高収入ではないのに海外旅行へ年に2回以上行けてた理由

自分の周りの友人や知人で「正直収入は私とあまり変わらないはずなのにあの人どうして毎年あんなに海外旅行へ行けるの?」と不思議に思った経験はありませんか?

アパレルで働いた経験がある私の収入は皆さんが想像するほど、もしくはそれ以下だったかもしれません。アパレルの給料は決して良いとは言えませんが、それでもアパレルで働いているスタッフはファッションが大好きなファッションオタクの集まりです(笑)

毎日の話の内容はファッション、ファッション、ファッション。朝から晩まで家に帰ってもファッション。新しい商品が入荷したら飛びついて「誰が買う?」「あ!それ絶対に欲しい!」と取り合いになることも。

違う職種から元々興味のあったアパレルに転職した私が一番驚いたのは、スタッフの何人かが前借りをして洋服を購入している事でした。

私が働いていた会社は他のアパレル会社に比べ給料やボーナス、昇給が良かった方ですが、それでも借金をしてまで洋服を購入しているスタッフがいることが信じられませんでした。

その当時よくして頂いた店長も「お金が貯まらない…」が口癖でした(笑)

その会社は毎年2回、有給休暇をスタッフ全員が取ることができました。私はその休みを利用し大好きだった海外旅行を満喫!すると、年に2回必ず海外旅行へ行く私にスタッフから「どうしてそんなにお金があるの?」という質問が増え始めました。

店長までもが「何処にそんなお金があるの?」とよく聞かれるようになり、普通にみんなと同じように洋服を購入してた私への質問、疑問がどんどん高まっていたようでした。

私は中途採用だったので元々昔から働いているスタッフより給料は少な目だったと思います。だから、疑問を持たれるのも無理はないのかな?と。

当時は私自身にもよく分からなかったので「貯金しています」としか答えられませんでしたがあれから何年か経ち、私自身に様々な情報が当時より増えたので今ならあの時の疑問が分かるような気がします。

私がやっていたことはとてもシンプルでした。

  1. 目標設定
  2. 計画
  3. 実行

たったこれだけです。最後には「お金に興味がないよね?」とまで言われるようになった私は恐らく誰よりもお金に興味があったのでは?と今では思います(笑)

では、高収入ではない私が年に2回以上、海外旅行へ行けたのか?実際にやっていたことを振り返りまとめてみました。

1.目標設定/2.計画

勉強、スポーツ、仕事、ダイエットなど何をするにも「目標設定」は重要です。

「目標」がないと「今自分が何をしているのか?」「何処に向かって何をするべきなのか?」がよく分からなく、モチベーションを維持できません。

実際に私が働いていた会社では年に2回、前期と後期で年に一度会社が出す目標を基に会社の全スタッフがそれぞれ自身の目標設定を作成し半年分の毎月やる事を計画、実行する事により会社の目標を達成するというシステムがありました。

スタッフはその目標の達成度で昇給やボーナスなどに影響していたのでモチベーションが高かったのを覚えています。やった分だけ自分に返ってくるので会社を辞めるスタッフも少なく良いシステムでした。

会社のシステムで「目標・計画・実行」する事には成れていたのと、このシステムを利用すれば結果は出せることを実感していたので自身の私生活でも活用しないわけにはいかないですよね。

当時働いていた職場では、年に2回有給が取れたので毎回迷わず「海外旅行に行く!」でした。アパレルなので繁忙期をずらして休みを取らなけばいけませんでした。

そうすると友人と休みが全く合わずほとんどの海外旅行は一人旅。『海外旅行一人旅の良いところ!女子だって一人で旅に出る!』の記事でも書いていますが、一人旅も悪くありません!

当時の一人旅といえば、旅行会社を通すと2人で旅行するより割高だったので航空券やホテルなどの全てを別々に自分で手配していました。

海外旅行をネットで予約!実際にしている格安海外旅行の予約方法』で紹介していますが、この方法が一人でも一番格安で海外旅行へ行くことができたからです。

それらの大体の料金を事前に調べ総額でいくらあったらいいのかを全て計算し、さらに予算に少し上乗せして余裕を持たせた予算の総額を出しました。

旅行する場所にもよりますが、年に2回の海外旅行の予算は決して安くはありませんよね。高収入ではない私の月給ではまず足りませんでした。

目標が「海外旅行へ行く」だったので実際に数字に出して目指す目標は「海外旅行の予算¥○○を貯めること」でした。

【目標】

「海外旅行へ行く」=「海外旅行の予算を¥○○貯める」

実際に数字に出して目標額を設定した方が目標達成しやすく、モチベーションを維持することができます。数字に出さずにただ貯めるだけでは「今月買いたい物買っても大丈夫かな?」などの誘惑に負けてしまい易くなります。

大まかでもいいので目標額を数字に出して目標を決め、設定した目標を基に計画を立てます。収入から毎月いくら貯金するのかをこちらもまた数字で出していました。

女子一人旅で海外旅行へ実際に行ってよかった国ランキング!リピートしたい国も!!

海外旅行へ女子一人旅で私が絶対にしない事!!

スポンサーリンク

3.実行

もしかすると人によっては3の「実行」が一番難しいのかもしれません。慣れるまでは難しいかもしれませんが、1度このシステムを確立してしまえばあとは繰り返すだけでどんどんお金が貯まります。

実行するポイントをまとました。

1.収入から先に貯金する金額を抜く

貯金で一番重要なのは「収入から先に貯金する金額を抜く」です。

お金が貯まらなくて困っている…と言う方は収入があるとまず「家賃・光熱費・食費・各種ローンなど」支払わなくてはいけない金額から支払っていませんか?

もちろん家賃や光熱費、食費などは必要です。しかし、支払い分を先に抜いてしまうと自分に残る金額は少額…もしくはゼロということも。

私がやっていたことは、先に計画で立てた積立貯金の金額分をまず先に抜くことでした。会社から支払われる銀行口座とは別に貯金が目的だけの口座を開設しその口座へはお金を入金するのみ。

なかなか貯められない人にぜひ、おすすめです。目的に合わせて口座を分けることは「つい使ってしまった」を防止できるのでお金が貯まりやすいです。

2.残った金額で生活する

先に貯金に回して残ったお金で支払いを済ませ、生活費にあてますが「お金足らない!?」という月もあるかもしれません。

そんな時は、

「どうしたらいいのか?」問題解決方法を考えます

例えば、食費が足らないなら目標達成するまでは、

外食を減らす

一番安いスーパーで買い物をする

コンビニには行かない

などあらゆる自分でできることを考えます。

他にも、お金が足らないなら「収入を増やす」「収入を増やすにはそうしたらいいのか?」を考えてみる。ネットやフリマアプリで洋服を売ったり、掛け持ちバイトをするなど自分が今できることを考えます。

このお金に関する問題解決方法を経験すればするほどお金持ちになれるための「ファイナンシャルIQ」が高くなるそうです。

そして、最終的に残ったお金は全て貯金口座へ入れる。臨時収入も全て、もしくは一部をそのまま貯金口座へ!そうすることでより早く目標金額を達成する近道になります。

3.借金はしない

これまで紹介してきた方法を実行するには恐らく今までの借金を失くす必要があります。これまでクレジットカードの支払いで追われていたらなかなか厳しいかもしれません。

当時の店長や他のスタッフと私の違いは、今思うと「借金があるかないか」でした。他のスタッフがボーナスを前借りして洋服を購入したり、クレジットカードの支払いがまだあるのに新しく洋服を購入していました。

その時は「洋服が大好きなんだな~」と思っていたほどで、むしろ「皆ほどファッションに興味ないのかな?」と心配したほどでしたが、この差が大きかったのではないかと思います。

両親や誰に教わったとかではないのですが、何となく「借金」に良いイメージはなかったので借金してまで何かを購入したいとも思った事はありません。

4.不必要な支払いはしない

不必要な支払いとは「支払わなくてもいいお金」

銀行の手数料や、最近では買い物時のショップバッグの手数料、クレジットカードのリボ払い手数料などは支払わなくても済むお金です。

小さい金額でも1年支払い続ければ大きなお金に!この支払わなくてもいい手数料なども私は一切支払わないようにしていました。銀行で引き出すお金は給料が支払われた後に必要な分を一気に1回だけ引き出すを徹底していました。

面白いほどお金が貯まる

「収入から先に貯金する金額を抜いて別の口座に入れ、残ったお金で生活する」を繰り返し、この方法を死守するだけで目標額にもよりますが、思っていたよりずっと早く目標は達成します。

簡単に目標額を超えることも!面白いほどお金が貯まります。

これらのシステムを自分で実行したきっかけは「海外旅行へ行く!」という目標よりも以前に目標なしで自然と身についていました。

アパレルに転職する前は美容関係の仕事をしていたのですが、当時の月給は今振り返っても寒気が出るほどの安月給でした。

田舎を出て少し都会で働いていたため安月給の給料の半分が家賃で消え、残ったお金で生活するという修行時代がこのシステムを勝手に作り出し勝手に身についていたのです。

ただ単にお金が無さ過ぎたんです(笑)

コンビニでランチは買えない、手数料なんて払えない、そんな経験があったからこそだったのかもしれません。当時は貧乏過ぎて苦しみましたが…

このシステムは、海外旅行へ行くためだけに使えるのではなくあらゆる「お金に関する勉強」で説明されています。大事なのは「収入をまず先に自分に支払う」こと

始めは難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、収入の3%~10%でも良いので少しずつでもいいので小さいことから始める!

少額で慣れてきたら20%、30%と徐々に増やしていく。あくまでも決して無理のないように!

▼お金に関する勉強に興味のある方はこちらの本がおすすめ☟

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 [ ロバート・キヨサキ ]

まとめ

海外旅行だけではなく何をするにも「目標設定」そして「計画」「実行」と、この3つを明確にすれば目標達成の近道になります。しかし、何事も「結果」をあせらないこと!少しずつ無理をせずに諦めずに目標を目指せば必ず達成できます。そして「収入はまずは先に自分に支払う」ことと「支払わなくいいものは支払わない」を徹底すれば目標額に達成する日はすぐそこ!です。

海外旅行一人旅は「準備が旅を制す!」旅行準備ガイドその①航空券・ホテルの確保編

海外旅行の持ち物で正直いらないもの

◆ 海外移住の夢をあきらめず思い切って仕事を辞めて海外へ

◆ 海外移住・海外生活したいのにどうしたらいいか分からない疑問を解消!海外移住、生活までの流れを簡単に説明

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする