今のあなたより英語が話せなかったのに海外旅行へ行ってしまった私に対して。逆にこちらの方が恥ずかしくなりました(笑)

しかし、私なりに2回目以降の海外旅行から普段使わない頭を使いました。旅行英語フレーズを丸覚えしたり、カンペを準備するなど準備をするようになりましたがすぐに英語が話せるわけもありません。

何度も英語を話せないまま海外旅行へ行きました。ところが、私だけではなかったのです!!他の国からの旅行者も英語が話せないのに海外旅行してることにを知りました。

ドイツ語しか話せない、フランス語しか話せない、スイス語しか話せない、ブラジル語しか話せない、中国語しか話せない、各国の旅行者が楽しく旅行を楽しんでいるではありませんか!!

彼らは英語が話せない事を恥じることもなく「私は英語が話せないの」と堂々とした様子。「かっこいい!」とまで思ったくらいです。

英語が話せなくて海外旅行でトラブルや困るのを避けたいなら旅行英語のカンペを作成すればいい!旅行英語フレーズの本を買ってそのまま旅行に持って行けばいい!

そしてカンペや本を見て伝えればいい!どう発音していいのか分からないならそのままそれを見せて読んでもらえばいい!ぶっちゃけ相手に思いが伝わればなんだっていいんです。

最悪ジェスチャーでも伝わります!最近はスマートフォンの普及により英語に関する便利なアプリも沢山あります。

そろそろ海外旅行の英語に関する思い込みやめてみませんか!

治安が悪い

「海外旅行」のイメージで最も心配されがちな海外の治安問題。日本で海外の治安が不安視されるニュースなどを見ると私の友人はいつも連絡をくれます。

しかし、その事件は私が住む場所から飛行機で約4時間、時差も約3時間あるほどの場所。例えば日本でも北海道で凶悪事件が起こったとしても和歌山に住む友人に「大丈夫?!」とは連絡しませんよね?

それは他の国も同じ。メディアで治安を脅すニュースを見たからと言ってその国全体の治安が、そして海外全体の治安が悪いわけではありません。

その場所で毎日普通に楽しく暮らしている人々もいます。日本でも私たちが知り得ない犯罪が毎日多発しています。世界から治安が良いとは言われているものの日本でも犯罪は起こっています。

ただ治安が悪い場所もあるのは事実です。しかし「海外=治安が悪い」ではなく、近寄ってはいけない場所は情報として必ず紹介されています。

それらの場所には行かない!近寄らない!と自分で予防することができます。そろそろ「海外旅行=治安が悪い」と言う思い込みはやめませんか!

海外旅行だから…

海外旅行へ持っていく持ち物の準備。あれもこれもとスーツケースや持っていくバッグの中に詰め込み過ぎてはいませんか?

「本当にその持ち物必要?」

よくやりがちなのが「これ便利!」「海外旅行にこれは必要!」とあれもこれも詰め込み過ぎてしまい「実際には旅行中に使う事がなかった」というアイテムいくつありますか?

海外旅行であったら便利!は便利かもしれませんが使用頻度はどれくらいあるのでしょうか。「海外旅行用に購入したけど1度しか使っていない…」「買ってみたけど旅行中意外は意外に邪魔?」などと思った事はありませんか?

海外旅行の荷造りのコツはどれだけ「マイナスするか」だと思います。

海外旅行だからと言っても気合を入れすぎる必要はなく普段の生活で使っている家にある荷物を必要なものだけをそのまま旅行に持っていくだけで十分!

最悪何も持って行かなくても現地で購入する事もできます!荷物だらけの旅行は持ち運びが大変だけではなく帰りの荷造りも大変!帰りはお土産なども増え荷物はさらにパンパン状態!

そろそろ「海外旅行だから…」という思いこみをやめて、「海外旅行だから持て行く」から「海外旅行だから持って行かない」にシフトしてみてはいかがでしょうか!

海外旅行の荷物が少なければ旅行がスムーズに!!持って行かない!持たない!シンプルに安全に!!

歳だからもう無理だね

「歳だからもう無理」は海外旅行だけではなく人生の全ての事に当てはまるのではないでしょうか。日本では何かにつけて「歳だから…」という言葉をよく耳にします。

海外旅行へ行ってみ見ると各国からの年配の旅行者が多いことに驚きます。年配のご夫婦や年配の団体旅行者など、私も負けてられなと言う思いになります(笑)

食文化の違いはあるもののファーストフード店でハンバーガーを食べている年配の方。観光中に長い距離を歩く年配の旅行者たち。

「歳だからもう無理」なんてうそ!

日本では30,40歳を超えれば歳とか誰が言い出したのでしょうか?海外では30歳や40歳はまだまだひよっこ。は、言い過ぎかもしれません(笑)がまだまだ若いとされる年齢です。

何事も挑戦する事に年齢は関係がないようです!

実際に私の母親は62歳ですが自分のことをまだ若いと思っています。自営業をしているのですが日・祝休みと言いながらもじっとしていられないのか実質7の日間働いています。

毎週テニスの練習に行き試合にも出て全国大会にも参加。月に何度かゴルフのコースにまで出るという人生を過ごしています。どこにそんな体力があるのか(笑)私も負けてられません!

海外旅行に限らず「歳だから無理」という思い込みはもうやめませんか!

まとめ

知らず知らずのうちに頭の中で膨れ上がった「海外旅行」に対する思い込み。実はそうでなかったという事も。そろそろその思い込みをやめてみませんか!「人生もっと気楽に!」が一番楽しいのかもしれません!

海外旅行でのあれこれやめてみた!それ本当に自分に必要?

インド旅行写真図鑑!旅行しない理由はない人生で一度は訪れたいインド!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする