バンクーバー旅行で絶対に外せないおすすめ観光スポット12選:カナダ

海外旅行で意外に楽しめるおすすめの旅行先、カナダ バンクーバーの楽しみ方をまとめてみました。

スポンサーリンク

カナダ バンクーバー旅行の楽しみ方

カナダ西海岸にあるバンクーバーは、年間を通して他の都市に比べて気温の温暖さが少なくカナダ国内では過ごし易い都市です。

バンクーバーは、レインクーバーと呼ばれるほど雨が多いですが日本のように1日中降り続くことはありません。湿気がなく夏はたいへん過ごし易く、冬は雪が積もることはほとんどありません。

ダウンタウンの周りには、山と海があり山の上から見るバンクーバーの景色は最高です。

海外旅行カナダ バンクーバー基本情報!

自然を楽しむ

バンクーバーには、自然を楽しむハイキングやトレッキングコースがあります。初心者の方にも簡単なコースや、ハイキング大好きアクティブ派の方にもしっかりコースなど充実しています。

ダウンタウンからバス1本で行くことが出来る場所もあり、交通アクセスも簡単です。また、フリーシャトルバスもありたいへん便利です。

また、海側ではホエールウォッチングやクルーズ客船、カヌーを楽しんだりも出来ます。

そして、バンクーバーで人気のレンタル自転車に乗って観光スポットである「スタンリーパーク」や「イングリッシュベイ」を1周したり、アクティビティーも充実しています。

ショッピングを楽しむ

バンクーバーは自然だけではありません!ショッピングも充実しています。カナダ発の人気のブランド「Aritzia」「lululemon」「arc’teryx」「Roots」や、日本でも人気のアメリカ発ブランド「Victoria’s Secret」など、他にも素敵なお店がたくさんあります。

また、バンクーバーで大人気のスポット「グランビル・アイランド」では、カナダ名産やお土産品、バンクーバーのアーティストの作品などが勢ぞろいです。

多国籍を楽しむ

インド・カラーフェスティバル

カナダは、世界中からの移民者が多い国です。バンクーバーにも様々な国からの移民者が住んでいて、各国のレストランでグルメを楽しむことが出来ます。

カンボジア料理

また、夏には様々な国のイベントが開催されます。

イタリー・フェスティバル

バンクーバーの生活スタイルに溶け込む

バンクーバーの生活スタイルに溶け込んでみるのも、バンクーバー旅行の楽しみの内の一つです。自転車をレンタルしてダウンタウンを楽しんだり、おしゃれなカフェでゆったりとした時間を過ごしたりショッピングを楽しむのもおすすめの観光スタイルです。

スポンサーリンク

カナダ バンクーバー旅行で行っておきたいおすすめ観光スポット

1.Deep Corve(ディープコーブ)

バンクーバーのノースバンクーバーに位置し、ダウンタウンからはバスで約1時間です。ディープ・コーブには、所要時間約45分ほどのハイキングコースあり、急な斜面がほとんどないのでハイキングが苦手な方や初心者でも楽しく登れます。

カナダでは犬と一緒にハイキングをされる方が多く、ハイキング途中に沢山の可愛い犬を追い越したり、追い越されたりして本当に楽しいです!

登り切った場所からは、ディープコーブの絶景が見られます!ハイキングコース意外にも広々とした芝生が広がり、バーベキューや日光浴で楽しめます。湖がありカヤックやスタンドアップパドルボードなどが楽しめるなどアクティビティが充実しています。

こちらディープコ―ブでおすすめなのが、カフェ「Honey Doughnuts & Goodies」です。ドーナツで大変有名なカフェで、アメリカの有名女優さんもこのドーナツを買いに来られるほどです。

ドーナツには、オリジナルやハニー味、特におすすめはハニーシナモンです。他にもサンドイッチやコーヒーも大変美味しいのでおすすめです!

交通アクセス ダウンタウンのバラード駅横のバス停からバス#211で終点のディープコーブまで直行。#210でも行けますが、途中で乗り換えが必要です。

2.グランビル・アイランド

グランビルアイランドは、新鮮な野菜やお肉、様々な種類のチーズやパスタ、ハムなどを販売しているパブリックマーケットがあります。

他にも様々な美味しい料理が楽しめるフードコートもあります。コート内で購入し、マーケットから出た外側のハーバー沿いにある広場で景色を見ながら食べる事も出来ます。

バンクーバー 観光のおすすめスポット、大人気グランビル・アイランド

バンクーバー観光モデルコース 大人気スポットを満喫!

他にもカナダ名産100%ピュアのメイプルシロップや、メイプルバターなどのお土産品も充実しています。

マーケット内にある「Lee’s Doughnuts」はアメリカンスタイルのドーナツを販売していて、こちらのリンゴドーナツがとっても美味しいのでおすすめです!他にもマンゴーやブルベリー味もあります。

マーケットの外には、アート作品や雑貨店、手芸店などが立ち並びます。ビールの試飲が出来るビールツアーもあるので、色々楽しめます。

交通アクセス グランビル通りからバス#050で約15分

3.キャピラノ・サスペンション・ブリッジパーク

ノースバンクーバーにある「キャピラノ・サスペンション・ブリッジパーク」には、長さ140mの渡ると揺れる吊り橋があります。カナダの人々にも人気の観光スポットです。

パーク内には吊り橋の向こう側に、アスレチック・スハイキングコースもあり自然を楽しみながら歩くことが出来ます。

他にも、断崖絶壁にある高さ91mのクリフウォークは下が丸見えで歩くことが出来、絶叫マシーンのようなスリルが味わえます。吊り橋とこのクリフウォークは、高所恐怖症の方にはおすすめしません。

交通アクセス カナダプレイスから無料シャトルバスがあります。ハイアットホテル・ロブソン通り・ウェスティンホテルからも乗車出来ます。

料金 大人:$46.95、学生:$34.95

13歳~16歳:$27.95、6歳~12歳:$14.95、5歳以下:無料

4.イングリッシュベイ

イングリッシュベイは、バンクーバーで大人気のスポットです。朝からジョギングや散歩、自転車を楽しむ人々や、そしてビーチバレーボールや日光浴を楽しんでいます。

毎年夏には、3か国で競い合う花火フェスティバルが開催されます。

バンクーバー観光モデルコース!おすすめアクティブダウンタウンコース

交通アクセス ダウンタウンから歩いて約30分

バラード通りからバス#005で約20分

5.スタンレーパーク

バンクーバー観光スポットで外せないのが「スタンレーパーク」。北米の中でも大きい都市公園です。公園の周りには整備された遊歩道とバイクレーンがあるので、海沿いをバンクーバーの景色を見ながら歩いたり、自転車で走ることが出来ます。

自転車では約1時間から2時間でスタンレーパークを一周出来ます。走っている途中には、ノースバンクーバーやライオンズゲートブリッジの絶景を眺める事が出来るポイントがいくつかあります。

自転車レンタル 半日:$20~、1日:$30~

他にもパーク内には、先住民アートワークのトーテムポールや、バンクーバー水族館などがあります。スタンレーパークからは、大人気スポット「イングリッシュベイ」がパークと綱っがっています。

バンクーバー水族館 

営業時間 9:30~18:00

料金   大人:$38、学生:$30、13歳~18歳:$30

4歳~12歳:$21、3歳以下:無料

交通アクセス ダウンタウンから歩いて約25分

ジョージア通りからバス#240、246、250で約10分

6.ガスタウン

バンクーバーの発祥の地「ガスタウン」は、レンガ作りの町並みがとっても素敵なエリアです。こちらには、バンクーバーのランドマークでもある15分おきに城浮きを吐く、蒸気時計があります。

観光客が写真収めようと、いつも人だかりが出来ています。ガスタウンは古い建物を使用したレストランやカフェ、ショップなどが立ち並ぶオシャレカナディアンが集まる、とってもオシャレなエリアです。

ランドマークがあるおしゃれなエリア ガスタウン

交通アクセス ウォーターフロント駅から歩いてすぐ

スポンサーリンク

7.ロブソン・ストリート

バンクーバーのメインストリートで、ショッピングを楽しむ人達でいつも賑わっています!ロブソン通りにあるロブソンスクエア―では、様々なイベントが行われ冬は小さいですが屋根がある屋外アイススケート場になります。

カナダ産のヨガウェアブランド「lulu lemon」や、日本でもコアなファッション好きに大人気のアウトドアブランド「Arcteryx」、お土産に人気のカジュアルブランド「Roots」、カナダ女子に大人気「Aritzia」などが立ち並びます。

他にもアロマのお店やクレープカフェやレストランなど、とっても楽しめる通りです。

ショッピングを楽しみながらロブソン通りを歩いて行くと「イングリッシュベイ」や「スタンレーパーク」に繋がっています。

バンクーバー活気あるメインエリア、ダウンタウン

8.グラウスマウンテン

ノースバンクーバーにある、バンクーバー市内からも見る事が出来る「グラウスマウンテン」は、バンクーバーで最も過酷なトレイルコース「グラウス・グラインド」があるところです。

1度経験すると2度と登りたいと思わないほどです。斜面が急で、登山と言うよりは階段を上り続けるような感じです。しかし、このグラウス・グラインドはカナダの人々に大人気で、毎日上る人もいるほどです。

頂上までの所要時間は約1時間半から2時間で、速い人で30分を切る人もいます。安心してください頂上に行くには、登らなくてもゴンドラがあります。

グラウスマウンテンの頂上は、バンクーバーが見渡せる絶景観光スポットです。頂上では、様々なイベントが開催されていて、クマを見ることも出来ます。

交通アクセス カナダプレイスから無料シャトルバスが運行

9.カナダプレイス

バンクーバーのランドマークである「カナダプレイス」には、コンベンションセンターやパシフィックホテルがあります。

クルーズ客船のターミナルでもあり、大きな客船を見ることがせきます。こちらから、アラスカクルーズツアーが大人気です!海外からの貿易の主要ターミナルでもあります。

ノースバンクーバーのきれいな景色を楽しみながら、海沿いをスタンレーパークまで歩くことが出来ます。途中で疲れてもカフェやレストランが充実しています。

2010年のバンクーバーオリンピックの聖火台があります。

カナダプレイスにある「フェアモント・パシフィック・リム」にあるジェラートのお店「Bella Gelataria & Gelato」はバンクーバーで大人気のお店です。

10.スティーブストン

バンクーバーから電車カナダラインとバスで約1時間、隣のリッチモンド市にある、「スティーブストン」です。海沿いにある漁村で、昔は鮭の缶詰業が盛んだった場所です。

3世代前の日本人がこちらに移民され、今でも日系カナダ人のコミュニティーがあります。海沿いに続くデッキの上を歩いて散歩がで出来たり、シーフードマーケットで新鮮な魚が販売されています。

ウニが販売されている時もあります。他にも、様々なレストランや素敵なお店が立ち並びます。

バンクーバー観光で見逃せない穴場スポット、スティーブストン

 交通アクセス ダウンタウンから電車カナダラインで「リッチモンド・ブリッグハウス」下車。バス#401,407,410

11.TWASSEN MILLS(トワッセン ミルズ)

ダウンタウンからバスで約1時間45分のところ、デルタのトワッセンにある大型アウトレット・ショッピングモールです。

カナダで人気のブランド「ルルレモン」のアウトレットが入っていて、普段は高めなルルの商品がお特に手に入ります!

バンクーバーでアウトレット・ショッピングモールを満喫!TSAWWASSEN MILLS

交通アクセス カナダプレイスから無料シャトルが1日2本運行

12.ウィスラー

ウィスラーは、バンクーバー市内から車で約2時間の所にあります。2010年のバンクーバーオリンピックで使用されたエリアで、冬は有名なスノーボーダーが集まる世界でも有名なスキー場です。

夏は沢山のアクティビティが充実しているので、アウトドアが大好きな方におすすめのエリアです。オリンピックビレッジにはレストランやお店が立ち並び、観光客で賑わっています。

交通アクセス バラード駅、バンクーバー国際空港からバス「Pacificcoach」で約2時間

まとめ

移民者が多いカナダでは、多国籍に楽しむ事が出来ます。バンクーバーは、気候がとても良く海外旅行のおすすめの都市です。また、世界中の人々にも人気が高い住みやすい都市でもあります。ぜひ、海外旅行リストにカナダ バンクーバーを入れてみてはいかがでしょうか!

合わせて読みたい

■ 海外旅行カナダへ格安個人旅行!おすすめ個人手配のやり方、行くまでの流れ

■ カナダ旅行に必要な持ち物リスト

■ 海外旅行カナダ バンクーバー国際空港への入国とアクセス方法

■ 海外旅行一人旅のおすすめ!女性でも安心して行けるカナダ・バンクーバーの旅

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする