台湾旅行に必要な持ち物リスト

台湾旅行が決まったら、まずは旅行の持ち物準備です。何を持って行ったらいいの?と頭を抱えていませんか?

台湾は日本から近く、気軽に行ける海外旅行先です。荷物は国内旅行感覚で、少な目でも大丈夫です。今回は、台湾旅行に必要な持ち物を紹介します。

スポンサーリンク

台湾旅行に必須な持ち物

パスポートと往復航空券

海外旅行でどこに行くにも必要なのは、有効なパスポートと往復航空券です。これだけは絶対に忘れることが出来ません。旅行に行く前は、パスポートの有効期限を必ずチェックしておきましょう。

初めての海外旅行!必ず必要なパスポートの取り方

ビザ

海外旅行には、必ずビザが必要です。しかし、台湾への旅行は日本のパスポート保持者であればビザが免除され、ビザ無しで行くことが出来ます。

海外旅行でビザが必要な国。一人旅必見!ビザの申請方法いろいろ

海外旅行保険

必須ではありませんが、万が一の時の為に海外旅行保険の加入をおすすめします。

自分で欲しい項目だけを選べる海外旅行保険が、オンラインで加入できます。日本の空港内に保険会社のデスクがあるので、出発直前に加入する事も出来ます。

海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードもあり、おすすめです。

海外旅行保険に入らない人がいるとは知りませんでした

日本円・ニュータイワンドル(元)

旅行当日に、ニュータイワンドルへの両替を忘れずにしましょう。日本の空港内で両替が出来ます。

旅行で残った硬貨は、日本円に戻すことが出来ません。極力残らないように使ってしまいましょう。

1元=約3.52円(2019年1月現在)

【硬貨】

  • 1元
  • 5元
  • 10元
  • 20元
  • 50元
【紙幣】

  • 100元
  • 200元
  • 500元
  • 1000元
  • 2000元

クレジットカード

クレジットカードがあれば、現金の両替が少なくて済みます。また、海外ではアメリカンエクスプレスやJCBの取り扱いがないお店もあるので、VISAMasterカードは世界中どこでも使えます。1枚持っていると便利です。

年会費無料【エポスカード】は、海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードです。



スマートフォン

観光で迷っても、スマートフォンでマップが見れるようにしましょう。マップではどの電車やバスに乗ればいいかの案内も出るので、海外旅行ではとっても便利です。

日本から飛行機の機内に乗ったら、携帯を機内モードに切り替えます。台湾滞在中も、機内モードのままにしておいてください。

機内モードにしていないと、日本から送信される画像などの受信料が高額になる恐れがありますので、現地では必ず機内モードにしておき、Wifi 以外は使用しないことです。

日本に到着して飛行機から降りたら、機内モードをオフにして大丈夫です。機内モードの使用は、海外旅行どの国でも同様です。あと、携帯の充電器も忘れないように!

海外旅行で便利!海外で使えるフリーWi-Fi の接続方法

台湾旅行に必要な持ち物リスト(衣類編)

下着
日数分ですが、荷物を徹底的に減らしたい方は何枚かにして、直ぐに乾くので毎日洗濯してもいいと思います。

日数分の洋服
台湾旅行は、日本から近場で気軽に行けるので国内旅行の感覚の普段着でOKです。着たい洋服を持っていきましょう。台湾は、日本に似た気候です。

余分に羽織れる物
台湾は、昼と夜の温度差が激しいので急に寒くなっても大丈夫なように、念のため余分に羽織れるものを持って行っておきましょう。

スニーカー
たくさん歩いても疲れにくく、歩きやすい靴がおすすめです。
夏におすすめなのが、アウトドアサンダルです。底が普通のサンダルに比べ厚く、ゴムで出来ているのでたくさん歩いても疲れにくいです。
靴下を履いても履けるので、とっても便利な1足です!

Tシャツ
何枚かTシャツを余分に持っていっておくと、何かあった時にとっても便利です。意外と気候が寒くて重ね着出来たり、パジャマに使用したりなど結構使えます。帰りに割れ物を包んだりするのにも大変便利で使えます。

帽子
夏に行かれる場合は、日よけにお好みでお持ち下さい。冬の台湾も寒いので、ニット帽があると防寒になります。

靴下
冷え性の方は、靴下は必須アイテムです。

スポンサーリンク

台湾旅行に必要な持ち物リスト(グッズ編)

ペン

機内で入国カードを記入する際にペンがあると便利です。

サングラス
夏の旅行には、日よけにサングラスがあると便利です。

日焼け止め
日焼け対策に必要です。

カメラ
最近では、スマートフォンにもカメラ機能が付いているのでもっと良い写真を撮りたいという方はお持ちください。

コンセントプラグ、変圧器
台湾のコンセントプラグは、日本と同じAタイプです。電圧は日本が100Vに対し台湾では、110Vです。ヘアアイロンやドライヤーを持参される方は変圧器も必要です。

ガイドブック
旅をスムーズにするには、ガイドブックがあると大変便利です。最近はスマートフォンにも情報などを入力できるので便利です。

旅行で役立つガイドブックの見方から使い方

お土産リスト
こちらも、旅をスムーズにする為にお土産リスを事前に作成しておくと買い物が楽です。お土産を買う時間がない時は、リストがあると大変便利です。

日用品
シャンプー、リンスや洗顔料や歯磨き類などです。準備が面倒な方や、荷物を減らしたい方は現地でも購入出来ます。ほとんどのホテルには完備されています。

薬類

普段飲んでいる薬や、必ず必要な薬だけ持っていきましょう。

スポンサーリンク

台湾旅行に必要な持ち物(女性編)

コスメティック

普段から使用している、化粧水やメイク用品。

ヘアアイロン/ヘアドライヤー

ほとんどのホテルには、ヘアドライヤーが完備されていますが、必要であれば持参しましょう。

レギンス

旅行先の室内では意外に冷える事もあるので、冷え性の方には1枚あるだけで非常に便利なアイテムです。スカートの中に履いたり寒さ対策になります。ホテルで夜に寒くて眠れない時や、飛行機の中で寒い時にも使えます。

海外旅行の服装(女性編)!場所別・スタイル別ファッションで選べば間違いなし!

ホッカイロ

こちらも、冷え性の方や突然生理が来てしまったときなどに便利です。また、生理用品も準備しておきましょう。現地でも購入出来ます。

女性必見!海外旅行に持っていく持ち物、便利グッズおすすめ

台湾旅行で持っていると便利なアイテム

折りたたみ傘

台湾では天気予報では晴れでも急に雨が降ることもあるので、荷物に余裕があれば折りたたみ傘があると便利です。

昔懐かしシューズ袋

小学校で使っていたシューズ袋タイプのバッグが、海外旅行で大変便利で使えます。軽量で小さく折りたためるので、持ち運びにも便利です。

ウォーターボトル
ボトルにホテルで水を入れてもらい、観光に持ち歩くと水分をいつでも補給できて便利です。

ジップロック
ジップロックは、海外旅行でも大変活躍するアイテムです。観光途中で濡れたものを入れたり、余ったお菓子などを入れたり、色々活用でき大変便利です。

まとめ

台湾旅行は、国内旅行の荷物とそんなに変わりはありません。万が一忘れ物をしても現地で格安で購入出来ます。同じアジアなので、日本での普段の格好で十分旅行を楽しめます!しっかり準備をして、楽しい旅になりますように!!

▼こちらもチェック

機内持ち込みバッグの中身!荷物を少なくして旅行準備をシンプルに!

海外旅行でも安心、目指せ旅行上手!1~11までの準備まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする