インド旅行でお寺へ参拝する時のマナーとは?

インドへの旅行は、文化や生活スタイルが日本と比べあまりにも違いすぎる国です。インドに関しては、旅行雑誌やテレビなどのメディアで得る情報からの想像でしたが、初めてのインド旅行は、想像以上の衝撃でした。

そんなインド観光で絶対に外せないのが、様々な信仰のある寺院や修道院です。日本には、仏教や神道がありますが他の宗教に比べ厳格ではありません。

そんな私たちがインドを訪れ、観光で参拝する際に「どうしたいいの?」と悩んでしまいませんか?

私もインドで寺院に参拝するときは「え?」「え?」「どうするの?!」とあたふたしていました。

そんなインド旅行から得た、インド寺院を参拝する時の注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

インド観光で外せない寺院や修道院

インドには、様々な信仰心がある国です。

仏教

ヒンドゥー教

シク教

イスラム教

バラモン教

ジャイナ教

キリスト教

ゾロアスター教

それぞれの信仰によって考えは異なりますが、「全ての神は同じ」という信仰心の方もいます。インドにはこのように多くの信仰心があり、それぞれの寺院へは誰でも参拝出来ます。

またインドでは、無料で食べ物を提供している寺院もあります。

スポンサーリンク

参拝時のマナー

インドで信仰されている宗教では、「女性は肌や髪の毛を見せてはいけない」や「髪の毛を切らない」など様々な教えがあります。

肌の露出を控える

寺院へは、女性や男性でも肌の露出が少ない格好で参拝する必要があります。ですが、インドは気候が暑いため男性のロングパンツでの観光は、非常に大変です。女性も暑いインドでの服装は、肌の露出が多くなります。

短パンで観光しても観光客が多く訪れる寺院などには、観光者用に肌を隠す布の貸し出されています。貸し出されている布は使いまわしなので、それを使うのはちょっと。。。と思われる方は、自身で羽織物やストールを持参されることをおすすめします。

靴を脱ぐ

神を崇める寺院や修道院は、神聖な場所であるため土足では参拝できません。インドで大変有名で世界中から観光客が集まる大人気の観光スポット「タージ・マハル」では、靴の上から履けるカバーが配布されています。

インドに住まれている方は、カバーを使用せず靴を脱いで裸足で参拝されています。

靴を脱いで参拝する場合は、地面が非常に暑くなっているので靴下を履いて参拝されることをおすすめします。靴下なしで裸足では、地面が暑過ぎて歩けません。

賽銭は気持ちで

日本のようにお賽銭箱のような箱が置いてある寺院と、特に設けていない所もあります。また、必須ではないので気持ちで良いと思います。

インドの方は、自身の全てのネガティブを払うためにお金を額に当ててから賽銭します。そして、床に腰を下ろして額が床に着くほど深く頭を下げます。頭を下げた時に今までの感謝であったり、御祈りや御願い事をします。

ヒンドゥー教や仏教の寺院では、花や菓子などを事前に購入しお供えします。ヒンドゥー教の寺院や修道院では、お供えした後に祭司や修道僧がお祈りをして額に赤い粉を、そして手首に幸運を運ぶミサンガを付けてくれます。

額に赤の粉を付けるのは、ヒンドゥー教の神の1人である「シバ」の第3の目の意味や、第6チャクラの「アージ二ャー」の位置だそうです。

御祈りのエリア内では写真は厳禁

全ての寺院内のお祈りエリアでは、神聖な場所であるため写真撮影は禁止されています。御祈りエリア以外の外での撮影は出来ます。

インドでは、この神聖な寺院内で「一緒に写真を撮って下さい」と言ってくる人がいますが、絶対に一緒に写真を撮らないでください。悪質なサイトに勝手に使用されるそうなので、十分に気をつけて下さい!

まとめ

インドでは様々な信仰心があるので、日本のお寺の参拝方法とは異なります。参拝のマナーを知っておくと、気持ちよくインド旅行を楽しめます。また、インド伝統のサリーを着て参拝できるオプションなどもあるのでぜひおすすめです!

合わせて読みたい

■ 初めてのインド旅行へ!準備と行くまでの流れまとめ

■ インド旅行に必要な持ち物リスト

■ インド旅行にどんな格好で行く?インド旅行の服装

■ インド旅行で危険ではない穴場!女性でも安心シッキム ガントク旅行

■ インド旅行のお土産アーユルヴェーダ、ナチュラル・インドコスメ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする