海外生活している誰もが感じているストレスと解消法

海外生活では、楽し事ばかりと思われがちですが、実は誰もがストレスを感じたことがあると思います。また、ストレスの種類は人それぞれだと思います。

今まで日本で育ってきた環境とは違う生活や文化が異なる土地での生活は、海外旅行での楽しい事だけではありません。

また、海外生活は一見華やかそうですが簡単ではありません。海外で住んでいる方のほとんどがストレスを感じ、色々対処してきたと思います。

対処できない場合は日本に帰った方もいます。これから住むという方で不安と思っている方もいると思います。では、どんなんことがストレスで、どんな対処法があるのでしょうか?

スポンサーリンク

海外生活で感じるストレス

「ひとつの事を説明するのに細かい説明が必要」

日本では何かを伝えたい時に、一言で10の事が伝わります。また相手も、何を言いたいか察してくれます。

ですが英語文化では、1つの事を説明するのに、日本では不要な「そこまでい合わなくても分かるよ!」と言われるほどの説明が必要です。

また、この会話の中に冗談も入れた方が良しとされるので、英語が出来るようになったとしても英語でのコミュニケーションスキルが更に必要です。

「どうして、この説明だけで分かってくれないの?!」とストレスに感じたり、「私の英語が悪いのかな?」と英語力が原因ではないのに、自分が悪いのかな。。と自分を責めてしまう時があります。

「英語の伸び悩み」

海外に住みだしてから初めのうちは、英語スキルがどんどん伸びていくのを実感します。ですが、ある一定のレベルまで来ると伸びていないと思うようになります。英語が伸びないな。。とストレスを感じます。

海外生活で英語が話せない、なかなか上達しない理由はこれだった!

「日本と現地の文化の間に挟まれ自分を見失う時がある」

海外生活が長くなってくると、日本人としての自分と現地での自分とがどっちが本来の自分なのか見失う時があります。

現地ではそのルールに従い、でも日本人の考え方で意見を言う時などや、現地で日本を否定され、日本に帰った時に日本に住んでいないので受けることが出来ないサービスなどがあった時などに、「私ってなんだろう?」と思う時があります。

「アジア人差別がある」

英語が多少話せても、やっぱりネイティブの人達の英語力と比べるとまだまだ差があります。現地では、親切に対応してくれる人も沢山いますが、そうでない人達もいます。

英語がネイティブの人達まで達していなければ、話してくれない人や面倒くさそうな対応をされることもあります。

カナダの人権と多様性の尊重について「人はみな平等であるべき」

「なかなか友人が出来ない」

一緒に出掛けたりご飯を食べに行ったり出来る友人はいても、悩みを相談出来て自分の細かいところまでの気持ちを分かってもらえる友人がなかなか出来ません。

悩みを話せないのと、解決が出来ないことや、言葉の問題で、意思疎通が100%ではないことがストレスになります。

スポンサーリンク

海外生活でのストレス解決法

海外生活を楽しんでいると思い込んだり、異変に気づいてはいるけど、楽しいと思い込もうとしていませんか?

実は意外と、自分ではストレスに気づいていない場合もあります。最近風邪を引いた訳でもないのに、なぜか体調が悪いな。。。など感じたことはありませんか?

もしかすると、気づいていないところでストレスを感じているのが体に何かしら表れ、サインを出しているのかもしれません。

そんな時は、何か例に挙げたものに当てはまらないか、手遅れになる前にじっくりと原因を考えてみましょう。そして、その原因となるストレスを解消しましょう!

「ひとつの事を説明するのに細かい説明が必要」

英語で話すときは、日本で子供に話すような感覚で「そんなことまで言わなくても。。」「そんなことまで」をいちいち説明するくらいがちょうど良いと思って話しましょう!

日本語に比べると面倒ですが、ちょっとした手間をかけるだけで会話でのストレスがなくなります!

「英語の伸び悩み」

現地の語学学校の先生が、英語を学んでいる学生にこんなことを言っていた事を聞いた事があります。

「英語を学んでいると、必ず誰もが0~80%までは速いスピードで英語力が伸びるが、80%のところからの伸びが一定になり、英語の伸びは一定に横ばいに続く時期が長くなります。その時に諦めないで学び続ける事が大事!」

これは、どの言語でも誰もがみんな同じだそうです。だから、まず英語が伸び悩むのは自分だけではないということです!

私も英語の伸び悩みで話すことすら嫌になった時期がありましたが、無理に学ぶことをせず開き直って、1度英語の勉強をする事を辞めてみました。

日本のテレビをみたり、日本人の友人と過ごしているうちに、また英語を学ぶ強い気持ちが上がってきました!

だから、英語が伸び悩んでいるからと言って英語の勉強に必死にならず、たまには英語から離れてみるのもストレス解決になります!

「日本と現地の文化の間に挟まれ自分を見失う時がある」

日本と海外生活の間に挟まれ自分を見失いかけた時は、1度日本に帰ってみるのもいいかもしれません。

日本で生まれ日本育ちで、第一言語が日本語なので「やっぱり自分は、日本人なんだ」という事に誇りを持って良いと思います。

海外生活で二か国の間でストレスを感じても、そういう立場になったからこそ日本で住んでいた時に気付けなかった、「日本の素晴らしさ」に気付けていると思います。

ベースは日本人であることを忘れず、自分らしさを取り戻す為にも、日本に帰って昔からの友人や家族に会う事が一番だと思います。

「アジア人差別がある」

恐らくどこの国に行っても、多少の差別はあると思います。やはり、日本人として認めてもらえないことは悲しく、ストレスにもなります。

英語が不十分だった時に、差別的な態度を取られたときに悩んでいると、他の国から来た友人が、

「あなたは日本語が話せるじゃない!彼らは日本語を話せないし、英語しか話せな

いのよ。あなたは2か国語も話せるし、母国語以外の言葉を話そうと努力しているん

だからそのことに自信を持つべきだ!」

と言われました。この言葉を聞いて、「こういう考え方もあるんだ」と衝撃でした!が、納得もさせられました。

この友人の言葉のおかげで、また同じような事があっても以前みたいに落ち込むことはなくなりました。友人には大きな勇気をもらいました。

他にも、もう少し視野を世界に広げてみると実は差別で悩んでいるのは自分だけではないという事が分かりました。

世界の歴史からもあるように、黒人差別や、他にも女性差別、LGBTQ差別などで悩んでいる多くの人々が差別と戦っているということです。

自分だけではなく世の中には差別があり、それに負けずに戦っている人々がいることを考えるとストレスもなくなります。

「なかなか友人が出来ない」

まず、現地に馴染む事に時間がかかりますが、日本の様に察して会話が出来る文化ではないので、感じた事や思った事は口に出してしっかり伝える必要があります。

英語に自信がない場合は、「自信がない」や「学んでいる」と伝えたり、良いことは良い!嫌なことは嫌とはっきり伝えることが英語圏ではとても重要です!

たとえ、嫌だという事を伝えても現地の人達は私たちが気にするほど全く気にしません。日本の授業ではあまりないスタイルですが、海外の学校ではディベートと言って、

クラスで1つの課題に対して「賛成派」と「反対派」に分かれ、意見を言い合うという事が授業中にあります。

だから、反対側の意見があることが当たり前という認識なので、まずは言いたいことを言えるようになり、自分の意志や考えを伝えることから始めてみると意外に共感してもらえるかもしれません。

そこから友人作りに繋がります。ですが、英語が関係なく自分とは合わない人もいるので、合わないのに無理して友達になる必要はありません!

そして、私の友人の言葉ですが「Don’t be afrad!」(恐れないで!)とよく言われます。(笑)恐れないで、少しずつ自分の意志や意見を伝えていきましょう。

まとめ

海外生活でストレスを感じているのは自分だけではないという事です。日本人は相手の事を思いやる文化なので、海外に出るとストレスを感じやすい場面が大変多いと思います。

だから、スレスを感じて自分を責めたり落ち込んだりする必要は全くありません!この記事でストレスが和らいだり、解決の手助けになればと思います。

あまり、深く考えすぎないで私たちは挑戦者だということと、日本人である誇りと自信をもって海外生活が楽しく過ごせますように応援しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする