カナダ バンクーバー国際空港からAIR CANADAで日本に帰る時の流れ:自動チェックイン

旅行や留学、ワーキングホリデイなどでカナダを訪れ、日本へ帰る時は様々な航空会を利用されますよね?日本人としてはANAやJALなど、日本の航空会社はサービスが良く安心です。

今回は、バンクーバー国際空港からエアカナダ(AIR CANADA)を利用し日本へ帰る時の空港での流れをまとめました。

スポンサーリンク

バンクーバー国際空港

バンクーバー国際空港へは、メインエリアであるダウンタウンから電車「スカイトレイン」YVR行き(YVR=バンクーバー国際空港)カナダラインで行くことが出来ます。

ホテルから空港までの送迎シャトルバスの利用や、タクシーでは約$40前後です。

ホテルの送迎サービスがない場合は、最も安いスカイトレインがおすすめです。

バンクーバー国際空港(YVR)を旅行前にチェック!知っていると役立つ情報まで!

チェックイン

エアカナダのチェックインカウンターは、出発ロビーのカナダ国内線とカナダ以外の国際線航空会社のチェックインカウンターのちょうど間にあります。

ホテルのシャトルバスやタクシーで空港へ行く場合は、どの航空会社を利用するか運転手に伝えると航空会社の入り口付近で止まってくれます。

スカイトレインを利用される場合は、YVR-Airport Station(バンクーバー国際空港駅)の改札を出て左に行くと、エアカナダの国際線チェックインカウンターに繋がっています。

エアカナダのチェックインカウンターの前には、自動チェックインが出来る機械が沢山あります。また、カウンターでスタッフがチェックインをしてくれる方法と2種類あります。

カウンターでのチェックインの場合は、列に並びます。

機械での自動チェックインでは、空いている機械で自分でチェックインを行います。初めての場合は、分かりにくいので常備スタッフが助けてくれます。

自動チェックインの機械の使い方

1.言語を選ぶ

まずは、言語を選びます。安心してください、もちろん日本語があります!

2.パスポートをスキャン

3.フライト情報を入力

マイレージカードがある方は、フライト情報を入力した後に全体のフライト情報が表示されます。フライト情報の右の方にマイレージ番号の入力ボタンがあるので、ボタンを押しマイレージ番号を入力します。

*この時にマイレージを加算し忘れても後からでも出来ます!

4.荷物の数量を入力

5.連絡先情報を入力

6.搭乗券の受け取り方法を選ぶ

●電子メール

●テキストメール

●紙の搭乗券を発行

の3種類から選ぶことが出来ます。

機械での入力は以上です。

7.預け荷物のシールタグを荷物に付ける

搭乗券(印刷を選んだ場合)と預け荷物に付けるバーコードがあるシールタグが機械から出てきます。シールを荷物に付けたら荷物をベルトコンベアーに乗せて完了です。

エアカナダの預ける荷物の規定容量は、正確に23Kgです。0.1kgでも超えてはいけないので、超えた場合は乗せたベルトコンベアーが動きませんのでご注意下さい!!

私は、カウンターチェックインの方が良かったのですが長い列が出来ていたので機械で自動チェックインをしました。

初めてだったのですがすごく簡単で、マイレージ番号の入力を忘れましたが、後からでも簡単に出来ました!

長い列を待つことなくチェックインから荷物を預けるまでがとてもスムーズだったので、これからも自動チェックインを利用しようと思いました。おすすめです!!

Dゲートからセキュリティチェックへ

日本行きは、Dゲートからセキュリティエリアへ進みます。

セキュリティエリアでは、

●バッグ

●パソコン

●上着

●ブーツ

などは、それぞれ用意されているトレーに入れます。

この時は、搭乗券だけでパスポートの提示は必要ありません。

そして、ベルトや時計などの貴金属のアクセサリー類もすべて外しておきましょう。

セキュリティチェックを終えたら、出発する搭乗ゲートの場所を確認し搭乗時間まで余裕があれば免税店などでのショッピングを楽しみましょう!

カナダ バンクーバー国際空港でお土産をお得に買える?!免税店お得情報!

エアカナダのラウンジは、セキュリティエリアのすぐ目の前、免税店のすぐ横にあります。

まとめ

バンクーバー国際空港は、まだまだ大きくなるようで工事が進められています。今現在はレストランやカフェが工事中であったりしますが、フードコートが2か所あります。

エアカナダのグランドスタッフには、日本人スタッフもいるので安心してチェックインが行えます!

▼合わせて読みたい関連記事

バンクーバー旅行で気になる現地のお金情報と準備、旅行で残ったお金はどうする?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする