海外旅行におすすめ!暑い日本から抜け出して夏に過ごしやすい国3選

日本の夏は湿気が高く、灼熱です。何もしなくてもただいるだけで汗が湧き出てきます。肌がベタベタになり、何回シャワー浴びたらいいの?! と暑さで体力を消耗します。

暑すぎる日本から脱出して海外旅行に行きたいですよね!夏に過ごし易いおすすめの国を紹介します。

スポンサーリンク

海外旅行のおすすめ!夏に過ごしやすい国

第1位 インドネシア・バリ島

日本から飛行機で、約7時間半のインドネシア・バリ島の夏は、乾季で雨が少ないです。ベストシーズンは5月~9月で、バリ島の乾季は空気が乾燥しているため、日本とは違い過ごしやすいです。

お店が多く立ち並び人気がある、「クタ」「スミ二ャック」「サヌ―ル」「ヌサドゥア」はビーチサイドでリゾートエリアです。

世界中からサーファー達が集まり、ビーチでサーフィンを楽しみます。サーフボードを貸し出しているお店が沢山あるので、観光客もバリ島のビーチでサーフィンを楽しめます。

夕方にはビーチできれいな夕日を見ることが出来ます。

また、クタビーチとレギャン通りの間はショッピングエリアで、バリの商品店が立ち並びます。ショッピング好きには最高のスポットです!

インドネシア旅行に必要な持ち物リスト

*写真:クタビーチ

ゆっくり過ごしたい方は、「ウブド」がおすすめ! バリ島の高地にある田園したいで、ビーチサイドとはまた違った雰囲気を味わえます。

こちらのエリアでは、「癒し」を意識したリゾートホテルがあり自然に囲まれたこのエリアでゆったり過ごすことが出来ます。自然の中で、バリのマッサージやヨガで、日頃の疲れを癒すのに最高の場所です!

第2位 ギリシャの島々

*写真:サントリー二島

ギリシャの気候も日本とは違い、湿気がなく過ごしやすい気候でおすすめです。ギリシャにはエーゲ海に浮かぶ30もの島々あります。その島もそれぞれ全く違う雰囲気で、とってもきれいな景観です。

どの島もきれい過ぎて1つに絞れなくても大丈夫です。いくつかの島を周るクルーズ船が出ています。今までに見たこともない景色が壮大で、島を歩くだけでも充分楽しめます。

壮大な景色を見ていると、悩んでいたこともすっかり忘れて心が癒されていきます。島の人々もみんなとっても気さくで親切です。本当にリラックスできる場所です。

スポンサーリンク

【ギリシャ関連記事】

海外旅行ギリシャへ格安個人旅行!おすすめ個人手配のやり方、行くまでの流れ

ギリシャ観光、アテネで古い歴史を感じる旅

サントリーニ島で現実逃避

第3位 カナダ西部

*写真:バンフ

カナダは冬が長く、その年によっては、6月や9月も夏の気候の時もありますが本格的な夏と言えるのは、7月と8月のたったの2か月です。

カナダの東部では、冬は雪が積もり極寒で夏は非常に暑いです。ですが、カナダ西部の夏は東部に比べ暑くなりすぎず、たいへん過ごし易いので世界中から人々が観光で訪れます。

ロッキー山脈が連なる「バンフ」では、エメラルドブルー色の湖を見ることが出来たり、夏なのに山にはまだ雪が残っている景色は何とも言えないくらい美しい不思議な光景です。

また、行く時期によっては、雪が鳥の翼のような形で溶け残っている景色を見ることが出来ます。

おすすめは、自転車をレンタルしたり馬に乗って大自然を散策です。バンフでは、自然に暮らす野生のクマやシカに遭遇します。

【カナダ関連記事】

海外旅行カナダへ格安個人旅行!おすすめ個人手配のやり方、行くまでの流れ

カナダ旅行に必要な持ち物リスト 

海外旅行カナダ・バンクーバー国際空港への入国とアクセス方法

スポンサーリンク

カナダ西部でも最も過ごし易いのが、バンクーバーです。夏の平均温度は、22℃~28℃。暑い時でも30℃です。湿気がなく乾燥しているので、夏のじめじめした感じは全くありません。

この短い夏のために、世界中から移民される方もいるくらいバンクーバーの夏は大人気です。夏には沢山の観光客で賑わい、活気があります。

ハイキングやショッピングの両方が楽しめ、7月・8月は特に夏のイベントが多い時期です。毎年行われる「花火フェスティバル」は3日間あり、イングリッシュベイの海から打ち上げられます。

一人旅で海外へ!初心者も女性にも安心して行けるおすすめの国カナダ

まとめ

紹介したおすすめの国は何処も、気候が乾燥しているため過ごしやすい所ばかりです。日本のじめじめした気候から脱出して、おすすめの国で夏の海外旅行を楽しんで下さい!

海外旅行、空港で使える旅行英語フレーズ集

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする