インド旅行に必要な持ち物・必需品リスト あると便利なものまで旅行準備の参考に!!

海外旅行でインドに行く時に、何を持っていくべきか悩んではいませんか?そんな方に、インド旅行に必要な持ち物を紹介します。

スポンサーリンク

インド旅行での必需品

パスポートと往復航空券

海外旅行でどこに行くにも必要なのは、有効なパスポートと往復航空券です。これだけは絶対に忘れることが出来ません。

旅行に行く前は、パスポートの有効期限を必ずチェックしておきましょう。

6か月未満のパスポートは、インド渡航前に切り替えが必要です。

初めての海外旅行!必ず必要なパスポートの取り方

インドの渡航条件に、「パスポートの有効期限が6か月以上あること」が含まれます。

ビザ

インドに行くには、ビザが必要です。

【ビザの申請方法】

  • 東京インド大使館もしくは、大阪インド領事館で「ビザ」の申請(¥1,890)
  • オンラインで 「eビザ」の申請(US$25)
  • 現地の空港で「ァライバルビザ」の申請(2,000ルピー + 手数料)

インド大使館・領事館で申請すると、ビザが発行されるまでパスポートを預けないといけません。90日~180日まで有効なので長期で行かれる方にはおすすめです。

オンラインで申請出来る eビザは、大使館に行って申請するよりビザの発行が速いです。eビザは60日間有効です。

アライバルビザは、現地に到着してから空港で発行されるビザで1か月間有効です。このビザ取得方法は、現地での申請が混み合っている恐れがあるので、あまりおすすめではありません。

おすすめはインド領事館・大使館に行く必要がなく、オンラインで事前に取得できるeビザです。

海外旅行保険

インドに行く場合は、海外旅行保険の加入をおすすめします。

自分で欲しい項目だけを選べる海外旅行保険が、オンラインで加入できます。日本の空港内でも、保険会社デスクが空港内にあるので、出発直前に加入も出来ます。

海外旅行保険に入らない人がいるとは知りませんでした

日本円・ルピー(Rs)

インドルピーは、日本で両替が出来ません。空港の両替スタッフにインドで日本円が両替出来るか確かではないので、アメリカドルは安心という事でアメリカドルの両替を勧められました。しかし、インドで日本円をインドルピーへの両替が出来る場所はあります。

Rs1=約1.58円(2018年8月現在)

【硬貨】

  • 1ルピー
  • 2ルピー
  • 5ルピー
  • 10ルピー

【紙幣】

  • 5ルピー
  • 10ルピー
  • 20ルピー
  • 50ルピー
  • 100ルピー
  • 200ルピー
  • 500ルピー
  • 2000ルピー

旅行で残った硬貨は、日本円に戻すことが出来ません。極力残らないように使ってしまうか、今後使う予定がない場合は、空港内にある寄付ボックスに入れる事も出来ます。

クレジットカード

インドでは、クレジットカードを使えるお店もたくさんあります。しかし、場所によっては、現金でしか払えない所も多いです。VISAMasterカードは、世界中どこでも使えるのでおすすめです。

スマートフォン

スマートフォンのマップは、どの電車やバスに乗ればいいかの案内も出るので、海外旅行ではとっても便利です。

日本から飛行機の機内に乗ったら、携帯を機内モードに切り替えます。インドに着いて現地滞在中も、機内モードのままにしておいてください。

機内モードにしていないと、日本から送信される画像などの受信料が高額になる恐れがありますので、現地では必ず機内モードにしておき、Wifi 以外は使用しない事です。

日本に到着して飛行機から降りたら、機内モードをオフにして大丈夫です。機内モードの使用は海外旅行どの国でもです。あと、携帯の充電器も忘れないように!

スマートフォンなどの携帯電話も、窃盗の的になるので使用には十分気をつけて下さい。

海外旅行で便利!海外で使えるフリーWi-Fi の接続方法

スポンサーリンク

インド旅行に必要な持ち物リスト(衣類編)

下着
日数分ですが、荷物を徹底的に減らしたい方は何枚かにして、毎日洗濯してもいいと思います。

日数分の洋服
インドの夏はすごく暑いので、現地で綿や麻素材の涼しい洋服が激安で購入出来ます。日本からは、たくさん持っていかなくても現地でインドスタイルの洋服を購入し、それを着て旅行を楽しむこともおすすめです!

余分に羽織れる物
日差しが強いので、そんな時に日よけで羽織れる薄手のは織物があると便利です。
私は、いつも海外旅行に持っていくデニム素材のシャツです。
暑くても素材が暑苦しくないので、とっても使えます!他にも、着るだけではなく首に巻いて日よけにしたりと使い方は色々出来て便利な1枚です。
外はすごく暑いのに、ホテルやレストラン内は冷房が効きすぎていることもあるので、は織物は要ります。

歩きやすい靴

歩いても疲れにくい、普段履き慣れた靴をおすすめします。インド旅行では、砂埃などで足元が結構汚れるので汚れても気にならない靴がおすすめです。

意外に使えるのは、アウトドアサンダルです。底が普通のサンダルに比べ厚く、ゴムで出来ているので観光でたくさん歩いても疲れにくいです。靴下を履いても履けるので、とっても便利な1足です!

インド旅行へ履いて行く靴はどれ?海外旅行で便利な靴

ビーチサンダル

観光用に履くサンダルとは別に、バスルームで使用するように持っていかれる事をおすすめします。良いホテルに宿泊される場合は必要ありませんが、格安ホテルなどのバスルームはバス

タブがなくシャワー、トイレ、洗面台と一緒になっているのでシャワーのを浴びた後はバスルームが水浸しです。ビーチサンダルはバスルーム用です。

水着
インドは暑いので、汗をかきます。汗で濡れても乾くのが早い水着は、快適で下着代わりに使えるおすすめアイテムです!
1日の終わりに、ホテルで手洗いしておけば次の朝には乾いているので使いまわしも出来ます。

Tシャツ
何枚かTシャツを余分に持っていっておくと、何かあった時にとっても便利です。意外と気候が寒かったり、パジャマに使用したりなど、結構使えます。帰りの割れ物を包んだりするのにも大変便利です。

帽子
日よけに帽子は必須です!キャップや麦わら帽子など、何でも構いません。インドは、とにかく暑いです。

靴下
冷え性の方は靴下は必要です。インドを歩いていると、足元が汚れるので何枚か持っていきましょう。

旅行で便利な長く使えるスーツケースのおすすめ!

スポンサーリンク

インド旅行に必要な持ち物リスト(グッズ編)

サングラス
日差しがきつい日は、サングラスがあると便利です。

日焼け止め
インドの日差しはきついので、日焼け止めが要ります。

カメラ
最近では、スマートフォンにもカメラ機能が付いているのでもっと良い写真を撮りたいという方はお持ちください。

コンセントプラグ、変圧器
インドは、Cタイプのコンセント形状です。Cタイプのコンセントプラグが必要です。また電圧は、日本の100Vに対してインドでは、220V~240Vと異なります。
変圧器が必要です。

ガイドブック
旅をスムーズにするには、ガイドブックがあると大変便利です。最近はスマートフォンにも情報などを入力できるので便利です。

旅行で役立つガイドブックの見方から使い方

お土産リスト
こちらも、旅をスムーズにする為にお土産リスを事前に作成しておくと買い物が楽です。お土産を買う時間がない時は、リストがあると大変便利です。

日用品
シャンプー、リンスや洗顔料や歯磨き類などです。準備が面倒な方や、荷物を減らしたい方は現地でも購入出来ます。

インドでは、100%ナチュラル原料の歯磨き粉やシャンプーなどが販売されています。しかも、激安なので日本から持っていかずに現地の物を使ってもいいかもしれません!行きの荷物が減ります。

海外旅行でシャンプーやコンディショナーはどうする?持ち物リストに入れる

薬類

インドのお水には要注意です!必ず、販売されているペットボトルのお水を飲みましょう。普段お腹を壊したり、体調不良になった時にいつも飲み慣れている薬類を持参しましょう。

海外旅行に身軽で行きたい派?持っていく荷物で正直いらないもの

インド旅行に必要な持ち物(女性編)

コスメティック

普段から使用している、化粧水やメイク用品。旅行先ではメイクする必要はありませんが、日焼け止めは必ず使用されることをおすすめします。日焼け後の乾燥に保湿の出来る化粧品をお持ちください。日本と違い乾燥します。

インドには、100%ナチュラル商品なのに激安インドコスメがたくさんあります。効果も抜群なので、おすすめです。

ヘアアイロン/ヘアドライヤー

ほとんどのホテルにドライヤーが完備されていますが、必要であれば持参しましょう。

スキニー

旅行先の室内は意外に冷えることがあるので、冷え性の方には1枚あるだけで非常に便利なアイテムです。スカートの中に履いたり寒さ対策になります。夜、ホテルで寒くて眠れない時や飛行機の中で寒い時にも使えます。

ホッカイロ

こちらも、冷え性の方や突然生理が来てしまったときなどに便利です。また、生理用品も準備しておきましょう。現地でも購入出来ます。

女性必見!海外旅行に持っていく持ち物、便利グッズおすすめ

インド旅行であると便利なアイテム

ストール

インドで寺院などに観光する場合、頭を隠せるショールや、薄手のは織物を持っていきましょう。男性は短パンで中に入れません。

寺院によっては短パンの上からはけるパンツを、貸し出している所もありますが使いまわしなので、嫌な方は長めのパンツを持参されることをおすすめします。

海外旅行インドにどんな格好で行く?インド旅行の服装

ウォーターボトル
ボトルにホテルで水を入れてもらい、観光に持ち歩くと水分をいつでも補給できて便利です。

ジップロック
ジップロックは、海外旅行でも大変活躍するアイテムです。観光途中で濡れたものを入れたり、余ったお菓子などを入れたり、または日本円とアメリカドルを入れ、分けたり色々活用でき大変便利です。

まとめ

インドでは、宗教の関係で肌の露出がNGの場所も多いです。ストールや上から羽織れる物は必需品です。インドでは、何もかもが激安なので忘れ物があっても購入できるので安心してください!

▼合わせて読みたい関連記事

海外旅行でインドへ!準備と行くまでの流れまとめ

インド旅行のおすすめ観光地、インド人も知らない?!ガントック・シッキム旅行

インド旅行でお寺へ参拝する時のマナーとは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする