インド旅行をしてみての感想まとめ 人生で1度は訪れたい初めてのインド旅行での衝撃!

人生で一度は行ってみたい海外旅行先の一つと言えば、インドではないでしょうか?インド旅行に関しては、様々な人から聞いた事や何かで読んだことがありますよね?

海外旅行好きの私も、一度は行ってみたいと思っていた場所です。旅行雑誌やネットで見たり聞いたりして、自分の中でのインドの印象が出来上っていました。まだインドに行かれたことがない方もそうではありませんか?

実際にはインドへ行ってみない事には分かりません。自分が想像したインドなのか、それとも全く違うのか?興味がありますよね!

そして、インド旅行に行きました。実際には私が想像していた以上の衝撃でした。

スポンサーリンク

初めてのインド旅行

インド旅行に行くきっかけは、インド出身の友人が実家を訪れるという事だったので私も一緒に行かせてもらえる事になりました。

友人は、インドでもネパールとブータンに挟まれた東北インド地方の出身です。皆さんご存知の紅茶で有名なアッサムやダージリンの近くにある「シッキム州 ガントク」という所です。

今までに聞いた事もない地方です。シッキムは1970年代まで独立した王国でしたが、1975年に正式にインドになりました。ですが、今でもシッキムへはインドビザとは別に「入域許可証」が必要な地域です。

シッキムへ行くには、ニューデリーやコルカタなど経由していきます。私たちは、ニューデリーからシッキム最寄りの空港、シリグリにあるバッグドグラ空港(Bagdogra)に到着し、車で4時間かけてシッキム州のガントクまで行きました。

2018年10月に、シッキム州に「パキョン空港」が開港されたので交通のアクセスがたいへん便利になりました。

シッキム州ガントク旅行については、こちらの記事で紹介しています。

シッキム州ガントク旅行に行ったら想像していたインドではなかった!

インド旅行の感想は想像以上の衝撃!

まず初めてのインドは、シリグリでした。見るものすべてが自分が想像していたインドを上回る衝撃でした!!

1.道路に牛やヤギ

シリグリからシッキムまでは車だったのですが、車が走る道路に牛やヤギが住んでいる衝撃でした。牛が道路を普通にあるいていたり、リラックスしていたり寝ていました。

逆走している牛もいて、驚きの連続でした!!さらに驚いたのが、ドライバーも人々もそれが当たり前という事でした。牛が道を横切ろうしたら車は止まり、牛に道を譲っています。

牛がゆっくり道路を歩いていると、車もその後をゆっくり走行します。牛と人が共存している衝撃と感動でした。

スポンサーリンク

2.補正されていない道路

日本では、補正されていない道路をほとんど見ることがありません。田舎出身の私ですが、私の田舎でも道路は補正されています。

ニューデリーは、やはり大きな都市なので道路の補正がされている方です。シリグリやシッキム州もそうでしたが、補正されていない道路が永遠と続きます。

友人聞くと政治がらみ。。。ポケットマネー問題。。。など、なかなか道路が補正されないと言う事でした。国には国の問題があるんもんだなと思いました。

シッキム州では、道路を補正しているのをいくつか見かけましたが作業着などを着用しておらず、マスクやヘルメットもありません!マスクは、ハンカチを口に巻いているだけの衝撃!!

シャベル車などは一切見かけず、重たい石を手で運んでいる始末。。。「大丈夫?!」と思ましたが、友人に寄ればこれが現状と言う事でした。

3.ごみの山

衝撃も衝撃!!ごみの山!!道路の脇には、ごみの山が続いていて途切れる事はありません。日本に観光に訪れる外国人が、口をそろえて「日本はきれい!」と言う意味が分かったような気がしました。

友人がインドのごみ問題は深刻。。。と言っていましたが、普通に人々が道にごみを捨てているとのことでした。免疫力が強くなると言っていましたが、確かに病気には強くなりそうですがまずこのごみの山を何とかしたいと思いますよね。

マーケットのすぐ隣には、ごみの山の衝撃。

4.川で洗濯、洗髪

シリグリからシッキムへの道中、川の上の橋を渡りましたが川では人々が洗濯をしていたり、洗髪や体を洗っていました。

スポンサーリンク

5.バイクに2人、3人、4人?!

普通の50ccのバイクに2人乗り3人乗りは当たり前!まさかの4人で乗っている家族もいました!インドってルールなんてものはないの?!と実感しました。

日本はルールだらけで、それを守っている日本人って。。。カルチャーショックですよね。

車も2車線の道路は3車線走行、3車線は4車線走行している衝撃にクラクションのおオンパレードですごいことになっていました。

突っ込みどころ満載過ぎて、「待てばいいのに。。。」「鳴らすなら道を譲ればいいのに。。。」と一人で心の中で突っ込みまくりでした。(笑)

6.マーケット

マーケットの衝撃!全てが地べたに置かれて売られている食材たちに衝撃でした。朝市では、販売側はまずコンクリートをほうきではいてから食材を並べ始めます。

魚さえもその場でカットされ売られています。プラスチック容器で販売されている日本とは違い、環境に優しいが。。。と思ってしまうマーケットでした。新鮮ですよね!

こちら、ショウガの山なんです!!ショウガの山に衝撃!!この山から買っている人もいました。

8.人によって料金が異なる?!

インドでの移動手段はたくさんあります。タクシーのように自転車や椅子を取り付けたバイクなど様々です。しかも、人や乗り物によって料金が異なります。

見た目は同じようなのに行きと帰りで旅行金が違ったり、料金を上乗せしてくるので注意!!

9.床屋

道路沿いにある床屋さん。ヘアカット、髭剃り、マッサージでたったの20~30ルピー(約30~40円)の衝撃!!

友人がお父さんにカットに行ってこい!と言われ美容師経験あった私も興味津々で付いていきました。青空サロンのようなドアがない床屋さん。

破格の値段なのに、カットも髭剃りもマッサージまで丁寧!!さらに、友人はマッサージの延長をしてとてつもなく長いマッサージでした。

日本のサロンにも負けないサービスでこの値段は安すぎる!!のか日本が高すぎるのか。。。施術中は誰も一切話していませんでした。(笑)

写真を撮っている私を不思議そうに見ながらカットされていました。

デリーでも発見!「青空サロン」

公園の広場のような所で、辺りは日が暮れて暗くなってきていました。「見えてるの??」と思うくらいでしたが、普通にカットされていました。

10.フリーフード

インド旅行中には、インドの祭典があったので様々な場所でイベントが行われていました。そこでは、フリーフードが配られていたのですごい人だかりでした。

インドでは、お寺などでは基本的に食事が無料で提供されています。私が住むカナダ バンクーバーのインドの寺院でも無料で食事が提供されています。

11.トイレ分けが写真

デリーの空港に着いてトイレに行ったらビックリ!!男女のサインが人物の写真の衝撃!とても分かりやすいですが。(笑)

12.寺院参拝は裸足

寺院や修道院への参拝は、靴を脱いで裸足入ります。肌の露出も禁じられているため、肌を隠すための布が貸し出されています。「何て用意が良いの!?」と思いました。

夏シーズンは、地面がかなり厚くなっているので靴下持参がおすすめです。靴下を履いていても暑い時があります。

インド旅行でお寺へ参拝する時のマナーとは? 

インド旅行で困ったこと

ほこりがすごい

道路が補正されていない所では、砂埃がすごくて目や鼻、喉がやられます。ハンカチを常に持っていると便利です。

物売り

歩いているだけでお店の呼び込み物売りがすごいです!!断ると余計に行ってくるので、無視するのが一番いいそうです。

料金吹っかけ

寺院などの近くでは、自転車などの勧誘が多くツアーを提案してくる運転手もいます。料金を倍以上に吹っかけてくる人もいるので注意が必要です。

料金が最初に行っていた料金と違い凄いて、運転手と私は喧嘩になりそうになりました。黙っていては、相手の言う通りになってしまうので自分の意見は強く伝える必要があります。

まとめ

初めてのインド旅行の衝撃を紹介しました。インドは自分が想像していた以上のインドで、日本で生まれ育ったならではのインドの衝撃ではあると思いますが、またインドには行きたいです。衝撃や困ったことはありましたが、インドの人々はとても愛情深く家族を大切にします。

インドではルールはないようなものですが、日本人のおもてなしと同じく人に対してのサービス精神は、日本人と似ている感じがしました。まだインド未経験の方はぜひ、おすすめの海外旅行先です!

合わせて読みたい

◆ 初めてのインド旅行へ!準備と行くまでの流れまとめ

◆ インド旅行にどんな格好で行く?インド旅行の服装

◆ インド旅行に必要な持ち物リスト

◆ インド旅行アーユルヴェーダ、ナチュラルコスメ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする