海外へ行くと英語が話せるようになるのか?ならないのか?「英語を話せるようになりたい!」

海外旅行に行き「もっと英語が話せたらな…」と一度は思った事はありませんか?もしくは「英語が話せない…」を理由に海外旅行を諦めてしまった方。

日本では学校で最低でも6年間、英語を習うのにどうして英語を話せないのでしょうか?

海外では同じ年数英語を勉強してきたいう人々と比べても明らかに「話す」力がこんなにも違うの?!と驚くほどの差があります。

日本での英語教育で足らない、もしくは全くない「英語で話すこと」

学校での英語の授業で「英語を話した」経験はありますか?最近の英語教育は学校によってはネイティブ英語を話す先生がいて授業の中で英語を話す機会があるかもしれません。

英語の授業で英語を話す機会があった方はラッキーですよね!

日本の英語教育は変わりつつあるようですが、ほとんどの方は英語の授業で「英語を話す」と言っても英語の教科書を読まされたくらいではないでしょうか?先生にあてられた時はとても嫌でしたね(笑)

英語を話せるようになるには「海外へ行った方が良い!」と考える方も多いですよね?ところが、こんな意見もあります。「海外に行っても英語が話せるようになるわけではない」

さて、どちらが正しいのでしょうか?

答えは「どちらでもない」または「どちらも正しい」と言えるのではないでしょうか。

英語に限らず何を始めるにも勉強や経験が必要です。そして、周りの環境や習得方法が人により異なります。

全ての学生の受験勉強が同じ方法ではないのと同様に「英語の習得方法」も人それぞれ異なりますよね。私のように受験勉強をしなかった人もいますが(笑)

勉強方法や何かを習得する方法は、決して一つではありません。様々な方法を試して個人に合った方法を自分で見つけ出し実践します。

先ほどの答えは両方が正しく、両方が正しくないという事になります。

では「英語を話せるようになりたい!」と思った方はどうしたらいいのでしょうか?

「海外に行っても英語が話せるようにはならないの??」

「何をどうしたらいいの??」

となかなか前に進む事ができませんよね?

「英語を話せるようになりたいなら海外へ行く」と「海外に行っても英語が話せるようにはならない」のこの二つの意見を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

海外へ行くだけで英語が話せるようになるのか?

冒頭で「英語を話せるようになりたいなら海外へ行く」と「海外に行っても英語が話せるようにはならない」のこの二つの意見について、答えは「どちらでもない」または「どちらも正しい」とお伝えしました。

そもそも「英語や日本語以外の言語を習得する」と言う事はどういうことなのでしょうか?

「英語の知識を付けたい!」

「英語の試験で良い点数を取りたい!」

「英語を話せるようになりたい!」

のように【英語を習得する】と言うだけでもこれだけ意味合いが異なり、それぞれ英語をどのように必要なのかも人によって異なるのではないでしょうか。

「英語の知識を付けたい!」「英語の試験で良い点数を取りたい!」のであれば学校の英語教育で十分身についています!学校で最低でも6年間も英語の勉強をしてきています。

私達日本人は、十分と言っていいくらい英語の知識はすでに習得しています。日本で就職に必要な「TOEIC」や「英検」の点数を上げることが必要なら海外に行く必要は全くありません!

しかし「英語を話せるようになりたい!」のあれば他の二つの理由とは少し異なります。

どの程度のレベルまで英語を話せるようになりたいのか?

「海外旅行で困らない程度話したい!」

「仕事で使うビジネス英語で困らないレベル」

「ネイティブのように話せるレベルになりたい!」

など、英語を話せるようになるといってもレベルは様々です。目標によっては海外に行く必要がなく日本でも海外旅行で困らないレベルの英語を話せるようになるからです。

「どれくらいまで話せるようになりたいか」だけはなく、私たちの英語に対する「レベルの認識」も重要です。

日本人は、英語が話せるのに「話せない」と思い込んしまう傾向にあります。とても謙虚でたとえ人より優れてできているとしても「まだまだ」と謙遜する文化です。

ところが、海外では第二言語で簡単なあいさつや自己紹介を片言話せただけで「話せる!」と言う認識です。これは大きな認識の違いですよね!

実際に海外旅行先で全く英語が話せないと私自身は思っていたのですが、丸覚えした旅行英語を話しただけで「英語が話せるんだね!」と言われました。

海外の認識なら英語を話せる人が沢山いるはずです!

「どれくらいのレベルまで英語を話せるようになるのか」と言う明確な目標設定をしないまま海外に行ってしまうと、

「どうしたらいいのか?」

「何から始めればいいのか?」

と、せっかく海外に行っても頭が混乱してしまいます。そのまま訳が分からずあっという間に時間が過ぎてしまい何もできずに日本に帰国する事になってしまいかねません。

その結果、

海外に行っただけでは英語を話せるようにはならない

と言う意見になってしまうのです。これでは、とっても残念です。

「英語を話せるようになりたいなら海外へ行く」や「海外に行っても英語が話せるようにはならない」に意見が分かれるのは当然ではないでしょうか。

「どちらでもない」または「どちらも正しい」と言う答えになるのはそういうことです。

だからと言って海外に行って英語が伸びなかった…と落ち込む必要もありません!日本でも同じことが言えます。

日本にいるだけでも英語を話せるようにはなりません。しかし、日本でも英語が話せるようになることもまた、事実です。では、どうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

重要なのは「海外に行く」「いかない」ではない

英語を話せるようになるためには、まず「どれくらいのレベルまで話せるようになりたいか」を知る事から始めます。海外へ行くか行かないかは目標を明確にした後で考える。

何を始めるにも「目標設定」は重要ですよね?

●どれくらいのレベルを目指すのか?

●いつまでに?

例えば、テニスを習い始めました。あなたは、全くの初心者です。

1.初めの1ヶ月はラケットを振ってボールが打てるようになる

2.来月からラリー(相手と打ち合い)ができるようになる

のように、指導してくれるあなたのコーチが大体の目標を設定しながら上達するようにスケジュールを立ててくれると思います。

それと同時にあなたは筋力トレーニングをしたり、ジョギングをするなど努力をするでしょう。何をすればいいか目標がはっきりしているのでやるべきことが明確になっています。

教えるにあたって指導者は初めに「どれくらいまで上達したいですか?」と聞くと思いますし、知りたいはずです。

なぜなら、あなたの目指すレベルが「趣味程度でいい」のか「試合に出てみたい!」レベルなのか「健康のための運動」なのかによって、教える方法が全く異なります

高校受験や大学受験もそうですよね。英語も全く同じです。どの程度のレベルまで英語を伸ばしたいかによって英語習得方法が少し違ってくるという事です。

目指すレベルにより、

●日本で習得

●海外旅行で習得

●海外の学校に留学する

など、方法も様々です。「文法」や「単語」「聞き取り」と言った事も考えず、まずは「英語でどのくらいのレベルを目指すのか?」を明確にすることから始めて海外に行くのかどうかはその後です。

目標を明確にすることは「海外行きを反対されている」身内の方への説得にも強く影響します。私の知り合いでこんな方がいました。

「海外に行きたいという漠然とした理由があるが目的がなく母親に反対されている」

私自身は「海外に行きたい」と言うだけで立派な理由になると思っています。ただ、自分の娘を目的もなしに行かせることはできないと心配する母親の気持ちも分かります。

結果、彼女は海外行きを諦めたようでした。とても残念ですね。目標を明確にすることは英語習得する方法を明確にするだけでなく、誰かに反対された時の説得する理由にもなります。

目標がはっきりしたら、または漠然と見えてきたら「習得方法」です。

とくに目標を決めないで「英語を身に付けたいから海外へ行く!!」と言う方もいると思います。それはそれでとても良いことだと思います。

海外へ行くか?行かないか?を悩む時間を無駄にすることがありません。決断は早い方が良いです!海外に行ってみて英語が話せるようにならなかったとしてもそれはそれでいいではないですか。

悩んでいる時間が無駄にならず、もう迷うことなく日本で家族や友人と離れて暮らすことなく英語習得に励む事ができる!英語を話せるようになったのなら目標を達成できたという事!

海外で英語を習得するかしないかは全く重要ではなく、

目標を持って勉強できる自分に合った「環境」であるかどうか

何かを習得する時、勉強や仕事をする時もそうですが「環境作り」は重要です。こんな経験はありませんか?

「気が散って集中できない」

「集中力が1時間も持たない」

などの理由で諦めてしまった方も多いはず。自分の部屋ではなくリビングやキッチンで、他にもカフェや図書館など自分が集中できる場所を探した経験がありますよね?

英語も同じです。

「海外で英語を学ぶ環境が自分にあっているか、合っていないか」は、「図書館で勉強するのかカフェで勉強する方が自分にはあっているのか」の違いと同じことです。

ただ海外は日本から離れた遠い場所(日本と海外)と言うだけで、家と図書館の違いと全く同じです。今回のメインテーマである、

「英語を話せるようになりたいなら海外へ行く」

「海外に行っても英語が話せるようにはならない」

という2つの意見に分かれるのは当たり前!人それぞれに合う環境が異なるからです。

「友人が海外で英語が話せるようになったけど私は話せるようにはならなかった…」などと落ち込む必要もありません!

集中できる自分にあった環境を見つけるために色んな場所を探し回ったように、海外も行ってみないことには自分に合っている環境なのかも分かりません。

実際に「語学留学」と言う理由で海外で勉強をする人々に出会いましたが、海外で英語を習得する環境が「合う」と「合わない」の二方に分かれます。

「海外に行って英語を話せるようになる!」と言うのはあくまでも自分に合った環境かどうかが重要です。

いくら完全英語環境である海外に行ってもホームシックで辛かったり、英語が話せる機会があるのになかなか話せなかったり、英語ばかりなのがプレッシャーになったり。

「英語を話せるようになるために海外に来たが日本に帰りたくて仕方ない!」と言う方も沢山います。海外に行かなくても日本で全くのゼロから英語を話せるようになった方も沢山います。

重要なのは「目標」「環境」そして「英語を話せるようになりたいという意志」

いかに「自分に合った方法で!!」「どれだけの時間で」英語を話せるようになるかは人により様々。「これが正しい」と言う方法は何処にもありません!

海外でも日本でも英語が話せるようになる!

海外では、やはり「完全英語環境」です。家でも学校や職場でも、食材店や銀行、バスや電車などの公共個通機関全てが英語です。

毎日の生活では、嫌でも英語を話さなくてはいけない環境なので英語を話す機会があります。英語環境を作るのに「海外に行くこと」は、手っ取り早い方法ですよね。

実際に私は初めての海外旅行でそれまで全く興味がなかった「海外の魅力」にはまり「もっと色んな国へ行ってみたい!」と思うようになりました。

「英語が話せるようになったら海外旅行がもっと楽しくなる!」と思い海外旅行で困らないレベルの英会話を身に付ける目標ができました。

その当時は携帯の英語アプリもない、オンライン英会話もまだない時代でした。田舎に住んでいたので外国人がいるはずもなく、コミュニティーもありません(笑)

英語を話せる機会があったのは、海外旅行に行った時と休みを利用し短期留学した時だけでした。

仕事も職場も充実していたので「直ぐに海外へ留学!」という考えにはならなかったので実際に私が日本でやったことは、

●海外旅行英語の丸覚え

●日本語のテレビは一切見ない

●テレビの英語番組を全て録画し見る

●洋楽しか聞かない

●海外に住む日本人の友人と英語でメールをする

●海外旅行へ出来る限り沢山行く

●休みを利用して短期留学をする

●英語を使える職場で働く

など、自分の周りの環境をできる限り英語環境にしたのを覚えています。日本でも英語を話す機会がある職場に転職したりしましたが正直、その当時話す機会を作る事が難しかったです。

海外旅行で現地の人と話したくて帰国後取った行動とは?独学で英語習得までの道のり

やはり海外では英語を話す機会が沢山あったのでいつしか「海外で暮らしたい!」とまで思うようになっていました。

ホームシックもない、英語で話さないといけない状況に追い込まれる、さすがに英語からは逃げられないことは時々ストレスでもありましたが、海外の環境が私には合っていました。

海外移住の夢をあきらめず思い切って仕事を辞めて海外へ

分かってはいるけど「なかなか日本で環境作りができない」と言う方がほとんどではないでしょうか?しかし、現在では英語習得の様々なツールが充実しています。

自分で英語環境を作るにはそう難しくありません!

●部屋では完全英語環境を作る

●日本語のテレビは一切見ない

●LINEやメールを英語で

●外国人コミュニ―ティーに参加し積極的に英語を話す

●携帯のアプリで英会話

●オンライン英会話

など、自分でストイックに英語環境にする事が出来ます。日本で英語をペラペラ話せるようになった方も実際にいます。

海外に行ったところで、たとえ間違えてたとしても英語を話さないと話せるようにはなりません。沢山の英単語も覚えなくてはいけませんし、英語の発音や英語を聞く取る力も付けなくてはいけません。

海外の食事や異なる文化という環境が自分に合わない事もあります。ホームシックなども合わない理由の一つです。英語ばかりというプレッシャーもあります。

インターネットが普及し、外国人移住者が増え日本でも英語環境にすることが可能になった現在で、英語を話せるようになるには海外でも日本でも場所は関係ありません!

まとめ

英語習得に重要なのは「海外に行く」「行かない」ではなく、

1.目標設定

2.自分に合った環境と習得方法

であることがわかりました。自分にあった1番良い方法で自分の願った通りのレベルにまで達する目標を設定をする事から始めてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい関連記事

なぜ海外旅行に行くのか?海外旅行に行く理由と魅力。悩んだ時は旅に出よう

海外旅行で使える英会話力をアップさせる「will」と「going to」の違い

海外移住・海外生活がしたい!と思ったらすぐに始めたいこと5つ すぐに行けない時はまず出来ることから始めよう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. せこぴん より:

    確かに、英語をどの程度喋れるようになりたいのか、の目標設定をして、小さな成功体験の積み重ねが大切ですね。参考になりました!

    • earth より:

      せこぴんさん、こんにちは。何事も楽しみながらできるといいですよね。ありがとうございます!