海外一人旅におすすめのバンクーバー旅行!!カナダ

海外旅行でカナダに行きたい!と思った事はありますか?

正直あまりないですよね。私もカナダに行くまでは、海外旅行の行きたいリストには全く入ることも考えたこともありませんでした。(笑)

そんな、日本からの海外旅行で正直人気があるとは言えないカナダですが、カナダを知れば意外と気になるところがたくさんあります。

今回は、一人旅でも安心、楽しめるカナダ・バンクーバーを紹介します。

スポンサーリンク

バンクーバー基本情報

カナダの西部に位置し、カナダにある10の州のうちの1つBC州(ブリティッシュコロンビア州)にバンクーバーがあります。先住民の時代から現在に至るまで、北米でも人口密度の高い地域です。

カナダを知ろう!カナダの首都はどこ?10州と3区域

時差

日本とバンクーバーの時差は、夏は16時間、冬は17時間で日本より半日以上遅いです。夏はサマータイムを使用しており、3月の中頃~11月の初めまで夏と冬で1時間違います。

夏は朝6時前に日が昇り、長い時で夜の10時前に日が沈むので1日がとっても長く感じます。夜の9時を越えてもまだ明るいので、気が付けばこんな時間?!と驚くときもあります!

サマータイムデイライト・セービング・タイム 日光節約時間)とは、1年のうち夏を中心とする時期に太陽が出ている時間帯を有効に利用する目的で、標準時を1時間進める制度

(ウィキペディア)

バンクーバーの気候

バンクーバーの気温は、寒すぎず暑すぎない気温なのでカナダの他の場所に比べると過ごし易い方です。冬は稀にマイナスになる時もありますが、平均気温は0℃~4℃です。

夏は、最近は温暖化の影響か30℃になることもありますが、平均温度は22℃~25℃でとっても過ごし易いです。

そして、バンクーバーは「レインクーバー」と呼ばれるほど、年間を通して雨が非常に多いところです。ここ何年かは、その雨が少なく晴れの日が続いています。

雨が多いと言っても、日本のようなザーザーと沢山降る雨はほとんどなく、小雨や霧雨が多く1日中降っているという事も滅多にありません。

朝降っていたら昼過ぎにぱったりと上がったり、夕方から夜にかけて降るといった感じです。だから、バンクーバーに住む人々は雨が降っていても傘を差しません。

まれに土砂降りの時間帯があっても傘を差さないので、女性やビジネスマンがずぶ濡れになっていますが、誰も気にしていません。

そのためか、バンクーバーでは風を引いている人が多いように思います。それでも、傘を差しません。

カナダ・バンクーバー 9月の天気と服装おすすめ

バンクーバーの通貨

C$1=約85円(2018年7月現在)

【硬貨】

  • 5セント
  • 10セント
  • 25セント
  • 1ドル
  • 2ドル
【紙幣】

  • 5ドル
  • 10ドル
  • 20ドル
  • 50ドル
  • 100ドル

カナダでは1セントの使用が、2013年に廃止されました。現金で支払いの際に、このセントの切り上げ、切り捨てをしての支払いになります。

バンクーバーの税金

カナダでは州によって税率が異なります。バンクーバーは、BC州の税率7%とバンクーバーの税率の5%と合計12%の税金が加算されます。

しかし、食品や処方箋、書籍や子供服などは5%のみと物やサービスによって細かく分けられています。お酒にかかる税金は高額で、15%もかかります。

カナダ・バンクーバー物価事情!

バンクーバーのチップ事情

カナダにはチップ制度があります。世界でも1位のサービスを誇る日本ではチップ制度がないので払い方が分かりにくいと思いますが、あくまで気持ちなので良いサービスと感じたらより支払い、良いサービスと感じなければ少額で良いと思います。

時々、サービスが良くないのにチップを払わなかったら払えと催促されるお店もありますので気をつけて下さい。

レストランやバー:10~15%タクシー:10~15%

ホテル:1ドル~2ドル(荷物を運んだり、ベッドメイキングなどのサービス)

バンクーバーのお酒とたばこ事情

カナダでの、飲酒は19歳からで、お酒に関してかなり厳しいルールがあります。

公共の場では飲むことが一切出来ない為、スーパーマーケットでも販売されていません。

アルコール販売専門店でしか購入する事が出来ません。購入する際も、年齢を証明する身分証明書の提示が必要です。お店によっては、2枚の身分証明書の提示を求められます。

日本人は比較的、若く見られがちなので30歳や40歳を超えていても、身分証明書の提示を求められます。販売側への罰則が大変い厳しいからです。

たばこを吸える場所も本当に少ないです。店内では、どこも吸う事が出来ません。レストランでも吸えません。

屋外で吸えますが、禁止されている場所も多いのでたばこを吸われる際は充分気をつけましょう。

バンクーバー国際空港内も、たばこを吸える場所は何処にもありません。

カナダ・バンクーバー国際空港を知ろう!旅行前にチェック!

スポンサーリンク

一人旅でも楽しめるバンクーバー観光

バンクーバーは、エリア別でお店や雰囲気が全く異なります。ショッピングやハイキングなどの観光スポットは、エリア別に見ていくと分かりやすいです!

知っているとバンクーバー観光がスムーズになるエリア別ガイド

  • Down Town(ダウンタウン)
  • Gastown(ガスタウン(ギャスタウン)
  • Yaletown(イエルタウン)
  • Main(メイン)
  • Granvill Island (グランビル アイランド)
  • Kitsilano(キツラノ)
  • North Vancouver(ノースバンクーバー)
  • Whistler (ウィスラー)

バンクーバー発祥の地「ガスタウン」

ガスタウンはバンクーバー発祥の地で、レンガ造りの建物がそのまま残されているレトロでとっても雰囲気があるおしゃれなエリアです。

こちらには、15分に1回音と共に蒸気を吐くバンクーバーのランドマーク「蒸気時計」には、蒸気の瞬間を写真に収めようといつも観光客でにぎわっています。

観光スポットのなかでもおしゃれなエリア ガスタウン

ガスタウンには、おしゃれなお店やレストラン、などが立ち並んでいて、バンクーバーのおしゃれさんがこのエリアに集まっています。

おしゃれなカフェもたくさんあるので、カフェ巡りをしても楽しめます!カフェ好きにおすすめです!

バンクーバーで大人気の観光スポット「グランビルアイランド」

ダウンタウンからバス#050で約15分のグランビルアイランドは、お土産物や食材、ビール工場、シーフードレストラン、アート作品店やクラフトショップなど様々なお店が集まるエリアです。

観光客や現地で暮らす人々で、毎日賑わっている大人気スポットです。

バンクーバー 観光のおすすめスポット、大人気グランビル・アイランド

ここグランビルアイランドからは、カヌーレンタルやホエールウォッチング、海賊船で周遊できるアクティビティも充実しています。

そして、グランビルアイランドでは新鮮な「ロブスター」を丸ごと食べることが出来ます!!生きたロブスターをその場で調理してくれ、約30分待つと出来上がり美味しくいただけます!

カナダ・バンクーバー、グランビル・アイランドで絶品ロブスターを楽しむ!

スポンサーリンク

ノースバンクーバーで自然を楽しむ

バンクーバーの北側にある「ノースバンクーバー」では、カナダの自然を楽しむ事が出来ます。ハイキングやトレイルでウォーキングを楽しむ事が出来ます。

「グラウスマウンテン」

ダウンタウンのカナダプレイスからフリーシャトルバスが発着しています。グラウスマウンテンは、歩いて上ること(グラウスグラインド)も出来ますが、上級者向けです。

初心者の方も、バンクーバーでは有名なグラウススラインドなので挑戦してもいいかもしれません!

頂上からは、バンクーバーが一望でき熊を見ることもできます。

「リン・キャニオン・パーク」

ダウンタウンの「ウォーターフロント駅」から水上バスに乗り、バス#229の乗り換え約1時間です。

トレイルで、緑がたくさんの自然の中でウォーキングを楽しむ事が出来ます。無料の吊り橋もあります。

「キャピラ・サスペンション・ブリッジパーク」

ダウンタウンのカナダプレイスから、フリーシャトルバスが発着しています。

大きな吊り橋があるバンクーバーで有名な人気観光スポットです。

こちらのパークは有料で、大きな吊り橋の他にも、岩壁の横を細い橋で渡る「クリフウォーク」があり、スリル満点です!高所恐怖症の方にはおすすめ出来ません!

「ディープ・コ-ブ」

ダウンタウンの「バラード駅」からバス#211で約50分です。約45分くらいの初心者の方でも楽しめるハイキングコースがあります。

頂上から見る景色は最高です!

欲張りさんにおすすめのハイキング・ショッピングコース

バンクーバーでメインのエリア「ダウンタウン」

バンクーバーのダウンタウンは、たくさんの魅力が詰まっています。

カナダ・バンクーバー観光のおすすめ!活気あるメインエリア、ダウンタウン

グランビル通りとロブソン通りには、お店が立ち並んでいるのでショッピングが楽しめます。ロブソン通りには、カナダ発祥のブランド「lululemon」「arc’teryx」「Roots」が勢ぞろいです。

「バンクーバーアートギャラリー」「バンクーバー公立図書館」でアートや建築デザインを楽しめます。

ダウンタウンで最も人気があるスポット「イングリッシュベイ」「スタンリーパーク」です。イングリッシュベイとスタンリーパークは繋がっていて、スタンリーパークの周りを歩いたり、自転車で1周することも出来ます。

まとめ

海外旅行一人旅におすすめのカナダ・バンクーバーを紹介しました。女性一人でも安心して観光でき、自然を楽しむアウトドアやダウンタウンでショッピングやカフェ巡りを楽しむ事が出来ます。意外に魅力があるカナダ・バンクーバー!ぜひ、海外旅行のリストに入れてみて下さい!楽しい旅になりますように!!

▼合わせて読みたい関連記事

海外旅行カナダへ格安個人旅行!おすすめ個人手配のやり方、行くまでの流れ

カナダ旅行に必要な持ち物リスト

海外旅行カナダ・バンクーバーに行く前に知っておくバンクーバー国際空港への入国とアクセス方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする