インド旅行2週間!インドの奥地シッキム州ガントク、第2の都市コルカタの旅

海外旅行でインドが気になっているあなた!

「インドってどんなところなんだろう?」

「インドが気になるけど行っても大丈夫かな?」

などと思いながら「インドに行ってみたい!」と考えている方も多いのでは?

インドと言えば、頭にターバン、インドカレーなど私達が思い描くインドってありませんか?

または、人生で一度は行っておきたい場所でもありますよね。

そんな方へ、もしくはインドに全く興味のない方にもおすすめのインド旅行をご紹介します。

スポンサーリンク

インド旅行

実はインド旅行は2回目。前回は、インドの奥地シッキム州ガントクと首都ニューデリーに滞在し、インドではない?!シッキム州を知り驚き、世界遺産「タージマハル」も見ることが出来ました。

前回の旅はこちら

インドの奥地シッキム州ガントク観光の見どころ!シッキムはどんなところ?

今回は、再びシッキム州ガントクとインド第2の都市コルカタを訪れました。

インドはとても面白い国です。と言うのも、1つの国の中に沢山の国が存在しているからです。

国の中に国?

って意味が分かりませんよね。(笑)

同じインドなのに場所により生活スタイルや話す言葉、食べ物、宗教が異なるからです。

だから、インドの第一言語は英語です。

前回、シッキム、ニューデリーと訪れ、今回コルカタを訪れて気付きました。

「何なんだこの国は?!」と。

訪れた全ての場所がインドなのか?と思わされるくらい違います。とても興味深い。

前回は人生で初めてインドを訪れたので、インドの衝撃!?を感じました。旅行中や自宅に帰宅してから、正直「インド旅行はもういいかな…」と思っていました。

また、縁があって今回再びインドを訪れる事になりましたが、2回目のインド旅行を終えてみてよりインドに興味を持つようになりました。

「インドの他の場所にも行ってみたい!!」と。

自分でも驚きです。1回目の旅行後に感じた気持ちと違いました。「他の場所はどんなに違うのだろう?」興味が沸いてきます。

だから、

インドは1度だけではなく2度訪れてみて欲しいと思います。(笑)

1度だけではインドの良さが伝わりません。恐らく「汚かった…」「辛かった…」だけで終わってしまう方も少なくはないかもしれません。無理強いはしませんが素敵な国です!

インドの奥地シッキム州ガントク

前回も訪れたガントクへは、長ーい道のりです。

日本からまずは、デリーやコルカタなどメイン都市へ行きそこからインド シリグリにある「バッグドグラ空港(Bagdogra)」に到着。

バッグドグラ空港から車で約4時間です。

シッキム州にはまだ空港がないので、最寄りの空港が車で約4時間離れたシリグリのバッグドグラ空港を利用するしかありません。

実は、2018年10月に「パキョン空港」がシッキムに開港される予定でしたが、大幅に遅れています。未だ開港の目途が立っていません。

車で4時間はキツイと言う方には、バッグドグラ空港からヘリコプターが出ています。ヘリコプターではたったの約30分でシリグリまで行くことが出来ます。

今回ヘリコプターを利用する予定でしたが、予約がいっぱいで取ることが出来ませんでした…

目的地であるシッキム州ガントクは、富士山の五合目ほどの高さの丘に建つ小さな町です。シリグリからシッキム州までは、ガタガタの山道を進みます。更に渋滞。乗り物酔いする方はにはおすすめではありません。

インド西ベンガル州のシリグリ(Siliguri)で2泊2日を満喫!見るもの全てに驚き!

シッキム州を訪れるには、インドビザとは別に「入域許可証(INNER LINE PERMIT)」(無料)が必要です。

シッキム州は昔、インド領土ではなく1つの独立した国でした。1975年にインドになったばかりの地域です。

インド人以外の海外観光者は、この入域許可証がなければシッキムに入ることが出来ません。また、この入域許可証でシッキムに入り一度出てしまうとその日から90日間は再入域が出来ません。

【入域許可証に必要なもの】

  • パスポート
  • パスポートサイズの写真2枚
  • インドのビザ

申請する事務所「Foreigners Reporting Office」は、アーケード入ってすぐ左を曲がった所にあります。

シッキムはインドですがインドではありません!食べ物も環境も話す言葉も!!

インドと言うよりは、ネパールに近いです。ネパール料理やシッキム料理が主流でネパール語を話されます。

オーガニック推奨しているシッキムでは、プラスティックバックの使用が随分前に禁止されていて紙のショッピングバックか布地です。

シッキム北部では、ペットボトルの持ち込みが禁止されている地域もあります。その地域へは更に別の入域許可証が必要で、またその奥へはインド人以外の外国人は入域できません。

そんなシッキム州、とても興味深い所ですよね?

前回と同様に訪れたシッキム州のガントクは、標高が富士山の五合目くらいの丘にある絶対に迷う事がない小さい町です。

道に迷ったらガントクの中心にある「MGマーグに行けばいい!」と地元では言われています。

MGマーグ(Mahatma Gandhi Marg)は、ショッピングやレストランなどが並ぶ地元の人々に人気の通りです。

インドで有名なインド独立の父であるマハトマガンジー像が目印となっています。

シッキム州ガントクの旅!~オーガニック先進国の魅力~

▼ガントクの中心地「Mahatma Gandhi Marg」

スポンサーリンク

シッキム旅行

シッキム州は、東シッキム、西シッキム、南シッキム、北シッキムに分かれてそれぞれの魅力があります。

ガントクは東シッキムに分類され、北シッキムがシッキムの中でも一番美しい地域で標高が更に高くなり富士山以上の高さを誇っています。

シッキム旅行は、山から山へ車での旅です。「一体いつの時代?!」と思わされるほど舗装されていないデコボコ道をひたすら走ります。

残念ですが、車酔いする方には絶対におすすめ出来ません!!乗り物酔いしない人にも厳しい道のりです。(笑)

南シッキム

南シッキムにの頂上にあるシッキム地産の茶葉「Temi Tea」の工場へ行きました。

インドの茶葉と言えば、ダージリンティーやアッサムティーをご存知の方が多いですよね?

シッキムの地元の方は、ダージリンやアッサムの茶葉とは比べ物にならないほどクオリティが良い!!と絶賛されています。

では、なぜ私達は知らないのでしょうか??

と疑問に思いますよね?

工場で聞きました。ダージリンやアッサムは個人が所有していますが、Temi Teaはシッキム州が管理しています。

インド全土に出荷されたTemi Teaは、それぞれの独自のブランド名に変更され販売されるそうです。だから、Temi Teaの名はあまり知られていないそうです。なんだか悲しいような…

今まで飲んだことがある茶葉ももしかするとTemi Teaだったかもしれませんね。

茶葉の季節は、4月~11月。12月~3月までは、茶葉農園をきれいに管理する時期だそうです。工場見学は、ギリギリ最後の収穫時期に間に合いました!

工場では、茶葉が出来上がるまでの工程を丁寧に説明していただきました。

工程作業のほとんどが手作業!機会もありましたが、「手作業の方がよりクオリティの高い作業が出来る!」と言うこだわり!!

▼パッキングも全て手作業!

シッキムティーの作り方インド旅行シッキム ガントクで飲んだミルクティに感動!シッキム茶の作り方

北シッキム

シッキム州で一番人気、一番美しいとされている北シッキムへ。

前回の旅では、東シッキムの標高が富士山と同じくらい「ツォンゴ湖」へ行った際に高山病になりました。

シッキムでは、高山病予防にポップコーンやチョコレート食べるそうです。前回は、「そんなわけないやん!」と思い食べなかったので高山病になったと言われました。

今回は食べてみました。さあ、どうなるでしょう!

ガントクから北シッキムまでは、もちろんデコボコ道を車で走ること約2時間。ユムタンへ。

北シッキムの一部の観光スポットへの入域も入域許可証が必要です。この辺りは、中国の国境が近いためインド軍が在中しているので入域許可証が必須です。

更に山を登って行くと、インド人以外の外国人は入域が禁止されていて、ペットボトルの持ち込みが禁止されています。

さて、ポップコーンを食べた私はどうなったのでしょうか??

富士山と同じくらいの標高で前回と同様、高山病になりました…

やっぱりポップコーン効いてない…

「ポップコーンを食べろ!食べろ!」と散々言われ、半ば嫌々ながら食べたのに…

景色が綺麗すぎて興奮してしまった結果、高山病に。標高が高くなると興奮したり、走ったりするだけで使用する酸素がなくなるそうです。

標高が高い場所では、

興奮禁止!

走るの禁止!

冗談ではありません!!

富士山の8合目で高山病になり頂上まで行けなかった私は、富士山より高い場所へ行けるわけがないです!

私は、途中で下車し同乗していた人達は更に上へ行きました。下車した私は、約2時間彼らの帰りを待つことになりました。

「走らない、興奮しない」を頭で言い聞かせながら…

下車した場所も景色が素晴らしく、体調が悪い状態でも楽しむ?事が出来ました!(笑)

シッキム観光

インドのイメージを屈返すシッキム観光!誰をも魅了する美しい景色はもはやインドではない!?

ダージリン旅行

ガントクからダージリンへ。

山を車で登ること約3時間半、空気は薄いです。想像していたダージリンとは、全く異なり道はガントクより狭く、なんと山の上にレールが!?

ダージリンには世界で一番高い駅があります!電車が走っているんです!!

ご存知の方もいるかもしれませんが、私は知りませんでした。

電車が走ると狭い道は大渋滞。道が狭いのに車が来ても道を歩いている人は避けることなく歩き続ける。自由。

インドの交通状況、運転状況をご存知ですか?

インドには車線がない

と言ってもいいかもしれません。

道路が一車線であれば、車は二車線三車線になって追い越し追い越しで走っています。

道路が二車線であれば車は三車線で走り、道路が三車線であれば車は四車線五車線となり走っています。クラクションを鳴らすのはあたりまえ。追い越すのもあたりまえ。

それで交通事故がほとんどないのが驚き!!

世界でインド人が一番車の運転が上手だと思います。(笑)

初めは「当たる!?!?」と怖かったのですが、段々彼らの運転が面白くなってきます。遊園地のアトラクションのような、任天堂のマリオカートのような!!スリル満点!!

そんな交通事情の中、ダージリンでは電車が参戦していますからね。何なのでしょうか。色んな世界がありますね。

さて、ダージリンと言えばやはりダージリンティーが有名ですよね。

ダージリン茶葉の農園がやっているカフェに立ち寄りました。カフェスペースと茶葉販売スペースがあり、建物は茶葉農園の景色が一面に広がるブリティッシュ調の素敵なカフェでした!

ダージリン観光

ダージリン観光の過ごし方~世界最地点ダージリン鉄道とダージリンティー~

コルカタ旅行

約2週間のインド旅行、最終の3日間はコルカタで過ごしました。

コルカタでの移動は、送迎アプリUberを主に利用しました。インドのタクシーは外国人には倍以上の値段をふっかけてきます。

それと比べUberは既に料金が表示されているので安心です。ですが、インド国外の携帯ではUberの料金が少し高めになっているそうです。それでもタクシーを利用するよりは割安で安心です。

Uberの運転手の中には、おすすめの観光スポットや走行中に見える建物名前やエリアの名称なども教えてくれる親切な方もいます。

また、コルカタにはメトロがあり格安なので訪れる場所によって使い分けることが出来ます。

コルカタの観光名称「カーリー寺院」へは、途中までメトロで行きUberも利用して行く方がコルカタの中心部からUberで直接行くより安く行けました。

▼ヒンドゥー教「カーリー寺院」参拝は携帯持ち込み禁止!土足厳禁!です。

▼「ヴィクトリア記念堂」の中は博物館になっていて入館できます。

▼キリスト教「セントポール大聖堂」

▼「ハウラー橋」フェリーに乗って川からの眺めも最高です!

▼ハウラー橋を歩く

▼「フラワーマーケット」ヒンドゥー教でお供えされるマリーゴールド

▼ショッピングマーケット「ニューマーケット」

▼ショッピングモール「クエストモール」

▼「サダルストリート」

▼「マザーハウス」

インド コルカタの旅

コルカタ観光の過ごし方~旧インド首都コルカタ3日間の旅

まとめ

人生で一度は訪れたい未知の国インド。人により合う合わないがあると思いますが、とても興味深い見るもの全てが面白い国インド。人の事を気にしない自由な国と思いきや、家族や友人を大切にする愛に溢れた人々達が住む素敵な国でもあります。異なる宗教が混在するのに対立することなく、全ての神は同じと言う考えで共存している素晴らしさ。インド旅行、おすすめです!!

▼合わせて読みたい関連記事

インド旅行の準備!海外旅行未知の世界インドに行く前にやっておくこと!

インド旅行に必要な持ち物・必需品リスト あると便利なものまで旅行準備の参考に!!

インド旅行のおすすめお土産はアーユルヴェーダコスメで間違いなし!低価格なのに効果抜群!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする