海外生活いざ日本以外の国カナダのバンクーバーに住んで困ったこと

海外生活で「これは困った…」と思うことってありませんか?日本とは違った生活スタイルの中で毎日生活していると「日本ではこうだったのに」と思う事が結構あることに気付きます。特に様々な気使いが生活の中に隠れている日本での生活に慣れていたら、海外生活でよりその違いを感じる事が多くあります。日本の生活と異なることが海外生活の楽しみでもありますが!また、海外生活する場所や人によって困ることは異なりますよね。今回は、カナダのバンクーバー海外生活で困ったことをまとめました。

スポンサーリンク

路線バスが時刻前に行ってしまう

日本以外の海外でバスや公共交通機関が時刻表通りではない事はよくある話。バスが時刻表通りではなく遅れて到着するのは分かってはいましたが、時刻より早く発車してしまうこともあります。

バス停に待っている人がいない場合、時刻表通り待ってくれる運転手もいますが、バス停に待っている人がいない場合、バス停に止まることなく通りすぎる運転手もいます(笑)

バス停で待っていても「バスが来ない?!」と言う事も時々あり非常に困ります。だからと言って早くバス停に行きすぎるとバスが遅れて全く来そうにない…

特にバスの利用は苦戦します(笑)バスに合わせるのがなかなか手ごわい!改めて日本の公共交通機関が「すごい!!」といつも思います。

路線バスには両替機がない

日本では路線バスの中に両替機が付いているので小銭がなければ車内で両替ができ、バスの運賃を支払う事が出来ますよね。

バス車内での両替が当たり前と思っていましたがそうではなかったことに驚き!海外の路線バスには両替機がない!!バスに乗る前に必ず運賃を準備しておく必要があります。

そのことを知らなくてバスに乗った時には「大きいお金しかない!?」と焦っていたら「あるだけのコインでいいよ!」と言ってくれる運転手さん!!

「え?!そんなことあるの?!」とその時は思いましたが、よくあることの様でした。それはそうですよね。「うっかり運賃を準備し忘れた!」なんてこと絶対ありますよね(笑)

ホームレスの人々は運賃を払わないで乗せてくれるバス運転手もいるくらいです。「世界って広いな!」って思った瞬間でした!

バス運賃だけではなく小さい単位のお金は切り捨てることが多いカナダ。2013年には1セントが廃止された事もあり、今では価格の最小値切り捨てまたは切り上げと支払いの際に変動します。

日本ではありえないですよね(笑)日本で買い物をした際、自動レジから1円が出てこないようだったので「1円はもういいです」と店を後にしたら、店長さんがわざわざ申し訳なさそうに走って持って来てくれました。

1円単位の額の切りすてに慣れてしまっていたので店長さんの対応に驚きました!!海外は「てきとー」だなと思いました。良い意味で(笑)

カナダ バンクーバー旅行のお金情報と準備

バス停が分かりにくい

バス停には小さな看板が立てられているだけなのでどこがバス停なのか分かり辛く慣れるまで困りました。椅子や屋根付きの分かりやすいバス停もありますが、そのつもりでバス停を想像し探していたら通り過ぎていた…と言う事が何度かありました。

また、定期的にバスの路線が変更することもあるので「いつも通りバスに乗ったら目的地を通らない?!」とパニックになってしまったことも。

パニックと言えば、バス停が変更していたり…

「バスを利用すると必ず遅刻する!」と言えるほどバスに合わせるのが難しい。カナダのバスから下車する際は、ドアを押して開けるのですが時々そのドアが開かない事も。

バス運転手の操作忘れなのですが、降りたいのにドアが開かず降りたいバス停で下車出来なかった人も見かけます。

また、バス車内の「下車します」ボタンを押しているのにバス停に止まってもらえなくて下車出来ず…と言う人もよく見かけます。

路線バスとの戦いは永遠と続くようです(笑)

一方通行だらけ

カナダで車の運転は、日本とは逆方向の右側車線です。バンクーバーのダウンタウンは一方通行だらけで運転が大変です。時には間違えて逆走してしまう車も。

目的地はすぐそこなのに迂回を繰り返してもなかなかたどり着けない…ということもあります。ダウンタウンの運転は郊外に住む現地の人でも大変のようです。

また、交差点の信号が赤でも右折が出来るのでそれを知らないと後ろからクラクションを鳴らされて驚きます。車の運転で唯一良いことは日本より道路が広くて運転がしやすい!

スポンサーリンク

何処でも縦列駐車

日本には駐車場が沢山ありますがバンクーバーで駐車場を探すのは一苦労。道路に2時間限定で駐車できる場所がありますが、縦列駐車です。

車の免許を取得する際、縦列駐車に苦労された方も多いのではないでしょうか?そうです、あの縦列駐車です!バンクーバーの人々は縦列駐車がビックリするくらい上手!その上速い!!

慣れていない人は何回もやり直して他の車にクラクションを鳴らされて余計に焦ってなかなか駐車出来ないという悪循環。かわいそうです。

優しい人が多いカナダですが、車の運転をすると性格が変わるのか直ぐにクラクションを鳴らす人が多いような気がします。(笑)

列に並んでいてもどんどん抜かされる

やっぱり日本人って素晴らしい!!って思う瞬間があります。

電車やレストランで並んでいる人がいれば後ろに並ぶという事が日本では普通。そして並ぶことが身についているので自然に並びますよね?

海外生活でもそのように並んでいたらどんどん抜かされます(笑)

最初は「え?!えー?!あれ?!」と驚きました。日本以外では「列はないもの」と思っていいと思います!抜かされることにも抵抗がないようです。

時々、列の間に入ってきた人に注意をする人もいますが基本的に早い者勝ち。競争ですね。海外で災害が起きたらどうなってしまうんだろう?と思います。

気を付けていても車に引かれそうになる

日本では車の免許を取るのに教習所に通い試験を試験を受けてしっかりとした教育を受けて運転免許の取得が出来ますがカナダには教習所はありません。

日本に比べ簡単に運転免許が取れてしまうので、運転ルールを知ってるの?!」思ってしまうくらい現地の人々の運転が不安な方もいます。

気を付けていても事故に巻き込まれる場合があります。実際に私の友人は、青信号で道を渡っていたのに車にはねられました。

セール時のお店が汚い!

セール時限らず週末の店内、特に衣料品店。服が床に散乱していて驚くほど乱れています。引きます…服が床に落ちていてもお構いなしの様子。

アパレルで働いてた事がある私には目に余る光景が広がっています。戦場?地獄?洋服が…困るというよりはショックでした(笑)

まとめ

慣れない場所での生活、困ることもありますがそれを楽しめるようになったら楽な事はないですよね。改めて日本って実際に住んでいると気付かない細かい気配りが沢山あるな!と実感します。日本に帰りたいと思うのは小さいことの積み重ねなのかもしれませんね。

▼合わせて読みたい関連記事

日本へ一時帰国中に簡単免税でお特にお買い物!やり方は?レシートは?

海外生活で影響されたことや止めた習慣

海外生活でうれしいこと~生活スタイル・文化の違い~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする